https://gamy.jp/phantom_of_kill/phankill-interview-hyaxtuka-2

【ファンキル】ファンキルファミリーに4周年に向けてインタビュー!百花繚乱編

ライター

紅巴@くれは
0
コメントへ

『ファンキル(ファントム オブ キル)』で生放送の司会進行を担当されていた百花繚乱さんにインタビュー! 『ファンキル』を始めたきっかけから、『ファンキル』運営の印象や4周年に向けてのお言葉をいただきました。

ファンキルファミリーに4周年に向けてインタビュー!百花繚乱編

『ファンキル(ファントム オブ キル)』で生放送の司会進行を担当されていた百花繚乱さんにGAMYライター紅巴がインタビュー!

『ファンキル』との出会いから生放送の司会に

紅巴:「今泉P presents ファンキルにまつわる絶!セトラ」の収録お疲れ様でした!(※1) まずは『ファンキル』を始めたきっかけを教えてください。

百花繚乱さん(以下、敬称略):ありがとうございます。『ファンキル』を始めたきっかけは、自身でやっている番組に、当時『ファンキル』の広報さんが遊びに来たことですね。ゲームの紹介をするという企画だったのですが、ゲームより本人のほうが目立っていて、内容があまり入ってこなくて(笑)。そのあとゲームのことを調べて実際にプレイしてみたら、面白かったので続けていた感じですね。

紅巴:どんな経緯で公式生放送の司会を?

百花繚乱:先ほどのことがきっかけでプレイは続けていたのですが、ある日「ゲームの生放送の司会進行をやってもらえないか?」というお話がありまして。いざ内容を確認してみると、「あっあのわけのわからない人が来た時のゲームだ!」と(笑)。「ちょっと怖いな」と思いつつ(笑)、その後番組で実際に司会をさせていただきました。すごくしっかりとした内容のゲームなのですが、まぁ番組の時間は押しますね!(笑) また作っている方の人間味に初めて触れて、やっぱりいいゲームだなと再認識しましたね。

紅巴:ちなみに『ファンキル』のどこが楽しいって具体的にありますか?

百花繚乱:やはりキャラに魅力があるところじゃないですかね。プロデューサーの今泉さんとよく話す機会があるのですが、人をすごく大事にされる方なんですが、同様にキャラもすごく大事にされているのが伝わってきますね。キャラ1人1人の強さやエピソード、そのキャラについているファンの方のメッセージもちゃんと聞いて反映をさせているので、ゲームを盛り上げていくキャラクターがしっかりしているな、というのが大きな魅力だと思っています。

ユーザーとのコミュニケーションがきっかけでキャラに興味を!

紅巴:その中でも百花繚乱さんが好きなキャラっていますか?

百花繚乱:最初に好きになったのが、エロースですね! 名前大丈夫!? 名前直接的すぎない!?(笑) と思いつつ、実際に使ってみるとすごくおしとやかだったり、少し刺激的な部分もあったり。そのあと僕は割としっかりとしたタイプが好きなのもあって、フォルカスに好みが移りました。カッコいいですし、番組で声優さん(※2)と共演させていただいている影響もありましたね。それからゲームを進めていたら、今度は海上編アスカロンと出会って、この子も可愛いなと思って。海上編でだいぶ活躍してくれたので親しみがわいて……っていう感じでどんどん好きなキャラが移り変わっていますね。最近気になっているのはリットゥ。リットゥが大好きなユーザーさんと交流する機会がありまして、その彼が愛するリットゥってどういう子なんだろうというのがきっかけだったりします。ほかにもユーザーの皆さんからは、ファンイベントなどで「この子のここがいいんだよ」と教えていただくのですが、皆さん推しが違うんですよね。これだけたくさんのキャラがいて、それぞれが負けず劣らず魅力的というところからも、「しっかりしたゲームなんだな」と再認識させられますね。

紅巴:じゃあパーティー編成はエロース・フォルカス・アスカロン・リットゥとかなのでしょうか?

百花繚乱:それで言うと、エンシェントキラーズのダモクレスとラグナロクを入れています。広範囲に攻撃できて一気に片付けることができるキャラが多いですね。早く周回をしたいという気持ちもあるので効率を考えて、移動力が高く広範囲に攻撃ができるという点でエンシェントキラーズを使っています。

紅巴:そうなのですね。ちなみに現在って結構プレイヤーレベルって高いんですか?

百花繚乱:レベルは現在202なんですけれども、僕はプレイヤーのレベル上げよりキャラのレベル上げのほうに時間をかけています。僕の場合だと番組で共演する方がキャラを担当しています、という方が多いので、1体のキャラを集中して育てるというよりは、まぁ何かあった時のために、まんべんなく育てるようにしています。

紅巴:何か、とは?

百花繚乱:共演した方が、担当キャラを育てているかどうか聞いてきた……とかですね。「あのキャラは育てているのに、私のキャラは育ててくれていないんだ!」ということがないように、と(笑)。

紅巴:(笑)。そうすると主にやっているコンテンツは育成ですか?

百花繚乱:やはり一番やっているのは姫育成ですね。メタルガーデンを回っています。

紅巴:大変な点などはありますか?

百花繚乱:育て終わったあとに「姫型違うじゃん、あんだけ回ったけどまた1からかー」っていうのは結構ありますね。

紅巴:それは大変というか、あるあるですね(笑)。逆に楽しい点はどこでしょう?

百花繚乱:育成して一覧で見て、「あっここまでレベル上がったんだ! よーし、次はこことここを統合して、限界突破して、フェアリーあったから使ってより強くできる!」ってやっていって、うちの子強くなったねーっていう満足感を得てます。

紅巴:やはり育成にはオートプレイを活用されていますか?

百花繚乱:そうですね。子供がいてあまりしっかりやれる時間がないので、オートでもユニットが育ってくれるのは『ファンキル』のいいところだと思いますし、助かっています。でもたまに油断していると負けていたり。「落ちてるがなー!」っていう感じですね(笑)。「そっかここはまだこのユニットじゃダメだったか」とか。でも手動でやるとクリアできるので、運営のチームの皆さまがちゃんと難易度を考えられているなと思いますね。あ、そういえば、運営のチームの皆さまも魅力的な方が多いんですよね。

『ファンキル』の運営はキャラが濃い

紅巴:確かにそうですね(笑)。運営の方と触れ合う機会が多いということですが、『ファンキル』の運営チームってどんな印象ですか?

百花繚乱:いろんなゲーム番組に出させていただている分、いろんな運営チームと接する機会があるのですが、『ファンキル』がダントツで濃いですね! ぶち抜けていますね(笑)。初見でお話しすると「本当にあなた方ゲームを作られているのですか?」というぐらいキャラが濃い方が多いのが印象的ですね(笑)。

紅巴:一番濃い方はどなたですか?

百花繚乱:キャラが濃いって言われると、やはり今泉さんが一番ですね。彼が全部を振り回して、振り回したのもまとめるのも彼なのですごいな、という感じです。その次は木村アートディレクター。しっかりと仕事をやられている中で盛り上げることも忘れず、奥さんを愛することも忘れず、男らしさも垣間見られるところですね。

紅巴:百花繚乱さんと似ていますね。

百花繚乱:一応嫁、子供がいるという点はそうですね。だから木村さんと共感するところが多いんでしょうね(笑)。かと思ったら木村さん、急にオカマ口調になったりするので、いろいろびっくりさせられることが多いです。木村さんがデザインしている作品もパッと視覚に訴えてきて、「あっこれすごいな」っていうのが一瞬でわかるので、本人のみならず制作物までも存在感がありますよね。とそんな風に、作っている方の魅力を知ってより応援していきたくなるゲームってなかなかないので、珍しいなと思ってます。

4周年はいろいろな愛情表現でお祝いを!

紅巴:最後に4周年に向けてユーザーさんにひと言お願いします!

百花繚乱:スマホゲームで4年やろうと思ったらまぁまぁ相当なカロリー、そして労力、熱意を持ってやらないとできない部分がある中で4周年。僕は作っている方と仲良くさせていただいていますが、プレイされている方々の愛情表現も見せていただく機会があって、その中で思うのは、そのユーザーの方々の思いがないと4年もできないだろうなあということですね。これからもその愛を、運営さんだったりユーザー同士だったり、はたまた『ファンキル』を知らない人にであったりと、いろいろな人にぶつけてあげてください。また4周年記念イベントにいらっしゃる方は、今泉さんをはじめ、運営の方が今年もイベントをやって良かったと言えるくらいの笑顔をぶつけてみてはいかがでしょうか。僕も負けないように『ファンキル』を頑張らせていただきたいと思います!


百花繚乱さんありがとうございました! また「今泉P presents ファンキルにまつわる絶!セトラ」のゲスト出演もお疲れ様でした。

百花繚乱さんプロフィール

タレント。1990年1月22日生まれのA型。司会者として多くの放送に出演中。『ファンキル』では公式生放送(「ファンキルベース」「ファンキーDE ルンルンスクール」)や『ファンキル』のリアルイベントなどにも出演。また「今泉P presents ファンキルにまつわる絶!セトラ」の記念すべき初ゲスト。

注釈

※1:「今泉P presents ファンキルにまつわる絶!セトラ」の収録のあとにインタビュー。
※2:フォルカスの声優は清都ありささん。「ファンキーDE ルンルンスクール」にご出演されていました。

ランキング