GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-captain-crow-estimation

【DQMSL】キャプテン・クロウのモンスター評価

ライター

黒豆パン

「キャプテン・クロウ」は『ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(DQMSL)』に登場するゾンビ系のランクSモンスターです。期間限定のクエストを攻略することで仲間になります。全体攻撃+確率で眠りを与える「まどろみ斬り」が便利です。新生転生することで、欠点であったHPと素早さを大幅に改善できます。

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆「レジェンドDQ3・夜」を攻略!

キャプテン・クロウ

キャプテン・クロウの画像
名前 キャプテン・
クロウ
ランク
系統 ゾンビ タイプ 攻撃

ステータス

  Lv.1 Lv.80(新生転生 ☆4 Lv.80(新生転生
HP 24 506(606 595(695
MP 17 182 215
攻撃力 23 362 427
防御力 22 341 400
素早さ 18 257(357 305(405
賢さ 13 203 243

耐性

メラ 弱点 ヒャド 半減
ギラ バギ 無効
イオ デイン
ドルマ 半減 ザキ 無効
マヒ 毒・猛毒 半減
眠り 無効 混乱
マヌーサ マホトーン
息封じ

覚えるとくぎ

とくぎ1 まどろみ斬り
習得レベル 16 消費MP 38
効果 全体攻撃のあと 一定確率で眠らせる
とくぎ2 ちからため
習得レベル 24 消費MP 38
効果 1ターン力をため 攻撃ダメージを2倍にする
新生転生とくぎ1 ヒュプノスハント
消費MP 18
効果 眠りや混乱の敵に 特大ダメージを与える
新生転生とくぎ2 超ちからため
消費MP 21
効果 1ターン力をため 攻撃ダメージを3倍にする

特性

リーダー特性

新生転生後
ゾンビ系の斬撃効果+18%

ゾンビ系の斬撃効果+18%
(変更なし)
特性1 AI2回行動
特性2

新生転生後


ときどきピオラ
新生転生
追加特性1
最大HP+100
新生転生
追加特性2
素早さ+100

転生情報

新生転生 キャプテン・クロウ☆
転生素材 しんせいの宝玉
ランクS キャプテン・クロウ
転生素材
とくぎ転生
必要素材

マスターエッグ
どくゴロン
ホネゴロン
ワンダーエッグ
キングタマゴロン

キャプテン・クロウの総評

■クエストでの使いやすさ ★★☆☆☆
■闘技場での使いやすさ  ★★☆☆☆
■育成優先度       ★★★☆☆

■称号:泡沫夢幻
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

・期間限定のクエストで仲間に
キャプテン・クロウは期間限定のクエストを攻略することで仲間になります。
ステータス面では特別秀でた特徴を持ちませんが、クエストドロップモンスターなのでパワーアップによる強化を施しやすい利点があります。
★4にまで強化できれば、攻撃力と防御力は無星の物理型ランクSSモンスターと同程度にまで成長し、特性「AI2回行動」と合わせてアタッカーになれます。
しかし、それ以外のステータスはなお控えめです。
攻撃力や防御力についても、無課金入手可能なものでもキャプテン・クロウ以上のモンスターはそれなりにいます。
単純な火力ではそれらに劣りがちなので、「まどろみ斬り」を活かしたアタッカー兼状態異常撒きとして活躍させましょう。
新生転生すればHPと素早さが大幅に強化され、眠り状態の相手に大ダメージを与える特技を覚えることができます。

キャプテン・クロウのとくぎ考察

■覚えるとくぎ
・まどろみ斬り
全体にダメージ+確率で眠らせる斬撃特技です。
ダメージは通常攻撃の約0.7倍で、追加効果の発動率は約40%ほどです。
眠りに耐性を持つ相手にもダメージは与えられるので、単純な全体攻撃としても使用できます。
追加効果の発動率が高く、複数のモンスターを眠らせることも期待できます。

・ちからため
1ターン力を貯めることで、次の攻撃の威力を2倍にできます。
ただし、「ちからため」を使用したターンは「AI2回行動」が発動しません。
そのため、単純に使用するだけでは総ダメージはむしろ下がってしまいがちです。
力を貯めている間に、味方に「バイキルト」や「ルカニ」などでサポートしてもらうことで真価を発揮します。
相手が「斬撃よそく」を使用している時に、反射を避けつつ次ターンに大ダメージを狙うなどの使い方も有効です。
また、「ちからため」の効果を保持することはできません。
使用した次のターンに「ベホイミ」や「ピオリム」などを選択すると、効果が消えてしまう点にも注意しましょう。

■とくぎ転生おすすめとくぎ
・各種属性斬撃(クエスト/闘技場)
少なめの消費MPと高めの威力で、クエストでの主力技になります。
「ホネゴロン」から「ダークマッシャー」を、「ワンダーエッグ」から「らいじん斬り」を、「超マスターエッグ」から「ふうじん斬り」を覚えられます。

・ピオリム(クエスト/闘技場)
低めの素早さを補うことができます。
素早さは物理攻撃の命中率にも影響するため、斬撃を使用するキャプテン・クロウにとって重要なステータスです。
汎用性が非常に高いため、新生転生して素早さが強化されたあとも、引き続き活躍してくれます。

キャプテン・クロウのクエスト評価

・最大MPと素早さが課題
無星の状態では今ひとつ強みを感じませんが、パワーアップを重ねれば物理アタッカーとして活躍できます。
とはいえ、強力なモンスターが増えてきた現在では、パワーアップしてもそこまで攻撃力が高い訳ではありません。
「AI2回行動」を持つので、ほかにアタッカーが充実するまでの間は、前線で戦ってもらいましょう。
ただし、最大MPの低さには注意が必要です。
通常戦闘で特技を連発していると、あっという間にMPが切れてしまいます。
また、素早さも低めなので、命中率に不安が残ります。
味方のリーダー特性や装備などで補ってあげましょう。
新生転生後は素早さが大幅に改善されます。

キャプテン・クロウの闘技場評価

・まどろみ斬りが強力
闘技場では「まどろみ斬り」で敵全体を攻撃しつつ、追加効果の眠りを狙っていきましょう。
眠ったモンスターは起きるまで一切の行動ができないため、もはや倒したも同然です!
ただし、物理で攻撃すると起きてしまう場合があるため、眠らせたモンスターには呪文やブレスでダメージを与えるか、後回しにしてほかを片付けてから一斉攻撃しましょう。
味方をAIに任せてしまうのも有効で、眠ってるモンスターにはできるだけ物理で攻撃しないように行動してくれます。
「AI2回行動」による追撃も同様で、できるだけ眠っているモンスターを避けてくれます。

・素早さを補う工夫を
闘技場でも素早さの低さがネックになります。
強力な攻撃を撃ち合うことになるため、行動前に倒されてしまいやすく、マインドや状態異常といった妨害も受けやすいです。
耐久力も高くないため、弱点であるメラ系の攻撃などで狙われると、ひとたまりもありません。
装備やリーダー特性などで、できる限り素早さを高めておいたり、味方の「みがわり」などで守って上げるなどの工夫をしましょう。

キャプテン・クロウの新生転生評価

■クエストでの使いやすさ ★★☆☆
■闘技場での使いやすさ  ★★★★
■育成優先度       ★★★☆☆
■戦闘スタイル:ガンガンいこうぜ

■新生転生おすすめとくぎ
・まどろみ斬り
・各種属性斬撃
・ピオリム

新たに「ヒュプノスハント」と「超ちからため」を覚えます。
「ヒュプノスハント」は眠りや混乱状態のモンスターを攻撃した時に、威力が増加する単体斬撃です。
「まどろみ斬り」と相性が良いのはもちろんですが、あらかじめ味方に状態異常をかけてもらっておくことでより効率的に活かせます。

「超ちからため」は、文字通り「ちからため」の強化版のような特技です。
次に使用する技の威力を3倍にすることができるため、「ちからため」と違って単純に使用するだけでも大幅にダメージを引き上げることができます。
キャプテン・クロウが力を溜めている間に、味方で眠りやマヒをバラ撒いておきましょう。

そのほかに覚えさせたい特技では、「まどろみ斬り」はほぼ確定として、残り1つは属性斬撃がベターです。
「ピオリム」も便利ですが、ほかに覚えているモンスターが複数いるのであれば必須ではありません。

■欠点が改善
新生転生することで最大HPと素早さが大幅に上昇し、特性「ときどきピオラ」が追加されます。
★4であればHPは700にも迫り、耐久力はかなり向上します。
最大の欠点であった素早さの低さも大きく改善され、得意の「まどろみ斬り」や斬撃をより活かせるようになります。
「ときどきピオラ」は便利ではあるものの、物理主体でパーティを組むのであれば、「ピオリム」で確実に素早さを上昇させたいところです。
しかし、最大MPや攻撃力などは強化されません。
クエストで特技を連発すると息切れしやすいという欠点は残っており、通常攻撃のダメージは据え置きです。
斬撃アタッカーは激戦区ということもあり、総合的な火力では一歩譲る印象です。
クエストではゾンビ系を大きく強化するリーダー特性を活用したり、闘技場では低ウェイトで全体攻撃+状態異常撒きが可能という利点を活かして戦いましょう。

キャプテン・クロウのおすすめ装備

・まどろみの剣[攻撃力+15 素早さ+15 通常攻撃字5%で眠り]
攻撃力と素早さを強化できる装備です。
さらに通常攻撃時に低確率で相手眠らせることができ、この効果は「AI2回行動」の追撃にも適用されます。
ただし確率は攻撃対象の眠り耐性に依存します。
「ヒュプノスハント」との相性が良いため、新生転生後に特におすすめの武器です。

・ほのおの盾[防御力+48 メラ耐性を1ランクアップ]
防御力とメラ弱点を補うことができます。
+7以上の強化でメラ耐性が2ランク上昇するため、等倍にまで持ち込むことができます。

ほかのシリーズにおけるキャプテン・クロウ

『ドラゴンクエストⅧ』で初登場しました。
かつて、すべての海を制した伝説の大海賊です。
世界中の海を冒険したのち、彼は未知の大陸「レティシア」の存在を知ることになります。
「レティシア」を記した「ひかりの海図」を手にするものの、そこで彼は寿命を迎えてしまい、ついに「レティシア」の大地を踏むことはありませんでした。
その無念から亡霊となり、自身に代わって「レティシア」を目指してくれる者の出現を待ち続けていました。
主人公たちが「ひかりの海図」を託すに相応しい存在か、力試しに勝負を挑んできます。

戦闘では2回行動でテンションを溜めたのち、「真空波」で大ダメージを与えてきます。
スーパーハイテンション状態で使用されると非常に危険なので、常にHPを高く保ち、防御も利用して凌ぎましょう。
補助呪文をかけて「いてつくはどう」を誘い、攻撃の手数を減らすのも有効です。
「ダメージ軽減能力」を持つゾンビ系モンスターなので、こちらもテンションを上げてから攻撃しましょう。
耐性は緩く、各種属性やルカニも有効です。

余談ですが、1ターン休みが有効なため、「ゼシカ」の「ぱふぱふ」や「ヤンガス」の「ステテコダンス」で動きを止めることができます。
その際、上昇したテンションをリセットすることもできるため、これらを使い続けるだけで簡単に勝ててしまいます。
ファンの間では有名な必勝法であり、「ゼシカ」の「おいろけ」に見とれて袋叩きにされる伝説の海賊は、しばしば話の種になっています。

ランキング