https://gamy.jp/gamism-ch/shintac-cbt-repo

最新作『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)のゲームシステムを紹介!先行CBTレポート

ライター

GAMY編集部
0
コメントへ

2019年配信予定の駆逐シミュレーションRPG『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)。いち早くクローズドβテスト版をプレイした編集部のプレイレポートをお届けします!

シンタクPH

『進撃の巨人』に、最新スマートフォン用ゲームが登場! ディー・エヌ・エーより2019年配信予定の『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)は、ストーリーを追体験しながらプレイできる駆逐シミュレーションRPGとなっています。ゲーミズムch編集部では、『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)のクローズドβテスト(CBT)版を一足早くプレイ。本作のポイントや気になるゲームシステムをご紹介していきます!

『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)とは? 迫り来る巨人を駆逐せよ!

シンタクPH

『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)は、スマホ縦向きでプレイするゲームとなっており、調査兵団のエレンら『進撃の巨人』おなじみのキャラクターたちを操作して、迫り来る巨人たちを撃退していくというのが基本的な内容です。それぞれのユニットごとにタイプやコストが存在し、対する巨人の種類や戦況に応じてどのユニットを配置していくかなど、気軽に戦略的要素も十分楽しめます。

シンタクPH

エレンの巨人化能力など、一気に攻勢をかけられる「SPスキル」もユニットごとに存在。忠実に原作の内容が再現されているので『進撃の巨人』ファンはもちろんのこと、ゲームから大人気作に触れてみようという方も、どっぷりとその世界観に触れることが可能です!

シンタクPH

ストーリーはTVアニメ版をベースにテンポよく進行していくので、物語を追体験しながらゲームを楽しむことも! それでは『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)のゲームシステムや序盤の流れ、進めていく上でのポイントなどをまとめていきましょう。

ゲームシステムはシンプル! 大事なのは的確な戦況判断とユニットの育成

シンタクPH

さて、まずはゲームスタート直後のチュートリアルから本作の具体的なゲームシステムを紹介していきます。ユニットにはそれぞれ「進撃型」「迎撃型」「突撃型」という3つのタイプが存在。戦闘の主力となるのは巨人に対して自動で攻撃を行っていく「進撃型」となります。迫り来る巨人の動きを止めたり広範囲攻撃を行える「迎撃型」ユニットは、主に拠点近くに配置して守りを固めるのが得意。「突撃型」はターゲットの巨人に対して強力な攻撃を行えますが、任務が終わると即帰還してしまう一撃必殺の切り札的存在となります。

シンタクPH

ユニットには配置するためのコストが必要となり、戦闘画面のユニット左上に表示。これは「AP」と呼ばれ、時間経過で回復する「AP」を消費してユニットを次々に配置していくことに。主に「進撃型」の「AP」は高く、反対に一撃離脱の「突撃型」は低いなどユニットごとに基本的な数値は異なります。

シンタクPH

「進撃型」ユニットをまず配置していき、巨人と戦闘。ある程度優勢になったタイミングで「迎撃型」で守りを固めたり、「突撃型」でさらに一気呵成に攻めていく、というのが基本的な戦略に! 倒されたユニットは本拠地に戻り再度配置することもできますが、巨人にとらわれてしまいゲージの一定時間が経過してしまうと、その戦闘中は復帰不可能に……! 味方が捕らわれたときは落ち着いて「突撃型」で攻撃し、救出をしていくのも大事なテクニックです。

シンタクPH

追い詰められたピンチのとき、最後にフィニッシュを決めたいときは「SPスキル」の出番。ゲージがたまるとユニットアイコンが光り、「SPスキル」の使用が可能となります。強力な範囲攻撃を繰り出せるなどユニットごとキャラクターごとの切り札を駆使して、巨人を殲滅していきましょう!

シンタクPH

戦闘の敗北条件は、迫り来る巨人を制圧できず本拠地が攻撃されてゲージがなくなり破壊されてしまうこと。多少のダメージであれば本拠地も耐えられるので、押し切られそうになったとしても「SPスキル」で一掃したり「突撃型」で各個撃破していくなど打開策は豊富。「進撃型」ほかユニットは配置後に自動で行動してくれるので、新たな巨人がどこから出現するかなど、プレイヤーは状況の見極めと配置に集中していけば大丈夫です!

シンタクPH

基本的な操作方法などのチュートリアルが終了すると、いよいよガチャの時間! 「進撃型」の星4エレンや「突撃型」の星4アルミンなどは初期から入手可能。

シンタクPH

最初に引けるガチャは自分の好きなユニットが入手できるまで何度でも引き直しができるので、好きなキャラクターが出るまで粘るもよし、強力な星5ユニットが引けるまで頑張るもよしとなっています。

シンタクPH

ガチャを引く際にキャラクターのカットインが入ると星4や星5の期待値がアップ! さらに攻撃をしかける巨人の種類によっても、高レアリティユニットの排出が確定するか決まるようです。ゲーミズムch編集部的にはミカサ狙いで引き直し。見事10回程度の引き直しでお目当ての星4「ミカサ・アッカーマン」をゲットしました!

シンタクPH

ゲットしたユニットもデッキ編成し、ストーリーを進めていきます。序盤はユニットを配置していくだけでも十分に戦えますが、徐々に巨人のバリエーションも増えていき、ゴリ押しでは苦戦することも。特に移動スピードが早い巨人は、「進撃型」ユニットでは対応できず一気に本拠地まで侵攻してくる、という状況が発生しがち。最初は慌ててしまいますが、そんなときは落ち着いて「突撃型」ユニットで迎撃していけば大丈夫。余裕があれば事前に「迎撃型」ユニットを本拠地近くに配置しておくことで侵攻を食い止めることも。

シンタクPH

システムにも慣れてきてストーリー第1章を順調に進めていきますが、さすがに各章ごとに立ちふさがるBOSS巨人は強敵……! はじめて挑んだときは押し切られてしまい手痛い敗北を喫することに。

シンタクPH

そもそも各話数にて出撃する際は、ユニットのデッキ全体の平均熟練度と挑む際の推奨値の情報が。この熟練度を全体的に上げていかないとストーリー攻略はむずかしいので、しっかりと使用するユニットの強化を行っていきましょう!

シンタクPH

メイン画面から兵舎に進み、そこから各キャラクターの能力をアップしていくことが可能です。基本的なステータスをアップさせる「性能強化」と「熟練度強化」にわかれており、『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)で重要になってくるのは「熟練度強化」。ユニットごとに必要な素材は、プレイを進めていくことで達成できるミッションやステージクリアごとのドロップなどで入手可能。熟練度をあげていくことで攻撃力や移動スピードなどがアップするので、メインで使用するユニットの熟練度は必ず上げていきましょう。

シンタクPH

熟練度強化素材や、レベルアップに必要なユニット経験値を効率的に稼げるデイリークエストも実装。1日に挑める回数の制限があるので、毎日忘れずにこなして強化することで、徐々にデッキ全体のステータスや熟練度も上昇していきます。特にユニットレベルだけを上げればいいというわけではないので、忘れずに「熟練度強化」も行うようにしましょう!

シンタクPH

ユニットも各個強化して、第1章のBOSSにリベンジ! 多少推奨熟練度には達していないものの巨人の足を「突撃型」ユニットで攻撃して部位破壊をして動きを止める、巨人の出現パターンを覚えておいて出てくるタイミングで「進撃型」ユニットなどを配置する、といった戦略テクニックを駆使して撃破に成功しました!


少し敵が強いステージも戦略次第で攻略できる面白さが『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)の魅力だと感じます。ちなみに編成は「進撃型」と「突撃型」をメインにして、多少押し込まれてもパワーで削りきるデッキに。各ステージでは、ほかのプレイヤーのユニットを1体連れていくことができるので、自分の編成の弱点を補ったりより特化した編成にすることも、戦略の1つになりそうです。

シンタクPH

全体的に強力な巨人が出現する第2章も進めていきBOSS戦に。本拠地前の攻防となりましたが、「突撃型」を連続で配置して足を部位破壊。その隙に「進撃型」とさらなる「突撃型」の波状攻撃で迎撃に成功しました! もちろん挑む際に経験値稼ぎ周回をしましたが、オートプレイもできるのでサクサク進めることも可能。ポイントなのは、オートプレイ中でも配置したいユニットがいたら割り込んで操作できること。通常オートプレイでは押されてしまうような微妙な難易度のステージも、この機能で快適に周回することができました。

シンタクPH

どんどんストーリーも進んでいき、気がつけば世界観にどっぷりとハマってしまうこと請け合いな『進撃の巨人TACTICS』(ゲキタク)。まもなくCBTが行われるほか、下記の公式サイトにて本作の事前登録が受付中です。いち早く事前登録をして、正式配信をお待ちください!


※本記事はディー・エヌ・エー様より事前に借り受けた端末を使用してCBTをプレイして制作しております。


©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 ©DeNA Developed by KAYAC

ランキング