GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-glubzonjack-syusei

【DQMSL】「グラブゾンジャック」はキルジョーカー&パイルハンマー!不屈の闘志持ちに!

ライター

黒豆パン

グラブゾンジャックは、神獣上方修正で不屈の闘志が付きます!金剛の構えのロストアタック無効化と倍率強化、さらに特技はキルジョーカーとパイルハンマーに変更されます!

グラブゾンジャック

初期のトランプ神獣4体に、能力の上方修正が行われました!

特技の変更、スキルラインの追加、専用装備のウェイト0といった調整が行われています。

上方修正が入る前まで、グラブゾンジャックは神獣の中で最もハズレといってもいいほど使われていないモンスターでした。

新生した直後はエスターク環境だったのでそこそこ使える性能でしたが、その後に新生したダークドレアムによって使いにくくなってしまったことが理由でしょうか。

そんなグラブゾンジャックは、今回の神獣調整の中では最も伸び幅が大きい強化となっています!

どのように使えるのか考察します。

スキルライン

スキル「ジャック」にスキルのたねを30個振ると、以下のステータスアップと特性の変化があります。

・最大HP+50
・防御力+50
・ジャックハート
・不屈の闘志
・神獣のオーラ

なんといっても強力なのは不屈の闘志ですね!
くじけぬ心の1回は確実に発動するバージョンで、竜王が持っているものと同じです。

なぜ調整後の竜王が強くて人気があるのかというと、やはり不屈の闘志を持っていることが大きいです。


ジャックハートとは、偶数ラウンドに攻撃力・防御力・体技防御がそれぞれ1段階ずつアップする効果です。

金剛の構えで1ターン目にちからため状態になり、2ターン目にジャックハートで攻撃力アップの状態でパイルハンマーを使うことができます。

不屈の闘志があるのでHPや防御力アップ、偶数ラウンドの防御系の能力アップはそこまで必要性がないような気がしますが、くじけぬ解除特技を受けてしまった時には恩恵を感じられそうです。


神獣のオーラは、常にマインドと封じを防ぐ効果です。

調整前の神獣の加護の特性はときどき発動だったのでイマイチ信頼性に欠ける特性でしたが、これで絶対にマインドにも封じにもならないのは安心ですね。

グラブゾンジャックは相手の攻撃を受けてから行動するタイプだし、体技に片寄っているせいで封じに弱い欠点があったため、重要度が高い特性です。

特技

スキルラインとは関係なく、特技が変更されます。

超高速連打はパイルハンマーに変更です。

超高速連打(MP41)
約0.5倍×5回(合計 約2.5倍)

パイルハンマー(MP41)
約0.8倍×6回(合計 約4.8倍)

攻撃力依存でみかわし無視のランダム体技というのは超高速連打と同じですが、倍率が大幅に上がり、攻撃回数も増えています。

総合的な火力は大幅に上がっています。
倍率的にはラッシュブロウに匹敵するほどで、最新の性能に追いつきました。

グラブゾンジャックのメイン特技として使っていける特技でしょう。


聖魔拳はキルジョーカーに変更です。

聖魔拳(MP28)
約1.5倍(???系に約3倍)

キルジョーカー(MP33)
約1.7倍(???系に約3.4倍)

こちらも???系に威力が上がる単体体技という基本的な性能は同じで、消費MPと倍率が上がっています。

パイルハンマーの方が使い勝手は良さそうですが、単体にダメージを集中して確実に狙った魔王を落としたい時はこちらの方が使えるのかもしれません。

みかわし判定ありなので、タップダンスや素早さ差によるミスには注意です。


金剛の構えは特技の性能が変更されます。

今までは2.5倍ちからためだったのが、3倍ちからために強化されます。
つまり超ちからためですね。

さらに、3倍ちからための効果がため解除無効になり、ロストアタックやすさまじいオーラで解除できなくなりました。

90%ダメージ軽減の効果は消されてしまうものの、そこは不屈の闘志でカバーできるので、理想の展開を作りやすくなっています。

パイルハンマー+3は合計6倍、金剛の構えで3倍になると、18倍もの威力になります。

さらに、体技ダメージなので真・厄神の絶技などの体技防御ダウンと組み合わせれば2倍にダメージを上げることができ、最大で36倍という意味不明な超火力になります。

金剛の構えは超ちからためと違ってバトル中1回しか使えない制限はありますが、物理特技で瞬間的にこれほど高い倍率を出せるモンスターは他にいません。

クエストで体技パーティを組むときは必須級のモンスターになるかもしれません。

ステータス


☆0 ☆4
HP 694 801
MP 288 337
攻撃 481 563
防御 536 618
素早 370 429
賢さ 344 402

新生転生、スキルラインのステータスアップ込み、レベル80時のステータスです。

性能的にはリバースパーティに適したモンスターなのですが、素早さは特に遅いというわけではなく中速帯となっています。

リバースパーティの定番である竜王より気持ち早い程度なので、リバースパーティに組み込んでも違和感はないでしょう。

HPと防御力が高く、偶数ラウンドには防御力が上がっていくので、回復をしっかりしておけば不屈の闘志に頼らなくても生存しやすいといえそうです。

くじけぬ解除をされても耐久力で生き残れるのは強みですね。

装備品

グラブゾンハンマーをウェイト0で装備することができます。
オノなのでステータスアップは攻撃力と防御力です。

固有効果でときどき防御力1段階アップが発動します。
ジャックハートの偶数ラウンド防御力アップと同時に発動すればスカラ状態になり、物理攻撃に対しては鉄壁になります。

錬金効果は大したものを付けられないですが、ウェイト0なので迷ったら装備しておけば間違いないでしょう。

恐らく、スペディオブレードのようにグラブゾンジャックの専用装備がいずれ登場するはずです。

それと同時にパイルハンマーやキルジョーカーの錬金効果が追加されればさらなる強化が期待できます。

まとめ

今回の神獣調整で最も出世したのはグラブゾンジャックで間違いないでしょう。
マスターズGPでも4体のトランプ神獣の中では一番よく見かけます。

攻撃面でも耐久面でも大幅に強化されていることは間違いないのですが、混乱に弱いという弱点は変わっていません。

最近は強力な混乱特技が増えており、かすっただけで簡単に混乱させされてしまいます。

組み込むとしたらやはりリバースパーティになるでしょうか。

状態異常対策に聖なる防壁や光のはどう持ちのモンスターと組み合わせるか、王者の剣を装備すると強そうですね。

ランキング