https://gamy.jp/sengokuenbu/newcard0228-naoe21

新カードの紹介:智将[明晰功臣]直江兼続SSR

ライター

ケルマイ
0
コメントへ

ここでは定期的に登場する、新しい武将、智将を紹介していきます。 各プレイヤーのデッキに入る候補の魅力的なカードをチェックしよう! 今回は新シリーズ「乱世の猛き絆」のカードを紹介します。テーマは「連携と防御」敵の守りを崩し、連携で強烈な一撃を狙いましょう。

【智将】コスト21[明晰功臣]直江兼続SSRの紹介(評価8.5)

各種評価

■コスト
21

■登場日
2018年2月28日

■特徴
◯前衛として
前衛スキルは存在しません。補助スキルに常時自身の攻撃が上昇する「豪気」+継承枠という形になっています。

こんな前衛にオススメ
「豪気」を手に入れたい
・補助スキル継承枠が足りない

◯後衛として
新スキル「修験之悟」が1進常態で手に入れることが出来ます。

味方全体の全能力を上げる、いわゆる全上げスキルですが、敵軍生存者が多く、味方生存者が少ないほど効果が上昇します。前衛の数が相手より少なく、苦戦する合戦において特に活躍してくれるでしょう。そして後衛スキル秘技は「孟母断機」で、いまだ応援スキルトップクラスの効果を持ちます。味方全体対象、全能力アップ+退却している敵のいずれかの能力を下げるという、一石二鳥の応援スキルです。

また「豪気」で常時常”攻”を対象とする応援効果上昇を狙いましょう。

こんな後衛にオススメ
「修験之悟」を手に入れたい
「孟母断機」を手に入れたい
「豪気」を手に入れたい
・補助スキル継承枠が足りない

■総括
補助スキル継承枠は、後衛向けのものを継承させて、後衛向け智将とするカードです。コスト21のため「孟母断機」は狙いたいものです。さらに限界突破2段階目で、修験之悟×2回、孟母断機×2回の合計4回該当スキルを使用できる状態を作れれば、非常に頼もしい存在となるでしょう。

また計略威力上昇[極大]を小隊長スキルとして持っているため、前衛プレイヤーは迷わず、小隊長として強計略スキルや複数の計略スキルを使用できるカードの小隊長として使用しましょう。

■評価点数
8.5

コメント/情報提供

ランキング