https://gamy.jp/tagatame/tagatame-gekijouban

【タガタメ】『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』6月公開決定 オリジナルキャラヒロイン・カスミを水瀬いのりが演じる!

ライター

OP
39
コメントへ

『タガタメ(誰ガ為のアルケミスト)』の映画『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の最新情報です。今年2019年6月に劇場公開が決定! さらに劇場版オリジナルキャラクターのヒロイン・カスミ役が『水瀬いのり』さんに決定しました!

※この記事はプレスリリースに基づき作成しています。

『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』6月に公開決定!

映画『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の最新情報です。今年2019年6月に劇場公開が決定!さらに劇場版オリジナルキャラクターのヒロイン・カスミ役が『水瀬いのり』さんに決定しました!

『誰ガ為のアルケミスト』とは

『誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)』はバベルの塔を臨むバベル大陸を舞台に、“禁忌の術”として封印された錬金術をめぐり、7大国家に所属する7人の主人公たちの活躍を描く本格タクティクスシミュレーションRPGです。

劇場版を制作するにあたって『マクロスシリーズ』『アクエリオンシリーズ』の河森正治が初のゲーム原作映画化に挑み、総監督を務めます。ゲームのオープニングアニメーションも河森監督が手掛けており、ゲームの世界感を劇場版でどのように描くのか注目を集めています!

オリジナルキャラヒロイン・カスミを水瀬いのりさんが演じる!

今回発表となったオリジナルキャラクターのヒロイン・カスミは、人に気を遣いすぎる引っ込み思案な女子高生。登校中だったはずが、ふとしたことからバベル大陸へと召喚され、幾多の困難を乗り越える羽目に。あわせて到着した画像では、一見おとなしそうな雰囲気の“カスミ”の姿も明らとなり、バベル大陸でどのような活躍をみせるのか期待が高まります。

カスミを演じるにあたって

水瀬さんはカスミを演じるにあたって「既存のキャラクター達との掛け合いやカスミ自身の成長を演じることがとても楽しみ」と意気込みを語り、ボイス収録を終えて、「物語の軸であるファンタジー要素溢れる世界の中にただ1人普通の高校生が混ざるということで、先入観をあまり持たず見るもの触れるものすべてに新鮮な反応を示すカスミを等身大の自分と重ねて演じました!リズさんエドガーさんとの様々な掛け合いは、どのシーンもとても熱いです!お楽しみに!」とコメント。

河森正治 総監督から

ヒロインとしての華と、きめ細かな感情表現力。それが水瀬さんにカスミ役をお願いした大きな理由です。なにせ舞台は異世界の激しい戦場。そこに、自分に自信が持てない普通の高校生が召還される訳ですから、そのままいけば地味な根暗キャラになりかねません。

なので、水瀬さんには事前にカスミの内に秘めた気持ちをお伝えし、迎えたアフレコ当日。そこにはまさに、『カスミ』がいました!水瀬さんは「自分を出したくても出せない」カスミのもどかしさを、とても繊細に表現され、こちらの微妙なニュアンスのオーダーにも適確に応じて、より深く、よりイキイキと、カスミにシンクロされていきます。

そんなカスミの踏み出す小さな一歩は、創り手側である私達の心さえも揺り動かしてくれました!

ゲーム内のキャラクター達との絡みにも注目

また、高橋監督は、「カスミはゲーム内の色々なキャラクターとも絡むので、キャラごとに様々な表情も出てきます。その様々な感情の起伏を水瀬さんには見事に演じて頂きました」と語り、今泉プロデューサーからは河森監督が「僕たちが作ってきた3年間をリスペクトしてくれつつ、アニメならではの新しい表現や解釈をたくさん込めてタガタメの世界観や物語により奥行きを生み出してもらえました。」と喜びをにじませ、大きな節目となる3周年を迎えて始動する大プロジェクトに自信を見せています。

高橋正典 監督から

水瀬さんには事前にカスミというキャラクターや世界観の説明をさせて頂いてから収録しています。収録の時にカスミの第一声を聞いてスッと心の中に入って来ました。前からこの声だったのになぜか自分には聞こえて無かっただけかのように一体となって感じたのが印象的です。

又、カスミはゲーム内の色々なキャラクターとも絡むので、キャラごとに様々な表情も出できます。その様々な感情の起伏を水瀬さんには見事に演じて頂きました。

最後に

今泉潤プロデューサーから

3周年を迎えた“タガタメ”。長くタガタメを楽しんでくれている皆様にどのようにしたら喜んでもらえるのか?その一つの答えが映画化でした。

ゲームのユーザーの皆様に喜んでもらえるように、7人の主人公や人気キャラがド迫力のアニメーションでどのように活躍するのか!?そして、水瀬さんが演じる普通の高校生のカスミがタガタメの世界を経験して成長していく様に共感すること間違いなしです!

河森総監督との最初の打ち合わせで約束させてもらったのは「魂の作品にすること」でした。僕たちが作ってきた3年間をリスペクトしてくれつつ、アニメならではの新しい表現や解釈をたくさん込めてタガタメの世界観や物語により奥行きを生み出してもらえました。

大人から子供まで誰もが楽しめる『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』どうぞご期待ください。

映画概要

■原作:今泉潤/FgG ■総監督:河森正治 ■監督:高橋正典
■脚本:根元歳三 ■キャラクターデザイン:嘉手苅睦
■作画監督:戸谷賢人 宮西多麻子 長坂寛治 大河内忍 福田啓太 田中亜優 
堀内修 出野喜則 小園菜穂 芳賀亮
■美術監督:古宮陽子 湖山真奈美 
■美術設定:二エム・ヴィンセント ロキャデリ・ロイック ジェローム・ペリヤ
■色彩設計:秋元由紀 ■特殊効果:永良雄亮 ■CGディレクター:原田丈 ■音響監督:明田川仁
■音響制作:マジックカプセル ■音楽:AkiyoshiYasuda(★STARGUiTAR) ■音楽制作:フライングドッグ
■アニメーション制作:サテライト 
■製作:株式会社FgG 
■配給:アスミック・エース
■オフィシャルサイト:https://tagatame-movie.jp 
■オフィシャルTwitter:https://twitter.com/FgG_tagatame

 (C)2019 FgG・gumi /Shoji Kawamori, Satelight

おすすめ攻略記事一覧

  • ななしさん
    23時間前

    >ななしさん 前売りに付いてた限定念装の能力知ってる?HP45、物魔攻、物魔防 +10っていうね... あくまでも記念品

  • ななしさん
    24時間前

    >ななしさん オタクは気持ち悪いからしゃーない。全員強制収容所にぶち込んで欲しい

  • ななしさん
    24時間前

    >ななしさん んでタガタメユーザー以外が「タガタメ」でググってココに流れ着くと

  • ななしさん
    1日前

    まぁ爆死が目に見えてるからね 限定念装で廃課金者を呼び込み、声優のファンとネームバリューで底上げするつもりなんでしょ 赤字になると分かっていても、マイナスの数値はなるべく小さくしたいだろうし そっちの業界は全く分からないけど、まだ深夜のアニメ枠を1クール買ってアニメ化の方が安くすんだんじゃない?

  • ななしさん
    1日前

    キャラのセリフも声優が考えてるわけじゃ無くて原作者や脚本家が考えてる訳だからな(良いアドリブや提案する人もいるが) グラフィックや音響も作画や技術者が居てこそだし 阿呆は何も考えずに声優神格化したり、それにおんぶ抱っこした商売するの辟易するね

  • ななしさん
    1日前

    考え方が古いとか言われそうだけど中の人前面に出すの本当に嫌い。キャラクターの一部に声優がいるのであってキャラクターが声優の一部ではない。声優じゃなくて作品に向き合えよ。

  • ななしさん
    1日前

    >ななしさん オタクなんて裏でも表でも普通の人から好かれる要素ないだろ。いても稀だし、オタク好きだって言う人は同類がほとんど。

  • ななしさん
    3日前

    かわいいわかる。裏ではばっこりオタク嫌ってそうなのがいいね

  • ななしさん
    3日前

    水瀬いのりが可愛すぎてやばい

  • ななしさん
    3日前

    この記事で一番凄いと思ったのは、正直映画の公開よりも水瀬さんのコメント。改めてプロって凄いんだなぁと何か思わされたわ。1つの仕事でも役になりきることに対しての真剣さを短文ながらに感じた

ランキング