https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-deathkaiser-estimation

【DQMSL】デスカイザー/ヘルバトラー/アンクルホーンのモンスター評価 ※新生転生情報追加

ライター

スラぼう
0
コメントへ

「デスカイザー」は『DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)』に登場する悪魔系のランクSSモンスターです。攻撃力と賢さが共に高い反面、素早さは低いです。物理攻撃の命中率に不安があるので、呪文主体で攻撃させましょう。「イオ系のコツ」により高威力の「イオナズン」を連発できるのが魅力です。

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆災厄の王とヘルゴラゴが新生転生!

デスカイザー

デスカイザーの画像
名前 デスカイザー ランク SS
系統 悪魔 タイプ 魔法

ステータス

  Lv.1 Lv.80(新生転生 ☆4 Lv.80(新生転生
HP 27 580 680
MP 33 371 437
攻撃力 20 415 489
防御力 25 310 367
素早さ 15 248(348 291(391
賢さ 32 396 463

耐性

メラ ヒャド 半減
ギラ 無効 バギ
イオ 半減 デイン 弱点
ドルマ 半減 ザキ 半減
マヒ 弱点 毒・猛毒
眠り 混乱 半減
マヌーサ マホトーン
息封じ

覚えるとくぎ

とくぎ1 イオナズン
習得レベル 27 消費MP 88
効果 敵全体に爆発の特大ダメージを与える
とくぎ2 魔力かくせい
習得レベル 32 消費MP 16
効果 1ターン魔力をため 呪文ダメージを2倍にする
新生転生とくぎ1 ベギラゴン
消費MP 74
効果 敵全体に雷の特大ダメージを与える
新生転生とくぎ2 魔蝕
消費MP 56
効果 敵全体に さまざまな状態異常を引き起こす

特性

リーダー特性

新生転生後
悪魔系のHP+20%

悪魔系のHP+25%
特性1 AI2回行動
特性2 イオ系のコツ
新生転生
追加特性1
いきなり魔力かくせい
(バトルの最初に発動し 呪文ダメージを2倍にする)
新生転生
追加特性2
素早さ+100
(ステータス加算済み)

転生情報

新生転生 デスカイザー☆
転生素材 しんせいの闇玉×3
ランクSS デスカイザー
転生素材 キングタマゴロン×2
ニジゴロン
ジェネラン
エンペラン
ランクS ヘルバトラー
転生素材 どくゴロン
ホネゴロン
ワンダーエッグ
キングタマゴロン
ニジゴロン
ランクA アンクルホーン
とくぎ転生
必要素材

マスターエッグ
ゴーストエッグ
デビルエッグ
ホネゴロン
キングタマゴロン

デスカイザーの総評

■クエストでの使いやすさ ★★★★☆
■闘技場での使いやすさ  ★★★☆☆
■育成優先度       ★★★★☆

■称号:イオマスター
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

・攻撃面に尖った能力
SSランクに転生することで攻撃力と賢さが大きく伸びますが、HP、防御、素早さはほぼ据え置きです。
MPはかなり豊富にあるので、強力な特技を連発できるアタッカーとして運用しましょう。
素早さがかなり低く、耐久面も同ランクと比べると物足りないです。
攻撃性能を発揮する前に倒されては元も子もないので、味方でうまくフォローしましょう。
リーダーにすると自身を含めた「悪魔系のHPを20%上げる」ことができるので耐久力を補えます。

・イオのスペシャリスト
イオ系最上位の「イオナズン」を覚え、イオ系呪文ダメージ15%アップ+MP消費量が半分になる「イオ系のコツ」という特性を持ちます。
「イオナズン」をMP44で使えるのは頼もしい限りです。
「究極転生への道」でも非常に有効で、まもののむれをどんどん倒してくれます。

とくぎ考察

■覚えるとくぎ
・イオナズン
全体に大ダメージを与えるイオ系呪文です。
「イオ系のコツ」によりMP44で使用でき、威力も非常に高いです。
デスカイザーの代名詞といえるメインウェポンです。

・魔力かくせい
1ターン力をため、次のターン使用する呪文攻撃の威力を2倍にする特技です。
力をためている間に、味方が「ぶきみな光」などでサポートすれば、単純に2回呪文を使うよりも大きなダメージを与えることができます。
また、長期戦では「イオナズン」のMPを節約する目的でも使用できます。

■とくぎ転生おすすめとくぎ
・ライデイン(クエスト/闘技場)
デイン系の単体攻撃呪文です。
デイン系が弱点の敵や、「イオナズン」が有効でない場合に使用しましょう。

・ドルクマ(クエスト/闘技場)
デイン系の単体攻撃呪文です。
「ライデイン」と選択するか、両立しても良いでしょう。

・ベホイミ(クエスト)
MPと賢さが高いため、クエストでは回復役もこなせます。

・イオラ(クエスト)
MP節約目的で採用されます。
毎ターン全体攻撃を使用できますが、有効範囲が「イオナズン」と変わらないため、少しもったいないかもしれません。
転生前モンスターから引き継げます。

・らいじん斬り(闘技場)
ギラ系の単体斬撃特技です。
おもに「マホカンタ」対策で使用します。
高めの攻撃力を活かせ、ギラ弱点の敵には大ダメージを与えられます。
アンクルホーンからヘルバトラーへ転生する際に、転生素材から覚えさせることができます。

クエスト評価

・砲台役として活躍
低コストで強力な全体攻撃を使用できるため、ダメージを与える能力は非常に高いです。
素早さが低いため先制で全体を削るといった運用はできませんが、味方が倒しきれなかった敵を一掃してくれます。

・HPに注意しよう
耐久力はそこまで高くないので、攻撃を集中されると危険です。
こまめに回復してあげたり、素早い味方に敵の数を減らしてもらうのが良いです。

闘技場評価

・イオナズンで圧力をかけよう
ここでもやはり「イオナズン」をメイン使用します。
闘技場ではよほど計算されたパーティを組まない限り「魔力かくせい」を使う余裕はありません。
MPを節約する理由もないので、毎ターン「イオナズン」を連発して圧力をかけましょう。

・どうやって行動を稼ぐか
素早さと耐久の両方が低いので、無策で挑んでも行動する前に倒されてしまいがちです。
「イオナズン」で大ダメージを与えるには、味方のサポートが不可欠です。
「ピオリム」を重ねがけする、「マホカンタ」や「おいかぜ」で守る、盾役に「みがわり」してもらうなどの工夫をしましょう。

おすすめ装備

・しゅくふくの杖[賢さ+64 回復量を15%UP]
攻撃呪文の威力をさらに強化します。
「ベホイミ」の回復量もアップ。

・いなずまのやり[攻撃力+28 素早さ+24 ギラ系の斬撃ダメージを10%UP]
長所の攻撃力と賢さの両方を伸ばします。
「らいじん斬り」を使用させる場合は、威力を上げることができます。

デスカイザーの新生転生評価

■クエストでの使いやすさ ★★★★☆
■闘技場での使いやすさ  ★★★
■育成優先度       ★★★★☆
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

■新生転生おすすめとくぎ
・イオナズン
・魔力かくせい
・ライデイン/ドルクマ

新たに「ベギラゴン」と「魔蝕」を覚えます。
「ベギラゴン」はギラ系の全体呪文で、消費MPが多いだけあり威力もかなりのものです。
「イオナズン」と違い、特性で消費MPが半減になったりはしないため、クエストでは少し使いづらいです。
闘技場では現状ギラ系の通りが良いこともあり、特性「いきなり魔かくせい」によって敵全体に猛烈なダメージを与えられます。
相手の耐性に合わせて「イオナズン」と使い分けましょう。

「魔蝕」は敵全体に確率でさまざまな状態異常を与えることができます。
消費MPが重めで、強力なボスモンスターにはほとんどの状態異常が効かないため、こちらもクエストでは使いづらいです。
闘技場では基本的に強力な全体呪文によるアタッカーを担当することになりますが、相手に反射持ちがいる場合など、呪文を使用しづらい場面で狙ってみると良いでしょう。
また、回復役や盾役を多めにいれた耐久重視のパーティで使用すれば、じわじわと相手を追い詰めることができます。

そのほかに覚えさせる特技では、特性「イオ系のコツ」を活かせる「イオナズン」がほぼ確定です。
残り一枠は「魔力かくせい」がベターですが、クエストでの汎用性も確保したいのであれば「ライデイン」や「ドルクマ」も候補となります。
もっとも、汎用的な呪文アタッカーはほかにもたくさんいるので、デスカイザーに汎用性を求める必要はあまりありません。

■超強力な全体呪文で闘技場アタッカーに
新生転生により従来の弱点であった素早さが大きく改善され、さらに特性「いきなり魔力かくせい」が追加されます。
特筆すべきはやはり、「いきなり魔力覚醒」でしょう。
1ターン目限定ではありますが、手番を消費せずに「イオナズン」や「ベギラゴン」といった全体呪文が大幅に強化されます。

その威力は非常に高く、一網打尽も狙えるほどですが、1ターン目限定ということもあって行動を読まれやすいです。
対人戦で相手に「マホターン」や「竜眼」を覚えるモンスターが相手にいるなら、あえて1ターン目は「魔蝕」を使用するなどの工夫も必要になります。

また、素早さが大きく増したとはいえ、現環境ではまだまだ物足りません。
耐久力が高い訳でもないので、行動前に倒されたり、状態異常で封殺される危険は常に意識する必要があります。
盾役で守ったり、自身のリーダー特性で耐久力を底上げするなどして行動を確保しましょう。
うまく攻撃が通れば致命の一打を与えうるので、攻撃面では大いに貢献できます。
その分、パーティのリソースを耐久や補助方面に多めに割きましょう。

特技の「魔力かくせい」は手番を消費するものの、1ターン目に攻撃のチャンスを逃しても、再度呪文の威力を2倍に強化できます。
単純に呪文を2連発する場合、相手の回復が挟まるとダメージをリセットされてしまいます。
「魔力かくせい」後に呪文を使用することで、相手の回復サイクルを強引に崩し、一気に勝負を決めることができます。

ほかのシリーズにおけるデスカイザー

初登場は『ドラゴンクエストⅦ』です。
出会えるのはクリア後のため高い能力を持っていますが、同時期のモンスターたちと比べると戦いやすい部類でした。
しかし『ドラゴンクエストⅨ』で、猛烈なパワーアップを伴い再登場。
あらゆる面で危険な能力を持った、作品内最強クラスのモンスターでした。

転生前モンスター

転生前モンスターの画像

■ヘルバトラー
「デスカイザー」の転生前モンスターです。
高めのMPと賢さを活かして呪文攻撃させると良いでしょう。
レベルアップで覚えるとくぎは「はげしい炎」と「イオラ」の2つです。
どちらも全体を攻撃できる特技ですが、「イオ系のコツ」はまだ持っていません。
本領は転生後からとなるので、育成を頑張りましょう。

名前 ヘルバトラー ランク
系統 悪魔 タイプ 魔法

ステータス

  Lv.1 Lv.80 ☆4 Lv.80
HP 25 571 669
MP 31 362 427
攻撃力 19 375 441
防御力 24 304 360
素早さ 12 242 285
賢さ 29 361 426

耐性

メラ ヒャド 半減
ギラ 無効 バギ
イオ デイン 弱点
ドルマ 半減 ザキ 半減
マヒ 弱点 毒・猛毒
眠り 混乱 半減
マヌーサ マホトーン
息封じ

覚えるとくぎ

とくぎ1 はげしい炎
習得レベル 消費MP 37
効果 敵全体にメラ系の特大息ダメージを与える
とくぎ2 イオラ
習得レベル 14 消費MP 37
効果 敵全体に爆発の大ダメージを与える

特性

リーダー特性 悪魔系のHP+10%
特性1 AI1〜2回行動
特性2

転生情報

とくぎ転生
必要素材

マスターエッグ
ゴーストエッグ
デビルエッグ
ホネゴロン
キングタマゴロン

■アンクルホーン
「ヘルバトラー」の転生後モンスターです。
「火炎の息」と「ヒャダルコ」をレベルアップで覚えます。
ステータスは少し低めなので、優先的に育てて転生を目指しましょう。

名前 アンクルホーン ランク
系統 悪魔 タイプ 魔法

ステータス

  Lv.1 Lv.80 ☆4 Lv.80
HP 23 438 513
MP 29 307 363
攻撃力 15 282 332
防御力 22 251 299
素早さ 10 200 235
賢さ 28 317 374

耐性

メラ ヒャド 半減
ギラ 無効 バギ
イオ デイン 弱点
ドルマ ザキ 半減
マヒ 弱点 毒・猛毒
眠り 混乱 半減
マヌーサ マホトーン
息封じ

覚えるとくぎ

とくぎ1 火炎の息
習得レベル 消費MP 23
効果 敵全体にメラ系の息大ダメージを与える
とくぎ2 ヒャダルコ
習得レベル 21 消費MP 29
効果 敵全体に氷の大ダメージを与える

特性

リーダー特性 悪魔系のHP+8%
特性1
特性2

転生情報

とくぎ転生
必要素材

マスターエッグ
ゴーストエッグ
デビルエッグ
ホネゴロン
キングタマゴロン

ランキング