GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

【ポケモン剣盾】パーティ構築とは|構築の種類【ポケモンソードシールド】
https://gamy.jp/pokemon-sword-shield/pkmnss-builds

【ポケモン剣盾】パーティ構築とは|構築の種類【ポケモンソードシールド】

ライター

GAMY編集部

『ポケモン剣盾(ソードシールド)』の初心者向け攻略記事です。ポケモン対戦(ランクバトル)の基本となるパーティ構築について解説しています。「ポケモン対戦を始めたいけれど、何から覚えればいいか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

パーティ構築とは

パーティ構築

ポケモンの強みを活かすパーティ作り

各ポケモンには「攻撃が得意」「味方のサポートが得意」といったさまざまな特徴があります。対戦をする際は、ポケモンごとの強みを活かせる役割を与えてパーティ全体の戦略を考えることで、より強い戦い方ができるようになります。

このようにしてパーティ全体を組み立てることを「 パーティ構築」といいます。

パーティ構築の基本は3種類

代表的なパーティ構築には、大きく分けて3つの種類があります。3つの構築それぞれの特徴を覚えておくことで、対戦時に相手パーティの弱点が分かりやすくなったり、自分がパーティ構築する際にも強みや弱みを理解しやすくなるといったメリットがあります。

対面構築

対面構築

攻撃力が高く、さまざまな相手に1対1(対面)で勝ちやすいポケモンを集め、なるべく交代を使わずに相手のポケモンを倒していくことを目的としたパーティ構築です。

交代が少ないぶん手数も増えるためダメージレースに勝ちやすく、攻撃的な構築といえます。

積み構築(ギミック構築)

積みエース構築

「起点作り役」と呼ばれるポケモンが補助技で有利な状況を作り、「積みエース」と呼ばれるポケモンが「つるぎのまい」などの強化技を使うチャンスを生み出すといったような、複数ポケモンの連携が中心となるパーティ構築です。

強化技を使った積みエースを止められるポケモンは少ないため、うまく決まれば積みエース1匹で相手のポケモンをすべて倒すこともできます。

サイクル構築

サイクル構築(受けループ)

相手の場に出ているポケモンに対して有利なポケモンを後出しして、自分のポケモンが倒されないことを重視して立ち回る守備的なパーティ構築です。

対面構築とは反対に、交代を繰り返して(サイクルを回して)何度も攻撃を受ける必要があるため、高い耐久力と回復技を持つポケモンに向いています。

3つの分類はあくまで基本形!

構築における大きな分類を3種類紹介しましたが、実際には3匹の積みエースがサイクルを回しながら積み技のチャンスを狙う「積みサイクル」などの複合型や、反対に極限までサイクル戦に特化した「受けループ」と呼ばれるパーティなど、さまざまな構築が存在します。

初心者のうちはパーティを組む際にも分かりやすい指針になりますが、慣れてきたら3つの分類に縛られない自由な構築を考えてみるのもいいでしょう。

初心者におすすめのパーティの組み方

①まずはポケモンを1匹選ぶ

構築1匹目のポケモン

まずは、最初のポケモンを1匹選びましょう。ポケモンの弱点はパーティ全体で補えるため、強さにこだわらず、好きなポケモンを選んでもOKです。

とくに使ってみたいポケモンがいない場合は、単純に強いポケモン(対戦でよく使われるポケモン)を選んでおきましょう。強いポケモンは勝ちやすくモチベーションが保ちやすいほか、サンプルが多いため強みや弱みが分かりやすいといったメリットがあり、対戦の基本を覚えるのには最適です。

②1匹目と相性のいいポケモンを選ぶ

構築2匹目のポケモン

2匹目のポケモンとして、1匹目が苦手な相手に有利なポケモンや、1匹目との組み合わせが強いポケモン(天候パーティなど)を選びます。ここまでの2匹はお互いの相性がいいため、組み合わせて使うことの多い「パーティの軸」となります。

初めてパーティを組む場合は、苦手なタイプをポケモン同士で補完できるように組んでおくと、サイクル(交代戦)に強く扱いやすいパーティが組みやすいためおすすめです。

タイプ相性だけでは決まらないポケモンの有利不利については以下の記事で解説しているので、こちらも合わせてチェックしておきましょう。

③軸の2匹が苦手な相手に有利なポケモンを選ぶ

構築3匹目のポケモン

ここでは、3匹目~4匹目のポケモンを決定します。お互いをカバーしあえるように軸の2匹を選んでいても、すべてのポケモンを相手にすることはできません。対策ができていない相手や、対策が薄い相手に対して強く出られるポケモンを選びましょう。

④パーティの仕上げ

5匹目~6匹目のポケモンは、1匹目と2匹目の軸が苦手な相手を意識して選びます。

とくに軸の2匹が「積み構築」などのギミックを重視した組み合わせになっている場合は、タイプ相性ではなく戦術としてのメタ(ピンポイントな対策)がされている場合もあるため、それに勝てる「2つ目の軸」を作るつもりでポケモンを選んでおくと、選出の段階で対応しやすくなります。

仕上げの段階でチェックしたいこと


パーティを仕上げる際に以下の点もチェックしておくと、より完成度の高いパーティになりやすいです。ただし、すべてを完璧に揃えたパーティを作ることは難しいため、あくまでも目安として覚えておきましょう。

■物理アタッカーと特殊アタッカーのバランス
パーティのポケモンが物理か特殊のどちらかに偏りすぎていると、片方に対しての受け能力が極端に高いポケモンを突破できなくなってしまいます。

なるべく「こうげき」が高いポケモンと「とくこう」が高いポケモンをバランスよく入れて、さまざまな相手に対応できるようにしておきましょう。

■すばやさが高いポケモンがいるか
ポケモン対戦は「すばやさ」が非常に大切なゲームです。「先手を取って相手のポケモンを倒したターンは反撃されない」など多くのメリットがあり、単純に考えれば すばやさの高いポケモンを使うとダメージレースで有利になりやすいといえます。

また、すばやいポケモンは相手の動きに合わせる必要性が薄く、まずは自分のやりたいことを優先できるため、扱いやすさの面でも優秀です。実際に対戦してみて相手に押し切られてしまうことが多いと感じたら、すばやさの高いポケモンがパーティにいるかチェックしてみましょう。

■「行動保証」を考えてみる
すばやさに関係なく行動回数を確保する(=ダメージレースを有利にする)方法として、1発で倒されないようになる特性「ばけのかわ」や「がんじょう」、持ち物「きあいのタスキ」などで、 先手を取れなくても必ず行動できる保証(行動保証)を用意しておくという手もあります。

■組んだパーティがどの構築に分類されるかを考える
自分の組んだパーティがどんな構築なのかを理解しておくと、パーティ全体として「どうやって勝つか」を考えやすくなります。

攻撃力とすばやさが高く、色々なタイプの技を覚えるポケモンが多いなら「対面構築」。軸の2匹が起点作り役と積みエースなのであれば「積み構築」。ポケモン同士がタイプ相性の補完に優れ、交代しながら苦手な相手に対応するなら「サイクル構築」になることが多いです。

とくに、5匹目~6匹目のポケモンを決める際に「1匹目と2匹目の軸はどんな構築か」を意識すると、苦手な構築の対策がしやすくなります。各構築同士の有利不利が知りたい場合は、それぞれの解説記事をチェックしてみてください。

レンタルチームを活用しよう

レンタルチーム

ほかのプレイヤーのパーティを借りられる

ランクバトルやカジュアルバトル、YY通信の通信対戦では、ほかのプレイヤーが構築し、IDを公開しているバトルチーム(パーティ)を借りてバトルができる「レンタルチーム」というシステムが用意されています。

※レンタルチームを利用するためには「Nintendo Switch Online」への加入が必要です。

初心者から上級者までおすすめ

レンタルチームには自分でポケモンを育てる手間がいらないことや、さまざまなポケモンの強みや弱みを実際に使って確かめられるなど多くのメリットがあるため、ポケモン上級者も活用しています。

また、 人気のあるレンタルチームはしっかりした構築がされているという保証があるため、初心者でも自分のプレイングだけに集中してバトルすることができます。効率よく腕を磨くには最適なので、ぜひ活用してみましょう。

ポケモン剣盾攻略情報

データ

ストーリー攻略

対戦情報

マップ情報

  • ななしさん
    3日前

    >ななしさん https://gamy.jp/pokemon-sword-shield/pkmnss-matchup 厳密に言うとここに書いてあるようにタイプ相性だけで強いとは言えないんですが、大体の基準にはなりますね タイプ相性に関しては、特性で特定のタイプが効かないとか半減とかも考慮していいと思います

  • ななしさん
    3日前

    >ななしさん 特性「ひらいしん」なので、電気技が無効という意味だと思います! タイプ相性的には「みず」「ひこう」に強いですね!

  • ななしさん
    3日前

    ピカチュウって電気タイプに強いんですか? 水飛行なら分かるんですが電気のイメージが湧かないです

ランキング