GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-garmatherd-sinsei

【DQMSL】新生転生「ガルマザード」はハザードウェポン持ち!マ素侵食のダメージ減少も強い!

ライター

黒豆パン

新生転生ガルマザードは、ハザードウェポンでマ素状態のモンスターに極大呪文ダメージを与えます!マ素侵食は敵をマ素状態にするだけでなく、攻撃ダメージ減少状態にすることができます!

新生転生 ガルマザード

クロちゃんのトロトロしてると帰れまシンSPにて、ガルマザードに新生転生が追加されることが発表されました!

ガルマザードは、ゾーマ、ダークドレアムに続く年末魔王として実装されたモンスターです。

登場した当時はダークドレアムをも上回る火力で人気があった魔王ですが、今ではマ素パーティでマ素をばら撒くだけの存在となっていました。

そんなガルマザードは、新生転生でどのように強くなるのか考察します!

※新生転生は8月27日に追加されます。

マ素侵食

マ素侵食は、先制発動で敵全体をマ素状態にする特技です。
みがわりを無視し、魔王バリアがかかっていてもマ素にします。

それだけだとマ素汚染と同じですが、マ素侵食はさらに攻撃ダメージが減少する状態にします。


ちからための逆バージョンのような感じで、斬撃、体技、踊り、通常攻撃の威力が半減します。

最近の超火力環境だとダメージバリアくらいでは耐え切ることが難しく、大樹の守りをかけても結局すさまじいオーラなどで剥がされてしまいます。

マ素侵食でダメージそのものを下げられるようになると、今までよりも耐久しやすくなりそうです。

初登場の効果なので、攻撃ダメージ減少の倍率や、解除する手段があるのか、ちからためがかかっているとどうなるのかなど、実装されないとわからない部分が多いです。


今までのガルマザードは単純にマ素をばら撒くだけでしたが、これからはダメージ軽減という役割でも使えるようになります。

マ素パーティにこだわらず、耐久パーティやリバースパーティに入れたり、一般的なパーティに組み込んでも使えそうです。

ハザードウェポン

ハザードウェポンは無属性の全体呪文で、マ素状態に対して威力がアップします。

威力はゾーマリーダーで650ダメージほどだったので、ダークマターのリーサルウェポンと同等と考えられます。


リーサルウェポンとの違いは、ラウンドの最後ではなく行動順で発動することです。

ガルマザードはどちらかというと素早さが遅いモンスターですが、素早さを調整すれば相手の行動前に打つことも不可能ではないです。

相手にとってどのタイミングで打たれるか読みづらいので、白夜の魔人のマジックバリアで対策されにくいという点は便利です。

行動順の縛りがないかわりに、光のはどうなどでマ素を解除されてしまうと威力が落ちてしまう欠点があります。


ハザードウェポンは消費MP74と性能のわりに消費が軽く、回数制限もありません。

何ターンも連続して使うことができるし、MPが切れてもギガ・マホトラでMPを吸い取って再び使うこともできます。


ただ、ハザードウェポンは相手にかかっているマ素を解除してしまうデメリットがあります。

超魔ゾンビのような鈍足マ素アタッカーと組む場合は特技を使う順序を考えながら使わなくてはいけません。

その他の特技

・ダークハザード
・マ素汚染
・ギガ・マホトラ
・アビスハンド

新生転生前の特技は以上の4つです。

マ素汚染はマ素侵食があれば不要なので外しても問題ありません。
アビスハンドもそうそう使う機会はないので必要ないでしょう。

ダークハザードは相手がつねにマホカンタだったり、マホターン持ちのモンスターに対して有効なので残しておきたいです。

ギガ・マホトラは相手のMPを減らして特技を使えなくする時に役立つので、これも残しておくべきでしょう。

特性

・秘めたるチカラ
・星のオーラ
・ブレイクシステム
・防御力+100

ガルマザードはブレイクシステムの特性が非常に強力です。

偶数ラウンドの最初に発動し、ランダム10連続ダメージを与え、命中したモンスターをマ素状態にします。

威力は1発約10ダメージで、マ素がかかっていると2倍の威力になります。
つまり最大で合計約200ダメージを与えることができます。

一撃ずつの威力は低いですが、10回連続なのでくじけぬ心持ちのモンスターに対してはかなり効果的です。
ハザードウェポンで生き残ってしまったくじけぬモンスターを一掃できます。


ゼルドラドの魔幻の剣召のようにコマンドを入力するより先に発動するため、みがわりで守られることがありません。

アタックカンタや斬撃防御がかかっていても反射されたり威力が変化していなかったので、斬撃でも通常攻撃でもないようです。

レベル依存体技みたいな感じなのかもしれません。


秘めたるチカラは新生転生前と同じです。
ハザードウェポンが賢さでどの程度威力が変動するのかが気になるところです。

リーサルウェポンの場合は賢さでは威力は変わらず、賢さ差による上乗せダメージのみ変動します。
それに似たような感じでしょうか。


星のオーラはつねにマインドバリアの強化版で、封じ無効の効果が付いたものです。

ガルマザードの状態異常耐性は眠り半減、混乱・マヒ無効で、ラプソーンと同じような感じです。
相手にじめじめバブルやプレシアンナがいると辛いところでしょうか。


防御力+100が付き、☆4で防御力が600を越えます。

秘めたるチカラでさらに防御力が上がり、マ素侵食のダメージ減少と合わさって物理攻撃で落としにくいモンスターになります。


リーダー特性はHP20%、攻撃力10%アップで、トガミヒメと同じです。

▼紹介動画はYouTubeでも確認できます

出典: YOUTUBE

まとめ

ガルマザードはマ素をばら撒くだけにしてはウェイトが重すぎでしたが、これだけ色々できるようになると魔王ウェイトを使うだけの価値があります。

攻撃ダメージ減少効果がかなり強力なので、ダークドレアムだけでなくあらゆる物理アタッカーに対して強いです。

呪文、ブレス、儀式の威力はかわらないので、ガルマザードが流行るようであれば再びゾーマの時代が来るかもしれません。


今まで通りマ素を入れる役割としても使えますが、デモンスペーディオや凶アンドレアルと組めば1ターン目からハザードウェポンを撃つこともできます。

ハザードウェポンでマ素が解除されても、2ターン目にはブレイクシステムで自動的にマ素が入るので、2ターン連続でハザードウェポンを使うことが可能です。

ダークハザードの場合は攻撃力依存だったので☆を重ねないと実用的な火力が出せませんしたが、呪文であれば無☆でも十分な火力が出せそうです。


ダメージ減少もできるマ素侵食か、それとも他のモンスターでマ素を撒いて1ターン目から攻め込むか、相手の構成に合わせて動かし方を変えられるのが面白そうです!

ランキング