あのシンデレラがライダーアイドルに!? セガ新作『リボルバーズエイト』制作発表会レポート

セガ新作のリアルタイムストラテジー『リボルバーズエイト』の概要が発表!

10月10日(水)に東京・秋葉原にて、 セガゲームスの新作スマートフォン向けゲームアプリ『リボルバーズエイト(リボハチ)』の制作発表会が実施。誰もが知るおとぎ話の世界観とキャラクターが大胆なアレンジをされ、世界中のプレイヤーと戦略を駆使したバトルをすることができる本作の概要が紹介されました。本記事では、制作発表会の模様をレポートします!

まずは本作を手がける株式会社セガゲームス プロデューサー・菊池正義さんが登壇。「セガゲームスの本気を感じていただければと思います」と挨拶され、概要が発表されました。

『リボルバーズエイト』は、古今東西のおとぎ話の世界を舞台にしたリアルタイムストラテジー。従来のイメージを覆すヒーローキャラクターを駆使して、3分間のリアルタイムバトルを行い、敵陣のタワーを多く倒した方が勝利となります。誰でも気軽にカードとスキルシステムによる駆け引きが楽しめる内容とのこと。

Ryota-Hさんがキャラクターデザインを担当するヒーローキャラクター「シンデレラ」。誰もが知る物語のヒロインですが、『リボハチ』の世界ではライダーアイドルとして活躍しているという斬新な設定。原作にちなみ、毎日24時に契約更改をするアイドルとのこと。そのほかにも、ホストクラブを経営する金太郎や、パワーローダーを開発して自立歩行するクララなど、おなじみの物語の登場人物たちがパンクな出で立ちや設定で登場します。

独自の設定はキャラクターだけでなく、物語が進化したステージでも表現。自然豊かなイメージがある『アルプスの少女ハイジ』の舞台・アルムには山小屋ではなく工業地帯があるなど、斬新な舞台が続々とお目見えしました。

基本的なゲームシステムも紹介。画面右が自軍、左が敵陣となり、1マッチ3分の間にそれぞれの陣地に3つずつあるタワーを多く倒した方が勝利となります。繰り出された自軍ユニットは自立行動し、戦局を見極めてスキルを使用して有利にバトルを進めていきましょう。

スキルを使えるヒーロー、建物、ミニオン、魔法という4種類のカードから8枚をデッキとして構築します。カードの能力に応じたデッキタイプは3つ存在。盾役を出しつつ、「桃太郎」などのアタッカーを繰り出す展開を基本とする強襲デッキ、「シンデレラ」を突撃させる反攻デッキ、「赤ずきん」などで遠距離から攻撃する砲撃デッキに分類されます。

自らの思考にあったタイプを駆使しつつ、相手の基本戦術を見抜いていかに妨害していくかがカギとなりそうです。

ユニットにはリーダーに指定したヒーローのみが1試合1度使用できる「スペシャルスキル」と、編成したヒーローの誰かが30秒ごとに使用できる「ノーマルスキル」がそなわっており、戦局を打開したり特殊効果を得ることができます。このスキルの使用タイミングも重要に。

基本的な概要が紹介されたところで、独創的な本作のキャラクター設定を担当した五十嵐孝司さんも登壇。『悪魔城ドラキュラ』シリーズなどを手がけた五十嵐さんといえば帽子がトレードマークですが、本作に合わせて新調されたとのこと。

新年会で出会ったその場で五十嵐さんから菊池さんにプレゼンが行われ、本企画が実現したという裏話を披露。こだわりポイントとして五十嵐さんは「みなさんが知っているおとぎ話をモチーフにしていますが、どれだけ悪ふざけができるかが1つ目のポイントです。そして各原作を読み込んだ上で、ツッコミどころにツッコんでみる。どこまで原作のイメージを残しつつイジれるか、がんばってみました」と語られました。

ライダーアイドルという「シンデレラ」のプロデューサーは「カボチャの魔女」。『シンデレラ』の物語をモチーフにしつつ、「おとぎ話には魔女が多すぎるので、特徴的なところからカボチャの魔女と命名しました」と五十嵐さん。1日契約のアイドルというアイデアから膨らませていき、カボチャバイクの動力源はネズミとのこと。

気は優しくて力持ちという完璧超人を反転させた設定だと語られた「金太郎」。「前掛け部分が逆に開いているデザインにしてもらい、ギリギリまで開いています」という五十嵐さんのこだわりも披露され、並んでいる「クマ」には、金太郎の父の鎧武者が入っているとのこと。

「できるだけおじいさんとおばあさんのキャラクターを出したいんです」と話された五十嵐さん。おなじみの「浦島太郎」は玉手箱を開けたあとの老人の姿で『リボルバーズエイト』に登場します。「一瞬にして老化したので心は若者で、ことば使いもそのままです」とのことで、「乙姫」とそれぞれの視点のストーリーも楽しめるようです。

説明不要のインパクトを持った「はだかの王様」。背中のマントには「裸一貫」と書かれているそうです。「ラプンツェル」がにぎっているのは「セガサターン」のコントローラーで、五十嵐さんの強いこだわりにより実現したとのこと。ひとクセもふたクセもある登場キャラクターたちの紹介がなされていきました。

出典: YOUTUBE

発表会の最後には、ゲーム中にも登場するナビゲーター・リーゼルよりインフォメーションが行われ、全世界11カ国での配信と事前登録のスタート、クローズドβテスト版の実施などが発表されました。

【クローズドβテスト実施要項】 
βテスト参加者募集期間:2018 年 10 月 10 日(水)~2018 年 10 月 22 日(月) 23:59 まで
βテスト開催期間:2018 年 10 月 23 日(火)~2018 年 11 月 2 日(金)
対応端末:iOS:iPhone6 以上 (iOS10 以降) Android:Android OS6.0 以降搭載機種

今冬リリース予定となる『リボルバーズエイト』。制作発表会の最後には、菊池プロデューサーと五十嵐さんそれぞれから意気込みが語られました。

五十嵐「ずっと温めていた企画をご紹介できて嬉しいです。今まではゴシックホラーなどが多かったですが、今回はこれだけぶっ飛んだことも考えられるということを見せていければと思いますので、ぜひ面白さを味わってください」

菊池「五十嵐さんとの出会いから始まったプロジェクトをようやく発表できました。自分で狙った戦術がはまった快感を、より多くの方に体験してもらえるようにゲームをデザインしてキャラクターを練り上げています。ここからはユーザーの皆さんともゲームを作れればと思いますので、クローズドβテストにも、ご参加の上ご意見をいただければと」

『リボルバーズエイト』CBT版を先行プレイ!

制作発表会の直後に、メディア向け先行体験会も開催。GAMY編集部も参加して、本作をプレイしてみました。基本的な操作は、最大で10となるインクを消費して、コスト分のカードをプレイしていくというもの。カードを指定位置にドロップして、ステージ上に繰り出していきます。

自軍キャラクターの進軍によって、ユニットを展開できる範囲も広がります。敵の進軍は魔法カードで妨害したり、上下両方から攻めるのか、一気に押し込むのか。基本的な操作方法はそう難しくはないですが、慣れてくると戦略面でのやりこみ要素が多そうです。

世界展開されることもあり、昨今のeスポーツ的な盛り上がりにも期待できそうな『リボルバーズエイト』。これまでリアルタイムストラテジーが難しそうと敬遠していた人でも、魅力的なキャラクターばかりが登場する本作に触れてみてはいかがでしょうか!

(取材/写真/文・加藤真大)

©SEGA