GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-hanuman-kyo

【DQMSL】新生転生「ハヌマーン強」はロケットスタート持ちでマインドブレス!

ライター

黒豆パン

ハヌマーンに強新生転生が追加されました!ロケットスタートの特性が付き、マインドブレスと身も凍るおたけびを覚えることができます!

新生転生 ハヌマーン強

ハヌマーンに新生転生が再び追加されました!

ハヌマーンはこうどうはやいの特性を初めて手に入れたモンスターでした。

その頃は魔獣パーティが強く、ハヌマーンが活躍することも多かったです。

強新生でどのように強くなったのかまとめます!

身も凍るおたけび

身も凍るおたけびは、全体に体技ダメージを与えつつ状態変化を解除する特技です。

説明だけ聞くとすさまじいオーラや虚無のような感じがしますが、実際には全く違う特技です。

体技ダメージがレベル依存ではなく攻撃力依存となっていて、倍率は約0.5倍しか出ません。
ハヌマーンの攻撃力ではほとんどダメージには期待できません。

また、この特技は必中ではなく、ダメージを与えられなかった場合には状態変化解除の効果もありません。

体技よそくで反射されたり、天使の理を使われると状態変化解除が出来ないのが欠点です。


他のいてつくはどう系の特技に比べるといまいち使い勝手は悪いですが、最速で状態変化を剥がせるのは魔獣パーティにとってかなり重要です。

マインドバリアを剥がしてプレシアンナの魅了を決めたり、ダメージバリアを剥がしてイボイノスのダメージを最大限に引き出すことが出来ます。

マインドブレス

マインドブレスは無属性の息ダメージを与え、確率でマインド状態を付与します。

威力はマインドブレス+3で約200ダメージとなっています。

魔獣系はマインドが得意なモンスターが多いですが、特技が体技に片寄っていたためブレスが使えるようになるのが重要です。

ロケットスタートで先手を取れるので、ぎゃくふうを警戒する必要がないのも使いやすいです。

また、こうどうはやいやロケットスタートは完全に素早さで行動順が決まるため、ハヌマーンの素早さであればおいかぜ持ちのディアノーグを警戒する必要もありません。

その他の特技

旧新生特技のサンダーボルトを引き継ぐことはできません。

マインドブレスは無属性で使いやすいですが、特性でおいかぜ持ちのモンスターに反射されてしまいます。

レアタマゴを使ってバギクロスやマヒャドを覚えさせるか、トルネードも覚えられます。

つねにおいかぜ持ちのオーシャンボーン(バギ無効、ヒャド吸収)はハヌマーンの天敵となりそうです。

エルギオスもセットだと全く何もできなくなってしまいます。

マホカンタ、おいかぜ、メダパニダンスなど、補助系の特技もひとつは入れておきたいところです。

特性

・AI2回行動
・ロケットスタート
・いきなりおいかぜ
・素早さ+50

特に重要なのは、こうどうはやいではなくロケットスタートに変わることです。

こうどうはやいは発動がランダムの代わりに、2ターン目以降も発動する可能性があります。
ロケットスタートは100%発動しますが、2ターン目以降は発動しません。

とはいえ素早さ+50されていたり、プレシアンナのビーストスターを考慮すれば2ターン目以降も先手は取りやすいです。

☆4で素早さ544にもなり、ラーハルトに匹敵します。
別格に素早い魔剣士ピサロを除くと最速モンスターとなっています。

最近はヴェルザー、インヘーラー、フレイザードといった強力なブレス系モンスターが増えているので、おいかぜの特性で生存率がかなり上がりそうです。


旧新生は賢さ18%アップという使い道がほとんどなかったリーダー特性でしたが、強新生で魔獣系素早さ18%、HP5%アップというかなり優秀なリーダー特性になります。

魔獣系パーティはヴェーラやレオパルドといった魔獣系素早さ18%リーダーがよく使われているので、今後はHPも上がるハヌマーンリーダーの魔獣パーティも増えそうです。

まとめ

魔獣パーティはいてつくはどう系の特技を使えるのがアウルートくらいしかいませんでした。

ハヌマーンが身も凍るおたけびを使えるようになったことで、柔軟な立ち回りが出来るようになりそうです。

身も凍るおたけびが必中じゃなかったり、高火力の特技を持っていないのがちょっと残念ではありますが、この早さでそれが出来てしまうと完全に壊れです。

今後の魔獣パーティがどうなるのか、ハヌマーンに期待です!

ランキング