https://gamy.jp/sengokuenbu/enbu-secret-skill

戦況を覆すほどの効果!使える奥義スキルとは?

ライター

ニャン・ウェンリー(ねこリセット)
6
コメントへ

『戦国炎舞 -KIZNA-』の「奥義」は、発動すると効果が連合員全員または前衛全員におよぶ強力なものです。 使い方次第で逆転を狙える強力な奥義の数々を、ここでまとめてご紹介します。

奥義の使い方

ここでは、合戦の勝敗を握る奥義の使い方を解説します。一概にどの奥義が良いとは言えません。なぜなら、戦況や使い方によって何が有効か変わってくるためです。それを踏まえ、基本的に押さえるべき奥義とおすすめ奥義を紹介します。奥義を制するものは、合戦を制します。

奥義の用語

○奥義待機時間
奥義が発動するまでの時間

○先出し、後出し
こちらが相手より先に奥義を出すことが先出し、相手の奥義を待ってから出すことが後出し

○瞬時系
発動時に限り、効果を発揮する奥義

○一定時間系
発動後、一定時間効果が継続する奥義

おすすめ奥義

まず、おすすめ奥義(連合内で誰かが持っていると嬉しい)ベスト10は以下です。一部手に入りにくいものもありますが、連合の誰かが一つずつ持っていれば、通常合戦において、十分優位に戦えるという基準で選んでいます。括弧内は同奥義と同内容ですが、より効果が高い奥義(上位奥義)としています。

<おすすめ奥義:順不同>
兵法之極
迅雷風烈
四面楚歌
光風霽月or 機知頓才
慈愛の心(大一大万大吉)
侘び寂びの心
今孔明の詭計(両兵衛の神算)
星火燎原
暴欲の器
無限の律動

奥義の流れ

奥義は「相手連合と自軍の能力差」「参戦人数」「戦況」「通常合戦かイベントか」で変わってくるので、一概にどういう流れで使うと良いというのはありません。ただ以下のようなイメージが無難であるという意味で参考までに記しておきます。

前半:「瞬時系」+「コンボ増加系」+「応援効果アップ系」
中盤:「瞬時系」+「応援効果アップ系」+「コンボ増加系+応援効果アップ系」
後半:「瞬時系」+「攻撃アップ系」

奥義の目的と用途

奥義は、あらゆる種類と、それに紐づくあらゆる効果があるので、使い方が難しい部分もありますが、基本的なことを抑えておけば問題ありません。メインは一定時間系で、瞬時は一定時間系奥義と奥義の間であったり、最初に相手の様子を見るため、また状況に応じて必要な際に使うと良いでしょう。大よその効果でカテゴリを分けていますが、効果が重複しているものはメインだと思われるカテゴリに入れておりますのでご了承下さい。

また奥義レベル上限をアップする「技能石の数珠・奥義」は、一定時間系奥義に優先して使っていくことをオススメします。

瞬時系

○自軍能力上げ
能力全体(もしくは能力の一部)をアップする奥義です。大差はどれもありませんが「神風の陣」「陽光の囁き」(陽光は一部能力)は発動時間までが短いので瞬時系としては使いやすいです。ただ、効果自体は「花鳥風月」「画龍点睛」「百万自在の采」あたりが強いです。

○敵軍能力下げ
相手の能力を下げる奥義です。敵退却者の全能力を下げるものですと強さは以下順です。
「謀略鬼神」>「疑心暗鬼」>「朝敵工作」

「明王降臨」と「魑魅魍魎」は全能力下げではありませんが、その分効果は期待できます。
また、「明王降臨」は決闘奥義としては結構使えます。
※「魑魅魍魎」を保有する智将はイベント限定カードとなり、現在は手に入りません。

後は戦況によって上手く使い分けていく奥義です。「興亡治乱」も「風前之灯」も、必殺も使用し、敵全体を確実に退却させることができる時に使うと良いです。

○自軍能力上げ✕敵軍下げ
相手の能力を下げ、自軍の能力をアップするもので、相手が退却し寝ている際に、自軍の
能力アップも行いたい時に使えます。
※「誓いの十字架」を保有する智将は12月限定カードとなり、現在は手に入りません。

○自軍攻撃強化
一瞬で味方の攻撃力がアップする奥義です。「栄枯盛衰」は退却無しの全員前衛ルールで最も有効。また「猛虎の咆哮」は「獅子奮迅」のパワーアップバージョンというイメージとなり、ラスト前奥義の前にステータスをしっかり上げておきたい時に使うと良いと思います。

○HP/AP回復
HP/AP回復などはラストで打ち合いになる際に、回復に時間をかけるのがもったいないので有効ですが、それ以上に有効な奥義が優先ですので、そんなに頻度高く使う種類の奥義ではないかもしれません。

『HP回復奥義』は簡単に手に入る「増援」「妖艶乱舞」「助太刀」の中では、退却者も含むHP全快ができる「妖艶乱舞」がおすすめです。

さらにHP回復と同時に能力アップまでしてしまう「一陽来復」「天照治光」は、さらに使いやすいでしょう。マウントを取り返したい時、前衛が立ちづらい時などに使えます。参戦数が少ない時は、他の未参戦者(退却者)も立つため、他を的にしつつ、強攻撃をするというテクニックもありますが、反面相手から立つタイミングに合わせて強スキルを打たれる可能性もあるので、そういう意味ではリスクもあります。
※「天照治光」を保有する智将は他社ゲームの乖離性ミリオンアーサーのコラボ限定カードとなり、現在は手に入りません。

AP回復奥義は「深謀遠慮」「優麗甘味」の2つ。使いどころは難しいですが、合戦イベントのルールで奥義双璧などが存在する際に、タイミング良く入れる等の使い方が良いかもしれません。
※「優麗甘味」を保有する智将はイベント限定カードとなり、現在は手に入りません。

○コンボ切り防止
おもに両方とも、コンボ切りを防ぐために使われます。「天性無欲正直」は無理やり相手を立たせ、「無限の律動」は、残り少ないコンボチャンスを5分前に戻すものです。正直、発動タイミングが難しいですが、上手くハマると相手はゲンナリしますね。ラスト10分を切った時に、相手があからさまにコンボ切りを狙っていると察した際に使うのが有効です。

一定時間系

○味方攻撃力、ダメージアップ
ラスト時や、一気に追いつく際、また差を広げたい時などに攻撃力やダメージアップ系の奥義は有効です。最も人気な奥義は「迅雷風烈」です。効果も高く、応援効果もアップになるので、ラストやラスト前に有効です。
「啄木鳥戦法」は、攻撃力大幅アップと同時に防御力が下がってしまいます。また、下げスキルの効果アップにも使えるので、持っておいて損は無いです。「百錬成鋼」は、「啄木鳥戦法」の少し弱いタイプの奥義となります。「愛宕権現」は、与えるダメージが2倍になります。単純に2倍なのは脅威です。相手の応援でこちらが弱っていたり、マウントを取られてしまう状況だと効果は発揮しづらいため、前衛がマウントを取れている状況で、応援も十分であれば非常に有効といえます。
※「百錬成鋼」を保有する智将は甲鉄城のカバネリのコラボ限定カードとなり、現在は手に入りません。

味方攻撃アップ(+相手防御ダウン)奥義の効果はイメージは以下です
「十面埋伏陣」「和議強行」>「正攻法」
※ 「十面埋伏陣」を保有する智将はイベント限定カードとなり、現在は手に入りません。

味方攻撃アップ(+知攻もアップ)奥義の効果イメージは以下です
「好学の士」>「鬨(刻)の声」>「賢人秘策」

○味方防御力アップ
一定時間、味方の防御力をアップさせる奥義で、ダメージが減ります。少人数連合ならまだしも、後衛の人数が多い場合、後衛からの応援でカバーできるため、応援系奥義の方が使い勝手が良い傾向にあります。「先見の明」は、「籠城策」の上位奥義です。「秋霜烈日」は「一夜城」の上位奥義ですが、発動時間が長く効果時間が短いので使いにくいです。「封縛の符」は直接的にダメージを軽減するので、ダメージ軽減が目的なら使うのも有りかもしれません。
※「秋霜烈日」を保有する智将は他社ゲームの戦国やらいでかのコラボ限定カードとなり、現在は手に入りません。

○相手能力ダウン
相手の能力を下げること、イコール自軍の能力が相対的に上がっている形になります。そういう意味では能力アップ奥義の方が使いやすい傾向にありますが、相手の元々のステータスが高くて、相手の応援も少ない時には、能力を下げて、そのすきに攻撃を仕掛けるのも良いでしょう。「鬼謀奇策」は、「惑乱策」の上位奥義にあたります。さらに「幻縛」は、「霧中幻惑」の上位奥義になります。ともに発動時間が長く、効果時間もそう長くないので、最終的に優先度は下がってしまう奥義といえます。

○応援効果アップ
応援力が合戦の勝敗を握るといっても過言ではない合戦において、応援効果をアップする奥義は、合戦中に一度は使いたいところです。
メインとされている奥義では、味方に対する応援だけをアップする「光風霽月」と、敵に対する応援にも効果を発する「竜の右目」「慈愛の心」「大一大万大吉」があります。
効果は以下順です。
「大一大万大吉」>「慈愛の心」>「竜の右目」
味方に対する応援効果を上げるだけなら「光風霽月」が効果的ですが、「大一大万大吉」は「慈愛の心」の上位スキルで、味方応援においても「光風霽月」に匹敵するため、持っていると連合内では非常に重宝されると思います。

大よその効果目安ですが、「光風霽月」の効果はLv20で約2.5倍弱、「慈愛の心」の効果はLv20で約1.5倍強くらいのイメージです。

「一気呵成」は待機時間と効果時間ともに短いのが特徴ですが、より効果が高い「光風霽月」の方がしっかり応援に時間を使えるので、味方能力をアップすることが最大の目的の場合は「光風霽月」の方が使いやすいかもしれません。
「機知頓才」も効果が高く、味方の応援効果を攻撃と知攻の上昇に集中できるので、一気に攻撃ステータスを上げる際には有効です。

○AP消費量減少
「AP消費を少なくする」と結果として、多くのコンボも一定時間で積みやすく、AP回復にクエストに出かける時間ロスを無くすことができます。
最終的にダメージや応援効果のアップにも繋がるので、AP消費量を減少させる奥義も合戦中に一度は使いたいところです。奥義双璧(発動待ち時間終了後に効果時間が存在する「一定時間系奥義」と、発動待ち時間終了直後に効果が発動する「瞬時系奥義」の2種類を同時に使用できるルール)時は必須で使いたいところです。また、初心者のうちは中盤に使ってみるのもおすすめです。

AP消費を抑える代表3奥義のAP消費量効果は以下のイメージです。
「蝎蛇の理」>「両兵衛の神算」=「今孔明の詭計」>「兵法之極」
※「兵法之極」は、消費AP5のスキルを使用する際には実質AP消費はゼロとなるので、その際は最も消費が少ないと言えます。

「今孔明の詭計」が定番ですが、「両兵衛の神算」はさらに応援効果アップ効果もある貴重な奥義で優れものです。「今孔明の詭計」と「竜の右目」のミックスバージョンというイメージですね。「兵法之極」は、消費AP5のスキルが、実質AP消費無しで使え、発動も早いので、使い勝手は良いです。合戦開始時に使う連合が多いかもしれません。
「蝎蛇の理」はAP消費量1/3なので、コンボ数も稼げますし序盤に使うケースが多い、貴重な奥義です。ただし、受けるダメージが2倍増になるため、勝ち狙いの合戦では、相手が格上の連合だと、奥義中にダメージを大量に受けてしまい、巻き返しができないリスクも若干あるといえるでしょう。

○コンボ増加
「中国大返し」は、こちらがコンボ数で負けている際に、「攻撃」「遠距離」「応援」のコンボを+2する効果があるので、後衛が少なく、コンボ差で負けている際に、その差を詰めたい中盤に有効です。
「星火燎原」は、常に「攻撃」「遠距離」「応援」のコンボが+1となるので、コンボが一気に稼げます。さらに、補助スキル発動確率が上がるので、ダメージ増加、応援効果アップにも繋がる非常に優秀な奥義です。ただ、効果継続時間が非常に短いので、序盤、中盤あたりでタイミングよく使うと優位に合戦を進められます。

○応援効果防止
相手の応援効果を軽減する奥義です。相手の強い下げ応援スキルを受けると、一瞬にして、能力が下がり、攻撃ダメージがほとんど与えられないという状況に陥るケースもあります。
それを防止することなどに使えます。タイミングはここからが勝負という、相手が下げ応援スキルを使ってくるタイミングがベストです。

○コンボ停止
相手がコンボ増加奥義を出してきた際に、すかさずコンボ増加を防ぐための奥義です。
「四面楚歌」の方が「暗雲低迷」より待機時間が短く、効果継続時間が長いです。

○コンボ切り防止
コンボ停止奥義を停止するという奥義です。なかなか出番は無いですが、こちらのコンボが順調でそれを止めようと相手がコンボ停止奥義(例:四面楚歌)を発動してきたら、すかさず被せる、という使い方が良いです。

○計略効果アップ
全員前衛のルールや、相手の人数が多い場合、一気に効率的に相手を倒しつつ、ポイントを稼ぎたい時に有効です。

知攻アップ奥義の強さの順番は以下です。
「表裏比興」>「権謀術策」>「妙手秘策」
「六死八活」は知防も上昇させます。
「風神の構え」は連携計略の効果を上昇させるので、連携時は通常計略ではなく計略スキルを使うと良いでしょう。「天計連環」は、連携計略が続くというメリットがあります。ただし、時間内で多くの計略スキルを使うと、AP消費も激しいので使いどころも難しいです。全員前衛などでは良いかもしれません。
「暴欲の器」は効果時間が短いですが、優秀な奥義で、連携計略効果も大きく上昇させるだけではなく、補助スキル発動確率もアップするので、計略関連の補助スキルを複数セットしている場合は、より大きな計略ダメージを与えることができます。

○補助スキル発動確率アップ
補助スキルを多く積んでいればいるほど、合戦は有効になってきます。結果、前衛はダメージ増加につながり、後衛は応援効果アップにつながり、中級以上の連合では、このあたりの奥義は必ず使うケースが多く、貴重な奥義です。

「侘び寂びの心」は、定番の補助スキル発動確率アップ奥義で、補助スキルが充実している連合においては非常に有難い奥義です。中級以上の連合は多くの補助スキルを有していますが、確率発動のものも多い中、「侘び寂びの心」はそれらの発動確率がアップするので、攻撃、応援とも非常に大きな効果になって合戦を優位に進めることができます。

◯その他
「因果応報」は、ポイントを稼ぐことが必要な合戦イベントに必須な奥義で、攻撃ダメージが2倍に(代わりに受けるダメージは3倍)、相手が同時に発動すると、両者ダメージが6倍になります。合戦前に共通掲示板で、「お互い因果を合わせて出そう」という打ち合わせをする連合も見受けられます。「啄木鳥戦法」も、考え方によっては似たような使い方ができます。

ギャンブルのような奥義が「三日天下」と「千変万化」です。「三日天下」の場合、ダメージが最大6倍、最小で1/6となります。「千変万化」がダメージが最大5倍、最小で1/5となります。最大がハマれば素晴らしいのですが、なかなか使い所は難しいです、通常合戦で色々試したい、最大ダメージ記録を残したいという場合に良いかもしれません。

「偃月の型」は効果時間は短いですが、意外と使える奥義です。いわゆる騎馬系や複数相手にダメージを与える攻撃スキルの当たる相手が最大固定されます。相手が立っている時に(もしくはポイントが負けていて相手が全退却時に)4体、5体などに当たることで、ダメージが期待でき、マウント奪取や、まくる目的に使えます。また、後衛が使う応援スキルで、活気横溢や天真爛漫のように対象人数が固定されていないものも、最大数で固定されます。応援効果がアップする効果もあるので、この奥義の発動タイミングで、活気横溢や天真爛漫を使うといいでしょう。

「運否天賦」は、何が出るか分からない奥義なので、遊びで使うのが良いです。まれに、なかなか手に入らない奥義が発動することもあります。

「秘中の秘」「公事赦免令」は、合戦中の間接的目的である守護P獲得を増やす奥義です。
通常合戦中、かつ守護獣(神)を早く成長させたい時期にあえて使うケースがあります。
「秘中の秘」は守護P2倍、「公事赦免令」は守護P3倍になります。

  • ななしさん
    2018/04/01 23:23

    . Λ_Λ パンツ~ ( ´ ▽`) lづー-づ l \_/ (_)(_) かぶってみた Λ_Λ ( ´ ) (`) クサー ( ̄ ̄ ̄) l l l (_)(_)

  • ななしさん
    2018/03/31 20:11

    パンツは3日履く

  • ななしさん
    2017/06/25 00:21

    L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」

  • ちみ
    2017/06/24 16:51

    魑魅魍魎は瞬時でない_:(´ཀ`」 ∠):

  • アミーゴ
    2017/06/13 00:58

    (┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ♪(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ

  • ななしさん
    2017/02/12 10:13

    「偃月の型」は意外じゃなくて普通に強いでしょ。

ランキング

GAMY事前登録受付中

事前登録ランキング