https://gamy.jp/shinycolors/shiny-srank-idol

【シャニマス】Sランクアイドルの育成方法

ライター

レアル,,廿_廿,,
0
コメントへ

『シャニマス(アイドルマスターシャイニーカラーズ)』のSランクアイドルの育成方法をまとめています。『シャニマス』でSランクアイドルを目指している方はぜひ参考にしてください。

Sランクアイドルの育成方法

ここでは1属性特化型のSランクアイドル育成方法を紹介します。

Sランク育成ではオーディションにかける週数がAランク以上に多くなるため、2属性を高ランクオーディションに対応できる数値まで育てるのは現実的ではありません。

Sランクアイドル作成簡易チャート

シーズン 要点
前準備 特化属性を1つに絞ったユニット編成をする
シーズン1 ラジオの収録でファン数とメンタル上げをする。
オーディションは行わない
シーズン2 特化属性とメンタルのステータス上げをする
オーディションは1万人を1回
シーズン3 特化属性とメンタルのステータスを完成させる

※特化属性は450以上、メンタルは300以上が目安
4万人オーディションを1回受ける
※以降は一番右のオーディションを受け続け、できるだけファン数を増やす

シーズン4 一番右のオーディションを受け続けてSランクを目指す

プロデュースを始める前に

特化属性を決めよう

プロデュースアイドルをVo、Da、Viのどれに特化させるかを決めて、それに合ったユニットを編成しましょう。アイドルの特訓回数にもよりますが、解放されているライブスキルの属性に特化させましょう。

例えば、SSR真乃の場合はライブスキルがVo&Viアピールなので、VoかViのどちらかを特化属性にしましょう。

サポートアイドルはしっかり育成しておく

サポートアイドルはレベルにより、プロデュース中に発揮するサポートスキルを習得します。特に、サポートアイドルとの絆の値によりサポートイベントの発生数が変化するので“アイドルの絆”はとても重要です。できるだけサポートアイドルの育成にも力を入れましょう。

選択肢は特化属性が上昇するものを選択

Sランクを目指す場合、いかに効率よくステータスを上げられるかが鍵になります。全シーズンを通して、アイドルイベントの選択肢は特化属性が上がるものを選びましょう。

約束は基本的にしない

プロデュース中にアイドルからお願いを受けることがありますが、アイドルとの約束は基本的にしないようにしましょう。

例外として、特化属性のレッスンのお願いと体力ゲージ6割以下でのお休みのお願いは、可能な場合に限り聞いてあげましょう。

シーズン1の立ち回り

基本的にラジオの収録のみ選択する

シーズン1ではラジオの収録で、メンタル上げとファン数1000人突破を目指します。基本的にシーズン1はラジオの収録以外は選択しないようにしましょう。

パーフェクトが起こり、メンタル値とファン数に余裕が出た場合などは特化属性のレッスンを受けましょう。

シーズン2の立ち回り

特化属性とメンタルを上げる
オーデションを受ける前のタイミングで振り返りをする
一番右(1万人)のオーディションを受ける

①特化属性とメンタルを上げる

シーズン2では引き続きメンタル値と、新たに特化属性のステータスを上げます。サポートアイドルとの絆を深めて効率を上げるために、特化属性のレッスンとラジオの収録でサポートアイドルの滞在人数が多い方を選びましょう。

シーズン2終了までに特化属性値とメンタル値は、それぞれ250前後にはしておきましょう。

②振り返りはしっかり行う

オーディションを受ける前に、振り返りで貯まっているSPを使ってスキルを習得しましょう。ライブスキルを優先して習得し、次に早いターンで発動するパッシブスキル、余裕があれば特化属性のステータス上限をUPさせましょう。

③1万人オーディションを受ける

シーズン中のどこかで、一番右(1万人)のオーディションを1回だけ受けましょう。序盤のオーディションのため、特化属性が200を超えていれば難なく突破できるでしょう。

シーズン3の立ち回り

特化属性とメンタルを上げる
(特化属性は450以上、メンタルは300以上が目安)
4万人オーディションを受ける
一番右のオーディションでファン数20万人を目指す

①特化属性とメンタルを上げる

シーズン2に引き続きステータス強化をします。メンタルは最低でも300まで上げたらそこでストップし、その後はすべて特化属性のレッスンをしましょう。特化属性は450以上を目安にしましょう。

メンタルに関しては注目度関係のスキルを使わない限り、運が悪ければやられる時はやられると割り切りましょう。

②4万人オーディションを受ける

特化属性が2位のタイミングで一番右端の4万人オーディションを受けましょう。シーズン3のオーディションからはBADアピールも組み込むテクニックが必要になってきます。

③ファン数20万人を目指す

②を達成すると、5万人オーディションが開放されます。以降は流行2位以上(できれば1位)のタイミングを狙い、この5万人オーディションを受けましょう。

もし合格してBランクになれば、シーズン4の最初から10万人オーディションを受けることができます。できればこのシーズン3中に、ファン数20万人を超えられればベストです。

シーズン4の立ち回り

一番右のオーディションをひたすら受ける

シーズン4開始までにBランクになれた場合、10万人オーディションが同時に開放されるので、Aランクになるまでこのオーディションを受け続けます。

Aランクになると20万人オーディションが開放されるので、残りの週はそちらにチェンジします。いずれのオーディションも難易度が高いため、不合格の可能性も高めです。試行回数をどれだけ増やせるかがポイントです。

また、特化属性が流行3位の時は合格できる可能性が低いので、不足してるステータスやSPを貯めてスキルの取得にあてましょう。

ある程度の運は必要

プロデュースをする際は、トラブル率や流行などの運要素はどうやっても避けられません。Sランクアイドルを育成するためには、試行回数を増やして気長にプロデュースしましょう。

コメント/情報提供

ランキング