https://gamy.jp/sangoku-haou/haou-position

【三国覇王戦記】連盟の役職

ライター

ゆきとむし
0
コメントへ

『三国覇王戦記〜乱世の系譜〜』における、連盟の役職についてまとめた記事です。連盟の役職と種類、メリットについてまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

『三国覇王戦記』おすすめ攻略情報
▶ 官渡の戦いまとめ
▶ 討伐前衛隊イベント

連盟の役職について

連盟には役職が多数ある! 

連盟は豊富な機能以外にも、役職が設けられています。役職ごとに役割が異なり、使用できる機能も違います。

役職に就けば報酬がもらえる! 

役職はやることが多くなるということで敬遠されがちですが、毎日見合った報酬を獲得できます。役職に任命されれば、多くの資源を獲得できます。

役職設定はしておいて損はありません。まだ設定していない盟主の方は、仮でもいいので設定しておきましょう。

役職 最大任命数 主な報酬
盟主 1 資源 名品
副盟主 2 資源 名品
謀士 1 資源 名品
外交官 1 資源 名品
先鋒官 3 資源 名品
斥候 3 資源 名品
太守 1 資源 都市増益増加
重臣 1~2 資源 都市増益増加

前週の連盟評価によって、入手できるアイテムが異なります。

連盟役職一覧

盟主

連盟と言えば盟主、連盟の統率者です。連盟に関するあらゆる権限を持ち、連盟の運営方針を決める最大権力者です。爵位が上がるごとにバフ効果も付き、メリットは大きいです。

その分やることが多いため、規模が大きくなるにつれて、何かと気苦労が絶えない役職です。ほかの役職に仕事を任せることで、負担が軽減されます。

副盟主

盟主の次に幅広い権限を持ちます。主な業務に全体通知、連盟宣言の変更、入団申請の受理、連盟策略の使用があります。

全体方針の通知や人事に関する権限を持つため、連盟になくてはならない役職です。面倒見の良い、ログイン率が高いメンバーを指定すると連盟を円滑に運営することができるでしょう。

外交官

外部との連絡窓口となる、連盟の顔と言える役職です。外交官は主に外部とのやり取りを担当し、連盟検索からの連絡も、盟主か外交官が担当します。

外交官が行う外部とのやり取り次第で、ほかの連盟との関係が変わる重要な役割です。ログイン率の高さと、トラブルなどが起きた際に対応できる、交渉力の高いメンバーに任せたい役職です。

謀士

連盟策略の研究や、戦略に関する各種行動を担当する役職です。全体の動きを考えて作戦を練り、戦争においては全体の指揮を執ります。重要な役割ですが、人選に迷う役職でもあります。

考えるのが好きな、戦略シミュレーションをやりこんでいるメンバーを設定すると良いでしょう。報酬が付与されるため、仮でもよいので設定しておきましょう。

斥候

敵対勢力の進軍があるかの索敵や、連盟方陣の指揮などを担当します。連盟によっては設定していない役職です。

ログイン率の高い、比較的自由が利くメンバーを設定します。敵城塞の建設位置などから敵の進軍を予測し、先回りして動ける戦略に精通したメンバーを任命すると尚良いです。

先鋒官

戦闘の最前線で指揮を執る役職です。盟主不在時に発生した戦争の指揮をしたり、目まぐるしく変わる戦場で、臨機応変に対応して動く必要があります。

自発的に行動可能で、判断力が高いメンバーを設定します。規模の大きい連盟においては、連盟方陣を設定して方陣ごとに役割を与えることで、瞬時の判断をしやすい環境を作れます。

太守

都市を占領した際に任命できるようになる役職です。都市攻撃イベントが終わり、任命されている都市の防衛が完了した時点で報酬が付与されます。通常の役職に比べ報酬量が多いです。

都市の雑兵募集が主な仕事で、仕事がほとんどない連盟も多い役職です。都市防衛時、担当するメンバーがインしているかの確認、必要に応じて人員調整などを任せると、盟主の負担が減ります。

重臣

都市限定の役職で、重臣に任命されることで、都市増益を多く受けられ、毎日報酬を獲得できます。

重臣の任命は忘れがちなので、都市の攻略に成功した当日には任命するよう心掛けます。

『三国覇王戦記』のおすすめ記事まとめ

コメント/情報提供

ランキング

GAMYガチャ実施中

事前登録ランキング