GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

【ポケモン剣盾】アイアント対策におすすめのポケモンと型|ランクバトル攻略【ポケモンソードシールド】
https://gamy.jp/pokemon-sword-shield/pkmnss-counter-durant

【ポケモン剣盾】アイアント対策におすすめのポケモンと型|ランクバトル攻略【ポケモンソードシールド】

ライター

GAMY編集部

ポケモン剣盾(ソードシールド)のランクバトルにおけるアイアント対策におすすめのポケモンを紹介しています。対策ポケモンのおすすめの型(性格、特性、技構成など)も記載しているので、ぜひポケモン剣盾(ソードシールド)の対戦攻略時にご参照ください。

アイアントの特徴

アイアント
アイアント
むし はがね
図鑑No. No.316
特性 むしのしらせ
はりきり
隠れ特性 なまけ

尖った性能を持つアタッカー

アイアントは攻撃と素早さの種族値がともに109と高く、高速アタッカーに向いたポケモンです。また、防御が高くタイプによる耐性も多いため、耐久面も弱いという訳ではありません。

ただし、HPと特防が非常に低く、唯一の弱点であるほのおタイプは4倍となっているため、 得意な相手にはとことん強く、苦手な相手にはとことん弱いといえます。

ダイマックスとの相性が最高

特筆すべきは命中率が0.8倍になるかわりに物理技の威力が1.5倍になるという特性「はりきり」です。ダイマックス中はすべての技が必中になるためデメリットがなくなり、持ち前の素早さとあわせて凄まじい突破力を発揮します。

アイアントは技範囲もそれなりに広く、先手を取れれば苦手なほのおタイプを倒すこともできるため、アイアントより素早いアタッカーが少ない現環境では非常に扱いやすいポケモンです。

おもなアイアントの型

エース型アイアント(レート1位が使用)

性格 特性
ようき
(素早さ↑特攻↓)
はりきり
努力値の配分 もちもの
攻撃+252 素早さ+252 HP+4 いのちのたま
わざ構成
アイアンヘッド / ストーンエッジ / かみなりのキバ / ばかぢから

この型の特徴と基本的な対策

特性「はりきり」の命中率が低下するデメリットをダイマックスで打ち消して、種族値109の素早さを活かして高火力を押し付けるのが基本的な戦い方です。

ダイマックス中の アイアントを一撃で倒せるほのおタイプの技を覚えた、アイアントより素早さの高いポケモンを用意しておくと、非常に対策がしやすくなります。

アイアントの対策におすすめのポケモン

※こちらに記載しているダメージ計算などは、すべて理想個体同士を想定しています。

ドラパルト

ドラパルトについて

ドラパルトは環境のトップメタといわれる非常に強力なポケモンで、どちらかといえば対策される側のポケモンです。特攻に下降補正さえかかっていなければ、どんな型でもだいもんじ1発でキョダイマックスしたアイアントを倒せるため、特別な調整をする必要はありません。

アイアントは圧倒的な突破力を持っているものの、ほのおタイプの特殊技を使うアタッカーなら簡単に対策できるという点が最大の弱点といえます。もちろんアイアント側もポケモンを交代するなどで対応してくるため、試合中の読み合いが重要となります。

おすすめの型

性格 特性
むじゃき
(素早さ↑特防↓)
クリアボディ
努力値の配分 もちもの
攻撃+252 素早さ+252 HP+4 きあいのタスキ
わざ構成
ドラゴンアロー / ゴーストダイブ / はがねのつばさ / だいもんじ

この型の強み

人気のあるドラパルトの基本的な型、両刀アタッカーです。対策のために特別な調整を必要とせず、高い素早さによりダイマックス状態のアイアントを上から確定1発で倒せます。

アイアントへの役割遂行技となる だいもんじは、ナットレイアーマーガアゴリランダーなどの環境にいるポケモンにも有効です。

与ダメージ計算

アイアントの型 攻撃するわざ ダメージ(HP割合)
H4振り だいもんじ 217.9~257.9%

ポケモン剣盾攻略情報

データ

ストーリー攻略

対戦情報

マップ情報

ランキング