GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-2018-kami

【DQMSL】2018年上半期 新生転生モンスター総まとめ!

ライター

黒豆パン

2018年の1月~6月に新生転生が追加されたモンスターをまとめました!今年はダークドレアムの新生転生に始まり、ゼメルギアス、インヘーラー、JOKERなどの強力なモンスターも追加され、ダイコラボモンスターの新生転生が大きく環境を変えました。

新生転生まとめ

2018年になり早くも半年が過ぎました!

今年も色んなモンスターに新生転生が追加されました。

特に2周目の新生転生といえる、強モンスターが登場したのが印象的です!

2018年上半期はどんなモンスターが新生転生したのかまとめます!

・死神スライダーク(スライム系/SS)
・魔神ダークドレアム(???系/SS)
・イビルキュリア(悪魔系/S)
・フレイムドック(魔獣系/S)

1月はまさかのダークドレアムの新生転生で始まりました。
大物魔王は公式大会で発表されるのが定番となっていましたが、今までの法則を無視した意外なタイミングでの実装となりました。
ピックアップセレクションが神ガチャになった数少ない回でもあります。

・死神スライダーク
会心斬、闇夜の乱撃、ハデスソードを覚え、強力な斬撃アタッカーになりました。
魔神のかなづち装備で高防御力の敵を一撃で落とし、即死や回復封じで自然パーティや耐久パーティとも戦えます。
しかしなかなか使いこなすのが難しく、活躍しているところをあまり見たことがないです。
新生転生前も後も目立たない珍しい神獣です。

・魔神ダークドレアム
ダークドレアムの新生転生で、クエストもマスターズGPも大きな転機を迎えます。
竜神王の試練や過去の高難易度チャレンジは一気に難易度が下がり、これ以降のチャレンジクエストはドレアム前提の難易度になっていきます。
マスターズGPではドレアム新生前と新生後で大きく環境が変わるほど絶大な影響力で、半年経った今でも常に使用率トップの座に君臨しています。

・イビルキュリア
ヒュプノスクローでマ素パーティの速攻アタッカーとして使え、暗夜のとばりで眠りを防いでじめじめバブル対策としても使えます。
人気はそれほど高くないですが地味に強力なモンスターです。

・フレイムドック
いきなり息をすいこむ持ちになり、スモッグブレスやこうねつのガスでけっこういいダメージを出せます。
メダパニショックもそこそこ強く、素早さもあるので魔獣系軽量アタッカーとして使えるようになりました。

・魔戦神ゼメルギアス(???系/SS)
・キングヒドラ強(ドラゴン系/SS)

・デンガー強(スライム系/SS)
・ドラゴメタル強(スライム系/ランクS)

かみさまお願いキャンペーンで、もう1度活躍して欲しいモンスターのアンケートが行われました。
投票の結果、強新生転生第1弾が実装されました!

・魔戦神ゼメルギアス
さっそくドレアム対策モンスターが登場です。
天魔の構えを覚え、今まで魔王しか使えなかった斬撃・体技の同時反射ができます。
素早さアップの上位リーダー特性を持っていて、一瞬にして人気モンスター上位に入りました。
凶魔戦刃は旧・魔神の絶技と同等の倍率が出せ、クエストでも優秀なモンスターです。

・キングヒドラ強
ブレスストームと焦熱爆破でブレス特化モンスターになりました。
自然治癒を持ち素早さが低いので、当初はリバースパーティのアタッカーとして使われていました。
その後、ドラゴン縛りのミッション攻略や、呪われし魔宮での必須モンスターとなり、複数運用されるほどの重要ポジションになりました。

・デンガー強
ノーブルソードと滅防の秘剣を覚え、現代でも使える物理アタッカーになりました。
デイン耐性ダウンが出来る点は特殊ですが、アタッカーとしては普通なのでほぼスライム縛りミッション専用になっています。
破壊神の襲来や冥竜王襲来で活躍しました。

・ドラゴメタル強
強新生の中でかなり当たりです。
クエストでは呪われし魔宮で重要モンスターになり、マスターズGPでは属性・状態異常無効の上にリザオラル持ちの硬いみがわり役です。
チアフルダンスで回復しつつ防御力を上げられるのも強く、あらゆるシーンで使える有能モンスターになりました。

・軍神トガミヒメ(???系/SS)
・魔壺インヘーラー(???系/SS)
・キラーマジンガ強(物質系/SS)
・ゲマ強(ゾンビ系/S)

第4回最強マスター決定戦の会場にて公開生放送が行われました。
インヘーラーの新生転生が発表され、先月に続いて強新生転生が実装されました。

・軍神トガミヒメ
鬨のふえで全員にバイキルトとピオラをかけられるのが非常に強く、クエストでもマスターズGPでも優秀な神獣になりました。
呪われし魔宮や高難易度チャレンジのターンミッションでは特に使いやすいです。
後に登場する神獣交換券では真っ先に手に入れるべき神獣に昇格しました。

・魔壺インヘーラー
つねに息をすいこむの特性が付き、今までの欠点であった2ターン目以降の火力不足が解消されました。
ボイドブレス、魔壺の暴風でブレス系モンスターとしては今までにないほど高火力を出せるようになりました。
インヘーラー以降ブレス特化のモンスターが増え、オーシャンボーンがにおうだちモンスターとして人気が出てきました。

・キラーマジンガ強
強新生モンスターの中ではトップクラスに優秀なモンスターです。
旧新生のコードゼロは外れると状態変化解除が発動しない残念仕様でしたが、強新生のブレードゼロは斬撃といてつくはどうが独立しているため、非常に使い勝手がいい特技になりました。
加速装置の特性も強く、ダークマターパーティが大幅に強化されました。

・ゲマ強
ディバインフレアでメラ耐性を下げることができ、Sランクの呪文モンスターとしてはなかなかの強さになりました。
S縛りミッションくらいしか活躍の機会がなく、それも必須ではないためあまり印象に残らない強新生でした。

・JOKER(???系/SS)
・舞踏魔プレシアンナ(魔獣系/SS)
・ダイヤモンドスライム(スライム系/SS)
・メガザルロック(物質系/S)

4月はらいなま放送がなく、神獣も普通の新生転生も突然実装されました。

・JOKER
アタックカンタ持ちでドレアム対策として期待されていました。
新生転生で状態異常無効特性が付き、さらにアタックカンタがいてつくはどうで剥がれなくなりました。
聖魔雷鳴斬とラピッドステップで攻撃を使い分けできるのも便利で、かなり優秀な神獣になりました。

・舞踏魔プレシアンナ
2種の踊り特技を覚え、舞踏魔らしい能力になりました。
ゼメルギアスやラプソーンに対し、反射されずに眠らせられるのが強いです。
ビーストスターの特性で魔獣系に自動でピオリムをかけられるのも便利で、ある意味系統の王よりも使い勝手がいいです。

・ダイヤモンドスライム
ダイヤアーマーでスライム系限定で体技防御を上げられるようになりました。
スライムパーティはラプソーンの神々の怒りで簡単に落とされてしまうのが欠点でしたが、これで無属性体技にも耐久する手段が出来ました。
マスターズGP向けかと思いきや、呪われし魔宮などクエスト攻略でも欠かせないモンスターになりました。

・メガザルロック
ブロックシールドの特性で1ターン目からいきなりだいぼうぎょ状態になりました。
生き残りやすくなったのでメガザルを成功させやすくなっています。
いざとなれば超爆発で攻撃にも使え、一発逆転が狙える面白い新生転生になりました。

・真・大魔王バーン(???系/SS)
・大魔王バーン(???系/SS)
・魔影参謀ミストバーン(???系/
SS)
・死神キルバーン(???系/SS)
・竜魔人バラン(ドラゴン系/SS)
・魔軍司令ハドラー(???系/ランクSS)
・超魔生物ハドラー(???系/ランクSS)
・氷炎将軍フレイザード(物質系/ランクSS)

ダイコラボモンスターが一気に新生転生しました!
どれも非常に強力なモンスターになり、ドレアム最強時代から環境が変わっていきます。

・真・大魔王バーン
2形態を選んで新生転生できる分岐魔王になりました。
老バーンを使っている人はほとんど見かけず、大半の人が真バーンを使っている印象です。
反射と反撃が中心で自身が大火力特技を持っていないため、扱い方が難しく玄人向けモンスターです。
魔神の構えを無視して攻撃でき、ドレアム対策として非常に優秀です。

・魔影参謀ミストバーン
強力なモンスターが揃うダイコラボの中で最も存在感が薄いです。
マ素特化アタッカーで耐久力が高い特徴がありますが、ミストバーンを活かせるパーティを組むのは難しいです。

・死神キルバーン
新生転生だけでなく、特技の上方修正が行われて大幅に強化されました。
魔界のマグマの特性でダメージを受けるだけで反撃ダメージを与えることができ、攻撃力まで下げることが出来ます。
微妙モンスターから人気モンスターに昇格しました。

・竜魔人バラン
特技の上方修正でドルオーラが強化されました。
反射できることは変わっていませんが、いてつくはどう系の特技持ちのモンスターが増えて環境的に使いやすさが上がっています。
トガミヒメと組み合わせてバイキルト状態でドルオーラを決めれば一瞬で壊滅させるほどの破壊力が出せます。

・超魔生物ハドラー
ダイコラボモンスターの中ではあまり人気がない新生転生になってしまいました。
魔王ウェイトなのに特技の破壊力がいまひとつなのと、状態異常にかかることが不人気の理由でしょうか。
魔軍司令型はクエストで呪文パーティを組むとターン短縮に役立ちます。

・氷炎将軍フレイザード
メラ・ヒャド耐性を下げて攻撃できるため、絶対零度を弱点化して当てられるのが強いです。
ヴェルザー、ラプソーン、インヘーラー、バーン、バランなど旬のモンスターに刺さるのが大きいです。
確定執念でほぼ確実に動けること、特技の威力がステータスに関係ないことから無☆でも使えるのが優秀です。

・グレイナル(ドラゴン系/SS)
・バラモスゾンビ強(ゾンビ系/SS)
・ハヌマーン強(魔獣系/SS)
・Sキラーマシン強(物質系/S)

2ヶ月ぶりにらいなまが放送されました。
通常新生転生は神獣のみで、残り3体は強新生転生となりました。
1周目の新生転生が新しめのモンスターに追いついてきたのか、強新生転生の方が多くなってきています。

・グレイナル
ドラゴン系はマスターズGP向けのモンスターが多いですが、まさかのクエスト特化となりました。
スーパーアーマーをかけつつMP回復ができ、ブレスアタッカーとしても使えます。
これから縛りミッションなどで活躍の機会がありそうです。

・バラモスゾンビ強
Aスタで確定執念の特性を手に入れ、ブレスと体技のアタッカーになりました。
素早さの低さをみかわし無視で補っています。
特筆すべきは、新生転生で系統がゾンビ系になったことです。
ドラゴン系→???系→ゾンビ系と系統が変わる珍しいモンスターです。

・ハヌマーン強
こうどうはやいからロケットスタートに変更され、素早さが上がったことで超高速モンスターになりました。
ここまで早いと大抵のパーティに先手を取れますが、ロケットスタートがあることで魔獣パーティの天敵であるじめじめバブルよりも先に動けるのが強みでしょうか。

・Sキラーマシン強
一刀両断と補給装置のバイキルトのおかげで、Sランクの単体火力としてはかなりの破壊力を出せます。
状態異常耐性が弱いのでダークマターと使いたいところですが、物質系Sランクは優秀なモンスターが多いのでなかなか他を外してまで組み込むのが難しいです。
低ウェイトルールなど、これからの活躍に期待です。

まとめ

以前は神獣の新生転生は一部の人だけの楽しみになっていましたが、今年は神獣を入手する手段が増えてみんなが楽しめるようになってきました。

特に神獣交換券で好きな神獣を手に入れられるようになったのは大きな変化です。

一般モンスターの交換券が毎月買えるようになったことから、これからは神獣交換券が不定期で販売されることが予想されます。

好きな神獣に☆を重ねるか、新生転生したばかりの旬な神獣にするか、それとも将来的に化けそうな未新生神獣を選ぶか悩むところですね!

新生転生が近そうな神獣は、デモンスペーディオ、バルボロス、ギスヴァーグ、ジェノダーク、ピピットあたりでしょうか。

古めの魔王はほとんど新生転生が実装されたので、残るはオムド・レクス、オルゴ・デミーラ、ガルマザード、凶エスタークくらいしかいません。

調整が入った魔王も今の環境には付いていけなくなっているので、今後の展開がどうなるのか気になるところです。

ランキング