GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-him-croco-a

【DQMSL】ヒムとクロコダインのAランク運用はどのように使えるのか!

ライター

黒豆パン

ダイの大冒険コラボで手に入るヒムとクロコダインは、Aランク運用することができます!どのように使えるのかをまとめます!

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆「レジェンドDQ3・夜」を攻略!

Aランク運用

ダイコラボの討伐モンスターといえば、なんといってもクロコダインですね!

くじけぬ心とザオリクの組み合わせがものすごく強力なので、マスターズGPでは人気モンスターランキングの常連となっています。

ヒムはクロコダインの影に隠れてしまって印象が薄いですが、討伐モンスターの中では素早さが非常に高く、グランドクルスの無属性ダメージが使いやすいです。

この2体はAランクの状態でも魔界のたまごの特技を付けられるため、ウェイト調整要員としても優秀です。

どんな使い方ができるのか考察します!

◆クエスト用

レジェンドクエストのようにクエストにウェイト制限が設けられている時に使えます。

ダイコラボのクエストではAランク以下のモンスターを使ってクリア、というミッションが登場したので、今後はクエストでもAランクモンスターの需要が高まることが予想されます。

特に重要なのは、いてつく眼光やまがまがしい光を覚えられることです。

この2つはAランクで使えるモンスターがほとんどいないので、ヒムやクロコダインに覚えさせておくと低ウェイトパーティの補助要員として使い勝手がいいです。

ただ、今すぐ必要になるものではないし、無星でも役割は果たせるくらいなので、急いで育成しなくても大丈夫でしょう。

地図とたまごだけ確保しておいて、必要になった時に育てれば問題ないです。

◆闘技場用

ヒムとクロコダインはAランクでダメージバリアを覚えられる点が優秀です。

超マスターエッグを使う場合を除き、Aランクでダメージバリアを使えるのはげんじかぶとしかいません。

これにより低ウェイトダメバリ要員のげんじかぶとは役目を終えたといってしまってもいいほどです。

ダメージバリアは2ターン継続するので、2ターン目に使う特技として、ザオラル、ピオリムあたりを覚えさせておくと良さそうです。

無理やり賢さを上げてベホマラーを覚えさせても意外と使えるかもしれません。

ヒムもクロコダインもAランクでは耐久力は決して高いとはいえませんが、特に脅威となるモンスターではないので後回しにされやすいです。

放っておくとジワジワと補助で固めてくる地味に厄介な立ち回りができそうです。

固有特技では、ヒムははげしく殴りつけるでマインドが狙えて、クロコダインは獣王会心撃で固定ダメージを与えられるのが強みです。

◆ステータス

ヒム
☆4
クロコダイン
☆4
げんじかぶと
☆4
HP 408(+59) 557(+82) 579(+84)
MP 213(+33) 203(+32) 255(+40)
攻撃 379(+57) 375(+57) 433(+65)
防御 372(+57) 379(+57) 453(+67)
素早 406(+59) 301(+48) 285(+43)
賢さ 196(+32) 193(+32) 187(+32)
合計 1974(+297) 2008(+308) 2192(+331)

Aランクダメージバリア要員の3体を比較してみました。

ヒムはAランクでもライトメタルボディの特性があるので、実質的なHPは544くらいになります。

そうなるとステータスの違いは素早さくらいしかないので、あとは系統と耐性の違いになります。
ヒムは物質系でデイン無効、クロコダインは魔獣系でバギ無効です。

実際そこまで大きな違いはないので好みで選んで良さそうです。

なお、クロコダインはAランクの状態ではくじけぬ心の特性はありません。


げんじかぶとはガチャモンスターというだけあってステータスが高いです。
ダメージバリア要員に不要な素早さが最も低く、HP、MP、攻撃、防御は全て高いです。

ステータス的にはげんじかぶとがリードしていますが、スカラベキングで運用したい場合枚数を集めるのが大変です。

その点ヒムとクロコダインは簡単に集めることができるし、残りの特技をいじりやすいのもメリットです。

まとめ

Aランクのヒムとクロコダインは、作っておかないと困るほどの重要モンスターではありません。

しかしAランクのいてつく眼光や、ダメージバリアを使えるモンスターは珍しいので、パーティの組み方次第では活躍する可能性があります。

急いで作らなくてはいけないようなモンスターではないものの、地図とたまごを予備で残しておけばいつか役立つ時がくるはずです。

クエストでも闘技場でもウェイトという概念がますます重要になってきているので、今後を見据えて準備だけはしておこうと思います!

ランキング