ファンプレックスがゲーム運営事業の拡大を目的に『戦国アスカZERO』などを運営するORATTAを子会社化

※本記事はプレスリリースに準拠して製作しています。

グリーグループのファンプレックスは、ゲーム運営事業の拡大を目的に『戦国アスカZERO』など5タイトルを運営するORATTAの全株式を取得し、子会社化することを決定しました。

株式譲渡実行日は2018年7月1日を予定し、株式取得後はファンプレックス代表の下村直仁がORATTAの代表取締役社長を兼任します。

グリーが培ってきた運営力をさらに組織的、専門的に生かしていくため「ゲーム運営のプロフェッショナル集団」として2015年に設立されたファンプレックスは、グリーおよび他社がリリースしたタイトルの再成長を促し、より長期的に楽しんでいただくことを目的とした運営事業に取り組んできました。

現在では、モバイルゲーム、スマートフォン向けゲームアプリ、海外配信ゲームアプリなど、多様な20タイトルを運営しています。

■ORATTA子会社化の目的と今後
ORATTAは、2010年の創業以来モバイルゲームの企画・開発・運用事業を展開しており、GREE Platformにもゲームを配信するなど、グリーの重要なビジネスパートナーです。

今回の子会社化により、ファンプレックスはORATTAの8年にわたるゲーム運営経験で培われた知見と高い技術力をグループとして取り込み、新規運営タイトルの獲得に加え、技術面、組織面での体制強化を行い、事業を拡大していきます。

ファンプレックスは、今後も新規運営タイトルの獲得およびパートナー企業との提携や資本参加などを通じて、ゲーム運営事業のより一層の発展を目指します。

株式会社ORATTAの概要
会社名:株式会社ORATTA(ORATTA, Inc.)
所在地:東京都目黒区中目黒2-10-15 山手Kビル6F
代表者の役職・氏名:代表取締役:上杉健太郎 今井勇樹
事業内容:モバイル向けソーシャルゲームの企画・開発・運用
資本金:5,000千円
設立年月日:2010年7月5日