https://gamy.jp/kiwami-sangoku/kiwami-Kessen-kouryaku

【極三国】雄関血戦の攻略|対策と傾向

ライター

クロア
0
コメントへ

『極三国-KIWAMI-(極三国)』における、雄関血戦の攻略と対策、傾向について紹介しています。雄関血戦にオススメの武将や、立ち回りについて細かく記載しているので、是非参考にしてください。

雄関血戦とは

「雄関血戦」とは、他プレイヤーのチームと対戦して勝ち抜いていくモードです。ダメージが次戦に引き継がれるため、メンバーを交代させないとどんどん消耗していきます。

雄関血戦オススメ武将

回復スキル持ちの武将が活躍

雄関血戦では、最大9回連続で対戦することになり、ダメージは次戦に引き継がれます。どれだけ強い武将でも回復なしではいつか倒れてしまうので、味方武将を回復できるスキルを持つ武将を編成し、メインの武将をより多くの対戦で使用できるようにしましょう。

回復スキル持ちの武将一覧

名前 入手手段 カケラ 性能

貂蝉
初チャージ報酬 60 資質1900
男性武将の対武将ダメージ+12%
群雄武将の防御+15%

華佗
イベント獲得 1000 資質2625
群雄武将の対武将ダメージ+15%
群雄武将のHP+15%

諸葛亮
イベント獲得 1000 資質2625
蜀将の武将ダメージ+15%
味方の反射+15%

雄関血戦の効率的な攻略方法

下記では回復スキル持ちの武将「貂蝉」を使用し、攻略しています。回復スキル持ちの武将は、基本的にダメージを受けないように立ち回ることがコツです。

初戦の編成と立ち回り

初戦では貂蝉を先頭に配置し、残りの枠には戦力の高い2名の武将を使用します。貂蝉の無双奥義が溜まり次第、貂蝉の無双奥義は使用せずに、ほかの武将に入れ替えて戦いましょう。

2~5戦の編成と立ち回り

2~5戦では、基本的に戦力の高い3名の武将を使用します。戦力の高い2名の武将を満遍なく使用し、HPが削られた際に貂蝉を編成し、無双奥義で回復→貂蝉の無双奥義を溜めて突破します。

6~8戦の編成と立ち回り

6~8戦では、戦力の高い2名の武将と貂蝉をなるべく温存しながら戦います。ここでのコツは、敵の戦力をギリギリ上回るように武将を編成することです。

9戦の編成と立ち回り

9戦では初戦と同じく、貂蝉と戦力の高い2名の武将を使用します。最後の戦いなので、貂蝉のHPも気にせず攻撃に専念しましょう。

コメント/情報提供