GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

【ポケモン剣盾】特性(とくせい)一覧|第八世代【ポケモンソードシールド】
https://gamy.jp/pokemon-sword-shield/pkmnss-abilitylist

【ポケモン剣盾】特性(とくせい)一覧|第八世代【ポケモンソードシールド】

ライター

GAMY編集部

ポケモン剣盾(ソードシールド)の特性と効果を一覧形式で掲載しています。また、名前をタップすることでその特性を覚えるポケモンも確認することができるので、対戦やパーティ編成の際などでご活用ください。

第八世代(ポケモン剣盾) 特性(とくせい)一覧

特性の名前(例:かたやぶり)や効果(例:こうげき)などを検索欄に入力することで、該当する特性のみを表示できます。

※この表は横にスクロールできます。
特性名 効果
ARシステム シルヴァディ専用。各タイプに対応する専用の道具を持たせることで、タイプが変化する。
アイスフェイス 1回だけ相手からのぶつり技のダメージを防いで姿が変化する。天気が「あられ」状態になると姿が戻り、この効果も復活する。
アイスボディ 天候「あられ」時、「あられ」によるダメージを受けない。さらに、毎ターンの終わり際にHPが少し回復する(最大HPの1/16)。
あくしゅう 技でダメージを与えた時、相手の確率で怯ませる(10%)。また、パーティの先頭に置くと野生ポケモンの出現率が下がる。
あついしぼう 「ほのお」と「こおり」タイプの技のダメージが半分になる。
あとだし バトル中、必ず最後に行動する。
アナライズ ターンの最後に行動した時、技で与えるダメージが1.3倍になる。
あまのじゃく 能力のランクが変化する際、上昇と下降が逆になる。
あめうけざら 天候「あめ」時、毎ターンの終わり際にHPが少し回復する(最大HPの1/16)。
あめふらし 戦闘中、場に出た時に天候を「あめ」にする(5ターン)。すでに「あめ」なら発動しない。
ありじごく この特性を持つポケモンが場に出ている間、相手のポケモンは交代できなくなる。「ひこう」タイプ、「ゴースト」タイプ、特性「ふゆう」のポケモンには効果がない。技や道具の効果による交代は可能。
アロマベール 自分を含めた味方のポケモンは「アンコール」「いちゃもん」「かいふくふうじ」「かなしばり」「ちょうはつ」「メロメロ」を無効化する。
いかく 場に出た時、相手の攻撃を1ランク下げる。また、パーティの先頭に置くと低レベルの野生ポケモンの出現率が下がる。
いかりのつぼ 急所に攻撃を受けた時、攻撃ランクが最大になる。
いしあたま 反動ダメージのある技で攻撃しても、自分はダメージを受けない。ただし、「わるあがき」は反動ダメージを受ける。
いたずらごころ 変化技の優先度が+1される。
いやしのこころ ターンの終わり際に、1/3の確率で場に出ている味方の状態異常を1/3の確率で治す。自分の状態異常は治せない。
イリュージョン 場に出るとき、姿や名前が控えの瀕死になっていない最後尾のポケモンと同じものになる。技・タイプ・各種ステータス・持ち物・特性は変化しない。技によるダメージを受けたり、特性を変えられると元に戻る。
いろめがね 「こうかはいまひとつ」の時、与えるダメージが2倍になる(1/2→1/1、1/4→1/2)。
うのミサイル 「なみのり」「ダイビング」をするとHPが50%以上ならサシカマス、50%以下ならピカチュウをくわえてくる。相手から技のダメージを受けるとくわえているポケモンを吐き出して反撃する(サシカマス:相手の最大HPの4分の1のダメージ+「ぼうぎょ」を1段階下げる。ピカチュウ:相手の最大HPの4分の1のダメージ+「まひ」状態にする)。
うるおいボイス 音波技を使用する際、みずタイプとして扱う。
うるおいボディ 天候「あめ」時、ターンの終わり際に状態異常が治る。
エアロック 天候の影響がすべてなくなる。天候自体はそのまま。
エレキスキン ノーマルタイプの技を使用する際、でんきタイプとして扱い、さらに技の威力が1.2倍になる。
エレキメイカー 戦闘に出てくると5ターンの間、場が「エレキフィールド」状態になる。
えんかく 接触技を使用する際、非接触技をして扱う。
オーラブレイク 特性「ダークオーラ」「フェアリーオーラ」の効果が逆になる(4/3倍→3/4倍)。
おどりこ 戦闘に出ているポケモンが「つるぎのまい」「りゅうのまい」「ちょうのまい」など、踊りに関する技を使用すると直後に同じ技を出す。
おみとおし 場に出た時、すべての相手ポケモンが所持している道具が分かる。
カーリーヘアー 接触技で攻撃してきた相手の素早さを1段階下げる
かいりきバサミ 相手の技や特性による攻撃ランクの低下を無効化する。
かがくのちから 場の味方が倒れると、そのポケモンの特性に変化する。
かがくへんかガス この特性を持つポケモンが場に出ていると、すべてのポケモンの特性が消え、効果が切れたり発動しなくなる。
かげふみ この特性を持つポケモンが場に出ている間、相手のポケモンは交代できなくなる。「ゴースト」タイプ、特性「かげふみ」のポケモンには効果がない。技や道具の効果による交代は可能。
かそく 毎ターンの終わり際に、素早さが1ランク上昇する。交代して場に出たターンは発動しない。
かたいツメ 直接攻撃の技の威力が1.3倍になる。
かたやぶり 相手の特性に影響されず攻撃できる。攻撃した後に効果のある特性は無視できない。
かちき 相手に能力を下げられると、自分の特攻が2ランク上昇する。一度に2種類の能力を下げられた場合、2回発動する。
カブトアーマー 相手の攻撃が急所に当たらない。
かるわざ 持ち物がなくなった時、素早さが2倍になる(ランクは変動しない)。交代したり、再度道具を得るとリセットされる。初めから道具を所持していない場合は発動しない。「バトンタッチ」では引き継げない。
かわりもの 場に出た時、正面にいる相手に「へんしん」する。
がんじょう HP満タンの時、瀕死になる攻撃を受けてもHPが1残る。HP満タンの時、相手の「みちづれ」で相打ちにならない。一撃必殺技を無効化する。
がんじょうあご 「ほのおのキバ」「かみくだく」「ひっさつまえば」などの、キバやアゴを使った技の威力が1.5倍になる。
かんそうはだ 「みず」タイプの技でダメージを受けず、最大HPの1/4回復する。「ほのお」タイプの技で受けるダメージが1.25倍になる。天候「あめ」の時、毎ターンHPが少し回復する(最大HPの1/8)。天候「ひざしがつよい」の時、毎ターン少しダメージを受ける(最大HPの1/8)。
ききかいひ HPが最大値の半分以下になった時、手持ちに戻る。野生ポケモンの場合は戦闘から逃げ出す。
きけんよち 場に出た時、相手が自分に対して「こうかはばつぐん」となるタイプの技や、一撃必殺技を持っていると「みぶるい」する。
ぎたい 場のフィールドによってポケモンのタイプが変化する。(エレキフィールド」=でんき、「ミストフィールド」=フェアリー、「グラスフィールド」=くさ、「サイコフィールド」=エスパー、フィールド効果ない=元々のタイプ)。
きもったま 「ノーマル」「かくとう」タイプの技が「ゴースト」タイプに等倍になる。
ぎゃくじょう 自分のHPが半分以下になると特攻が1ランク上昇する。
きゅうばん 強制的に交代させる技や、道具「レッドカード」の効果を受けない。また、パーティの先頭に置くと釣りの成功率が上がる。
きょううん 急所ランクが1段階上がる。
きょうせい 場の味方が道具を消費したとき、自分の持っている道具をそのポケモンに渡す。
ぎょぐん 自分のレベルが一定以上の時、戦闘中に「むれたすがた」になる。
きんちょうかん 場に出ている間、相手ポケモンの持っている「きのみ」が発動しない。
くいしんぼう HP一定値以下で発動する「きのみ」が、最大HPの1/2以下で発動するようになる。
くさのけがわ 場が「グラスフィールド」時、防御が1.5倍になる。
くだけるよろい 物理技を受けた時、防御が1ランク下がり、素早さが1ランク上がる。
グラスメイカー 戦闘に出ると、場の状態が「グラスフィールド」になる。
クリアボディ 相手の技や特性の効果で能力ランクを下げられない。
げきりゅう 残りHPが最大HPの1/3以下になると、自分が使用する「みず」タイプの技の威力が1.5倍になる。
こおりのりんぷん とくしゅ技のダメージを0.5倍にする。
ごりむちゅう 最初に選んだ技しか出せなくなるが、ぶつり技の威力が1.5倍になる。
こんじょう 状態異常の時、攻撃が1.5倍になる。「やけど」状態でも物理技のダメージが半減しない。
サーフテール 場が「エレキフィールド」の時、素早さが倍になる。
サイコメイカー 戦闘に出ると、場の状態が「サイコフィールド」になる。
さいせいりょく 戦闘中、手持ちに戻るとHPが回復する(最大HPの1/3)。
さまようたましい 直接攻撃の技でダメージを受けると、お互いのポケモンの特性を入れかえる。
さめはだ 直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手にダメージを減らす(最大HPの1/8)。
サンパワー 天候「ひざしがつよい」時、特攻が1.5倍になり、毎ターン少しダメージを受ける(最大HPの1/8)。
シェルアーマー 相手の攻撃が急所に当たらない。
じきゅうりょく 技によってダメージを受けた時、自分の防御が1ランク上昇する。
じしんかじょう 相手を技で瀕死にすると、自分の攻撃が1ランク上昇する。
しぜんかいふく 戦闘中、手持ちに戻ると状態異常が治る。
しめりけ 場に出ている間、「だいばくはつ」「じばく」が失敗する。また、特性「ゆうばく」の効果も発動しない。
しゅうかく 消費した「きのみ」が、ターンの終わり際に復活することがある(確率50%)。天候「ひざしがつよい」時はかならず復活する。
じゅうなん 「まひ」にならない。
じゅくせい 使用するきのみの効果が倍になる。
じょうききかん みずタイプ、ほのおタイプの技を受けると、「すばやさ」が6段階上がる。
しょうりのほし 自分と味方の命中率が1.1倍になる。
じりょく この特性を持つポケモンが場に出ている間、相手の「はがね」タイプのポケモンは交代できなくなる。「ゴースト」タイプ、特性「じりょく」のポケモンには効果がない。技や道具の効果による交代は可能。
しろいけむり 相手の技や特性の効果で能力ランクを下げられない。また、パーティの先頭に置くと野生ポケモンの出現率が下がる。
シンクロ 相手の技や特性によって「どく」「もうどく」「まひ」「やけど」状態になった時、相手も同じ状態異常にする。ただし、相手がタイプや特性などで状態異常にならない場合や、すでに状態異常になっている相手には発動しない。また、パーティの先頭に置くと、野生ポケモンが自分と同じ性格になりやすくなる。
しんりょく 残りHPが最大HPの1/3以下になると、自分が使用する「くさ」タイプの技の威力が1.5倍になる。
スイートベール 自分も含めた味方のポケモンが「ねむり」状態にならなくなる。
すいすい 天候「あめ」時、素早さが2倍になる。
すいほう 自分が使用するみずタイプの技の威力が2倍になる。また、ほのおタイプの技によるダメージを半減し、「やけど」状態を防ぐ。
スキルリンク 連続攻撃技がかならず5回当たる。
スクリューおびれ 特性「ひらいしん」「よびみず」と技「このゆびとまれ」「いかりのこな」「スポットライト」「サイドチェンジ」の影響を無視して攻撃できる。
すてみ 反動ダメージがある技のダメージが1.2倍になる。
スナイパー 技が相手の急所に当たった時のダメージが大きくなる(通常1.5倍→スナイパー時2.25倍)。
すなおこし 戦闘中、場に出た時に天候を「すなあらし」にする(5ターン)。すでに「すなあらし」なら発動しない。
すなかき 天候「すなあらし」時、素早さが2倍になる。また、「すなあらし」のダメージを受けない。
すながくれ 天候「すなあらし」時、相手の命中率が0.8倍になる。また、「すなあらし」のダメージを受けない。
すなのちから 天候「すなあらし」時、自分が使用する「いわ」「じめん」「はがね」タイプの技の威力が1.3倍になる。また、「すなあらし」のダメージを受けない。
すなはき 技のダメージを受けると5ターンの間、天気が「すなあらし」状態になる。
すりぬけ 相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」「しんぴのまもり」「しろいきり」「みがわり」状態を無視して攻撃できる。
するどいめ 命中率が下がらず、相手の回避率ランク上昇を無視する。また、パーティの先頭に置くと、低レベルの野生ポケモンの出現率が下がる。
スロースタート 場に出て5ターンの間は、攻撃と素早さが半分になる。5ターン目開始時か、「特性」が変化すると元に戻る。
スワームチェンジ 自分のHPが半分以下になると、「ジガルデ・パーフェクトフォルム」になる。
せいぎのこころ 「あく」タイプの技でダメージを受けると、攻撃が1ランク上昇する。
せいしんりょく 「ひるみ」にならない。
せいでんき 直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手をときどき「まひ」にする(確率30%)。また、パーティの先頭に置くと「でんき」タイプの野生ポケモンの出現率が上がる。
ぜったいねむり 戦闘中、つねに「ゆめうつつ」状態になり、ほかの状態異常にかからない。
そうしょく 自分に対する「くさ」タイプの技が無効化され、さらに自分の攻撃を1ランク上昇させる。
ソウルハート 場のポケモンが倒れるたびに、特攻が1ランク上昇する。
ダークオーラ 場に出ているすべてのポケモンが使用する「あく」タイプの技の威力を4/3倍にする。
ターボブレイズ 相手の特性に影響されず攻撃できる。攻撃した後に効果のある特性は無視できない。
たいねつ 相手の「ほのお」タイプの技で受けるダメージと、「やけど」によるダメージが半分になる(やけどダメージ:通常1/8→たいねつ時1/16)。
ダウンロード 場に出た時、相手の防御が特防より低い場合、自分の攻撃が1ランク上昇する。相手の特防が防御より低い場合、自分の特攻が1ランク上昇する。
だっぴ ターンの終了時、ときどき状態異常が治る(確率30%)。
たまひろい 1回目に投げて失敗したモンスターボールをターン終了時に拾ってくる(自分が道具を持っている場合は拾ってこない)。
ダルマモード HPが半分以下の時、「ダルマモード」になる。HPが半分以上になると元の姿に戻る。ヒヒダルマ専用で、ほかのポケモンがこの特性になっても効果はない。
たんじゅん 自分の能力のランクが変化する時、変化量が2倍になる。「バトンタッチ」で引き継ぐ際は変わらない。
ちからずく 確率で発動する追加効果を持つ技の威力が1.3倍になる。また、対象となる技を使用した時、技によって効果を発揮する道具の追加効果が発生しなくなる(いのちのたまの反動ダメージ、だっしゅつボタンの交代など)。同様に、対象技使用時は相手の特性「へんしょく」や「レッドカード」も発動しない。
ちからもち 自分が使用する物理技の威力が2倍になる。
ちくでん 自分に対する「でんき」タイプの技が無効化され、さらに自分のHPを回復する(最大HPの1/4)。この特性を持つポケモンが地面タイプの場合、特攻が上昇する効果は発動しない。
ちどりあし 自分が「こんらん」状態の時、相手の技の命中率が0.8倍になる。
ちょすい 自分に対する「みず」タイプの技が無効化され、さらに自分のHPを回復する(最大HPの1/4)。
てきおうりょく 自分と同じタイプの技を使用した時の威力補正が大きくなる(通常1.5倍、てきおうりょく時2倍)。
テクニシャン 自分が威力60以下の技を使用する時、技の威力が1.5倍になる。ただし、「ふくろだたき」「わるあがき」と、「こんらん」による自傷ダメージには影響しない。
てつのこぶし 「ほのおのパンチ」「スカイアッパー」「アームハンマー」などの、こぶしを使う技の威力が1.2倍になる。
てつのトゲ 直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手にダメージを減らす(最大HPの1/8)。
テラボルテージ 相手の特性に影響されず攻撃できる。攻撃した後に効果のある特性は無視できない。
テレパシー 味方が使用する全体攻撃技でダメージを受けない。
でんきエンジン 自分に対する「でんき」タイプの技が無効化され、さらに自分の素早さが1ランク上昇させる。この特性を持つポケモンが地面タイプの場合、特攻が上昇する効果は発動しない。
てんねん 自分が攻撃する時や、相手から攻撃されるときに、相手の能力ランク変化による補正を無視する。
てんのめぐみ 自分が使用する技の追加効果が発生しやすくなる(2倍)。
とうそうしん 同性のポケモンに対して使用する技の威力が1.25倍になり、異性のポケモンに対して使用する技の威力は0.75倍になる。自分の性別が不明の時や、性別不明の相手に対しては変化なし。
どくしゅ 自分が直接攻撃技を使用した時、ときどき攻撃した相手を「どく」にする(確率30%)。
どくのトゲ 直接攻撃でダメージを受けた時、ときどき相手を「どく」にする(確率30%)。
どくぼうそう 自分が「どく」「もうどく」状態の時、自分が使用する物理技の威力が1.5倍になる。
とびだすなかみ 自分が瀕死になった時、最後に攻撃を受けた時に残っていたHPの分だけ、相手にダメージを与える。
トレース 場に出た時、自分の特性が相手と同じものになる。相手が複数いる場合、対象はランダムで決定される。ただし、「てんきや」「マルチタイプ」「バトルスイッチ」といった一部の専用特性はコピーできない。
どんかん 「メロメロ」にならない。また、「ちょうはつ」「ゆうわく」を無効化する。
ナイトメア 「ねむり」状態の相手に、毎ターン少しダメージを与える(最大HPの1/16)。
なまけ この特性を持つポケモンは、行動した次のターン行動できない。また、「シンプルビーム」「なかまづくり」「なやみのタネ」を無効化する。ただし、「スキルスワップ」や「いえき」の効果は受ける。
にげあし 野生ポケモンからかならず逃げられる。
にげごし 自分のHPが半分になると逃げ出したり、交代したりする。
ぬめぬめ 直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手の素早さを1ランク下げる。
ねつぼうそう 自分が「やけど」状態の時、自分が使用する特殊技の威力が1.5倍になる。
ねんちゃく 特性「わるいてぐせ」や、技の効果によって道具を失わない。また、パーティの先頭に置くと釣りの成功率が上がる。
ノーガード 自分が使用する技と、自分に使用される技が必中になる。空中・水中・地中にいるポケモンや、「シャドーダイブ」「ゴーストダイブ」状態のポケモンにも命中する。
ノーてんき 天候の影響がすべてなくなる。天候自体はそのまま。
ノーマルスキン 自分が使用する技が、すべてノーマルタイプになる。変化技にも適用される。
のろわれボディ 自分を攻撃してきた相手の技を、ときどき「かなしばり」状態にして、3ターン使えなくする(確率30%)。非接触技に対しても発動する。
ハードロック 「こうかはばつぐん」となる技のダメージが3/4倍になる(2倍→1.5倍、4倍→3倍)。
はがねつかい はがねタイプの技の威力が1.5倍になる。
はがねのせいしん 味方のはがねタイプの技の威力が1.5倍にする。
ばけのかわ 1度だけ敵からの攻撃のダメージを防ぎ、姿を変える。
パステルベール 自分と味方のポケモンが「どく」状態にならない。
はっこう パーティの先頭に置くと野生ポケモンの出現率が上がる。
バッテリー 味方の特殊技の威力が上がる。
はとむね 相手の技や特性による防御ランクの低下を無効化する。
バトルスイッチ ギルガルド専用。「シールドフォルム」の時に攻撃技を選択すると、行動の直前に「ブレードフォルム」になる。「ブレードフォルム」の時に「キングシールド」を使用するか、手持ちに戻ると「シールドフォルム」になる。特性を変える効果を無効にする。
はやあし 自分が状態異常の時、自分の素早さが1.5倍になる。「まひ」状態でも素早さが1/4にならない。また、パーティの先頭に置くと野生ポケモンの出現率が下がる。
はやおき 自分の眠りターンの消費が2倍になり、早く起きるようになる。
はやてのつばさ 自分のHPが満タンの時、使用する「ひこう」タイプの技の優先度+1。ただし、優先度の上がった技は「ファストガード」の影響を受ける。
はらぺこスイッチ ターンの終わりに、「まんぷくもよう」と「はらぺこもよう」の交互に姿が変わる。
バリアフリー 戦闘に出てきたとき、敵と味方の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」の効果を消す。
はりきり 物理技の威力が1.5倍になるが、命中率が0.8倍になる。また、パーティの先頭に置くと高レベルの野生ポケモンの出現率が下がる。
はりこみ 交代して出てきたポケモンに対して、技のダメージが2倍になる。
パワースポット 味方の技の威力を1.3倍にする。
パンクロック 音を使った技のダメージを1.3倍にし、音を使った技で受けるダメージを0.5倍にする。
ビーストブースト 相手を倒した時、自分のもっとも高いステータスのランクが1段階上がる。
ヒーリングシフト 回復技の優先度+3。
ひでり 戦闘中、場に出た時に天候を「ひざしがつよい」にする(5ターン)。すでに「ひざしがつよい」なら発動しない。
ひとでなし 「どく」「もうどく」状態の相手に攻撃する時、かならず急所に当たる。
ビビッドボディ 相手のポケモンは先制技を使えなくなる。
びびり 「むし」「ゴースト」「あく」タイプの技を受けると、自分の素早さが1ランク上がる。
ひらいしん 自分に対する「でんき」タイプの技が無効化され、さらに自分の特攻を1ランク上昇させる。また、ほかのポケモンが使用する全体技以外の「でんき」タイプの技の対象を自分にする。この特性を持つポケモンが地面タイプの場合、特攻が上昇する効果は発動しない。
ファーコート 物理技によるダメージを半減する。
ファントムガード 自分のHPが満タンの時、攻撃技によって受けるダメージを半減する。
フィルター 「こうかはばつぐん」となる技のダメージが3/4倍になる(2倍→1.5倍、4倍→3倍)。
フェアリーオーラ 場に出ているすべてのポケモンが使用する「フェアリー」タイプの技の威力を4/3倍にする。
フェアリースキン 自分が使用する「ノーマル」タイプの技が「フェアリー」タイプになり、威力が1.3倍される。
ぶきよう 自分が所持している道具を使用できず、効果も発動しない。ただし、パワー系アイテム、くろいてっきゅう、メガストーンなどは対象外。
ふくがん 自分が使用する技の命中率が1.3倍になる。ただし、一撃必殺技は対象外。また、パーティの先頭に置くと野生ポケモンの道具所持率が上がる。
ふくつのこころ 「ひるみ」状態になると、自分の素早さが1ランク上昇する。
ふくつのたて 戦闘に出たとき、自分の防御のランクを1段階上げる。
ふしぎなうろこ 自分が状態異常の時、自分の防御が1.5倍になる。
ふしぎなまもり 「こうかはばつぐん」以外の技によるダメージを受けない。「どく」や天候、「ステルスロック」など、技以外でのダメージは受ける。「スキルスワップ」「なりきり」を無効化する。「いえき」「なやみのタネ」や特性「トレース」「ミイラ」は有効。
ふしょく 「はがね」タイプや、「どく」タイプのポケモンを、「どく」や「もうどく」にすることができる。
ふとうのけん 戦闘に出たとき、自分の攻撃のランクを1段階上げる。
ふみん 「ねむり」にならない。「ねむる」を使うと失敗する。
ふゆう 地面タイプの技や、「まきびし」「どくびし」によるダメージ、特性「ありじごく」の効果を無効化する。この特性を持つポケモンが「どく」タイプの時、「どくびし」を解除できない。
プラス 特性「プラス」か「マイナス」の味方が場にいる時、自分の特攻が1.5倍になる。
フラワーギフト 天候「ひざしがつよい」時、自分を含めたすべての味方の攻撃と特防が1.5倍になる。
フラワーベール 自分を含めたすべての「くさ」タイプの味方ポケモンは、相手の技や特性の効果で能力ランクを下げられない。
フリーズスキン 自分が使用する「ノーマル」タイプの技が「こおり」タイプになり、威力が1.3倍される。
プリズムアーマー 弱点タイプの技によるダメージが3/4になる。特性や技で無視されない。
プレッシャー 自分を対象に含む技が使用された時、その技のPPを1減らす。自分が使用する技は、自分の特性の対象外。また、パーティの先頭に置くと高レベルの野生ポケモンの出現率が上がる。
フレンドガード 自分以外の味方が受けるダメージを3/4倍にする。
ヘヴィメタル 自分の「おもさ」を2倍として扱う。
ヘドロえき HPを吸収する効果を受けた時、自分が受けたダメージの半分を相手に与える。
へんげんじざい 技を使用する直前に、自分を選択した技と同じタイプに変化する。
へんしょく 攻撃技でダメージを受けた時、自分をその技と同じタイプにする。自分と同じタイプの技には発動しない。
ポイズンヒール 「どく」「もうどく」でダメージを受けず、HPが少し回復するようになる(最大HPの1/8)。
ぼうおん 「ほえる」「むしのさざめき」「ほろびのうた」など、音に関連した技を無効化する。
ほうし 自分を攻撃してきた相手を、ときどき「どく」「まひ」「ねむり」のいずれかの状態異常にする。発動確率はそれぞれ10%ずつ。
ぼうじん 「どくのこな」「キノコのほうし」「ふんじん」などや、特性「ほうし」といった粉に関連する効果を無効化する。また、天候によるダメージを防ぐ。
ぼうだん 「シャドーボール」「ヘドロばくだん」「はどうだん」といった、弾や爆弾に関連した技を無効化する。「じばく」「だいばくはつ」は対象外。
ほおぶくろ 自分が所持している「きのみ」を食べた時、追加で自分のHPが回復する(最大HPの1/3)。
ほのおのからだ 直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手をときどき「やけど」にする(確率30%)。また、手持ちにいる時「タマゴ」が孵化しやすくなる(孵化歩数消費量2倍)。
ほろびのボディ 直接攻撃の技でダメージを受けると、お互いのポケモンは3ターン後に「ひんし」状態になる。交代すると効果はなくなる。
マイナス 特性「プラス」か「マイナス」の味方が場にいる時、自分の特攻が1.5倍になる。
マイペース 「こんらん」にならない。
マグマのよろい 「こおり」にならない。また、手持ちにいる時「タマゴ」が孵化しやすくなる(孵化歩数消費量2倍)。
まけんき 相手に能力を下げられると、自分の特攻が2ランク上昇する。一度に2種類の能力を下げられた場合、2回発動する。
マジシャン 技を当てた相手の道具を奪う。自分が持ち物を持っていない時は、そのまま自分の持ち物になる。ただし、「メガストーン」は奪えない。また、攻撃時に自分が「ジュエル」を発動させつつ奪うことはできない。
マジックガード 技による攻撃以外でダメージを受けない。
マジックミラー 変化技を無効化し、相手にはね返す。一度跳ね返された技を再度はね返すことはできない。また、無効・反射できない変化技も一部存在する。
マルチスケイル 自分のHPが満タンの時、攻撃技によって受けるダメージを半減する。
マルチタイプ アルセウス専用。持たせたプレートによって、自分のタイプが変化する。特性を変えたり、無効化されたり、コピーされない。プレート系アイテムを持っている時、道具を失ったり使えなくなる効果が無効になる。
ミイラ 直接攻撃を受けた時、攻撃してきた相手の特性を「ミイラ」に変える。
みずがため 「みず」タイプの技を受けた時、防御が2ランク上昇する。
ミストメイカー 戦闘に出ると、場の状態が「ミストフィールド」になる。
みずのベール 「やけど」にならない。
みつあつめ この特性のポケモンがパーティに入っている時、バトル終了時にときどき「あまいミツ」を持っていることがある。バトルには参加しなくても良いが、自分がすでに道具を持っていると発動しない。自分のレベルが高いほど発動率が上がる。
ミラーアーマー 自分が受けた能力ダウンの効果(技の追加効果も含む)を跳ね返す(自分は能力ダウンの効果を受けず、相手が能力ダウンの効果を受ける)。
ミラクルスキン 相手が使用する変化技の命中する確率が50%より大きい時、相手の変化技の命中率を50%にする。ただし、「どく」タイプのポケモンが使用する「どくどく」は避けられない。
むしのしらせ 残りHPが最大HPの1/3以下になると、自分が使用する「むし」タイプの技の威力が1.5倍になる。
ムラっけ 毎ターンの終わり際、自分の能力のいずれか1つが2ランク上がり、別のいずれかが1ランク下がる。命中率・回避率も対象に含まれるが、すでに最大ランクになっている能力からは選ばれない。
メガランチャー 「りゅうのはどう」「いやしのはどう」「はどうだん」といった、波動に関連した技の威力が1.5倍になる。
メタルプロテクト 相手の技や特性の効果で能力ランクを下げられない。
メロメロボディ 異性の相手から直接攻撃でダメージを受けた時、攻撃してきた相手をときどき「メロメロ」にする(確率30%)。同性や性別不明の相手には無効。また、パーティの先頭に置くと出現する野生ポケモンが異性になりやすくなる。
めんえき 「どく」にならない。
もうか 残りHPが最大HPの1/3以下になると、自分が使用する「ほのお」タイプの技の威力が1.5倍になる。
ものひろい 自分が道具を持っていない時、相手の消費した道具をターンの終わり際に拾って自分の道具にする。また、この特性のポケモンがパーティに入っている時、バトル終了時にときどき特定の道具を持っていることがある(確率10%)。
もふもふ 直接攻撃によるダメージを半減するが、「ほのお」タイプの技のダメージが2倍になる。
もらいび 自分に対する「ほのお」タイプの技が無効化され、さらに自分が使用する「ほのお」タイプの技の威力が1.5倍になる。交代すると元に戻る。ただし、自分が「こおり」の時は発動しない。
やるき 「ねむり」にならない。「ねむる」を使うと失敗する。また、パーティの先頭に置くと高レベルの野生ポケモンの出現率が上がる。
ゆうばく 直接攻撃で瀕死になった時、攻撃してきた相手にダメージを与える(最大HPの1/4)。
ゆきかき 天候が「あられ」の時、自分の素早さが2倍になる。また、「あられ」でもダメージを受けない。
ゆきがくれ 天候「あられ」時、相手の命中率が0.8倍になる。また、「あられ」のダメージを受けない。
ゆきふらし 戦闘中、場に出た時に天候を「あられ」にする(5ターン)。すでに「あられ」なら発動しない。
ようりょくそ 天候「ひざしがつよい」時、自分の素早さが2倍になる。
ヨガパワー 自分が使用する物理技の威力が2倍になる。
よちむ 場に出た時、相手の覚えている技が1つだけ分かる。複数の相手がいる場合も分かるのは1つだけで、どのポケモンが覚えている技かは不明。威力が一定でない技や、威力の高い技ほど優先的に予知する。
よびみず 自分に対する「みず」タイプの技が無効化され、さらに自分の特攻を1ランク上昇させる。また、ほかのポケモンが使用する全体技以外の「みず」タイプの技の対象を自分にする。
よわき 自分のHPが半分以下になると、自分の攻撃と特攻が半減する。
ライトメタル 自分の「おもさ」を1/2倍として扱う。
リーフガード 天候「ひざしがつよい」時、状態異常にならない。すでに状態異常になっている場合は無効。
リベロ 技を使用する直前に、自分を選択した技と同じタイプに変化する。
リミットシールド 自分のHPが半分以上の時、状態異常にならない。半分以下になると、姿と能力が変わる。
りんぷん この特性を持つポケモンに影響を及ぼす、相手の技の追加効果を無効にする。
レシーバー 戦闘中に瀕死に倒れた仲間の特性を引き継ぐ。
わたげ 技のダメージを受けると、自分以外のポケモンすべての「すばやさ」を1段階下げる。
わるいてぐせ 自分が道具を持っていない時、直接攻撃でダメージを与えた相手の持っている道具を自分のものにする。「ジュエル」との併用可。

ポケモン剣盾攻略情報

データ

ストーリー攻略

対戦情報

マップ情報

ランキング