GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/gamism-ch/Jikkyo-kinkoku-19

金曜ゲームショー! 〜第2シーズン開幕!番組後半はパワプロアプリ!〜【第19回】

ライター

GAMY編集部

「FRESH! by AbemaTV」で大人気のゲーム実況チャンネル「金曜ゲームショー!」第19回目の放送。その模様をお伝えします。

初めてギャラを手にしたガイモンさんは喜びの表情

今週のオープニングでは、これまで配信で行われたさまざまなゲームの対戦結果によって、ガイモンさんが全キャラ缶集めを達成したことで、3万円分のitunesカードが贈呈されました。

初めて貰ったギャラに興奮するガイモンさんに対して、sasukeさんが「その3万円賭けて、コヨーテで勝負しようぜ」と提案しましたが、ガイモンさんはやんわりと拒否します。

それにしても、先週の18回で行われたボードゲーム、『コヨーテ』がよっぽど面白かったのか、sasukeさんは今週もそのネタを引っ張っていたのが印象的でした。

第1部は、『モンスト』でメンバー4人が協力プレイ

第1部では、『モンスト』の「新超絶クエスト魂の牢獄を愛でし木の闘神」を、メンバーで協力しながらクエストクリアを狙います。

また、今回はコスケさんがクエストの内容や、コツを視聴者に解説しながらプレイしてくれました。

たまねぎの即死攻撃に気をつけながら、敵を倒していきます。

そして、コスケさんの指示通り、今回のクエストクリアの鍵を握る地雷を集めながらプレイしていくメンバーたち。

コスケさんがメンバーの舵取りをしながら、20分近くかけて中ボスのステージまでは来たものの、既に集めた地雷を使い切りつつあるため、ピンチに陥ります。

なんとかSSを使いながら凌ぐメンバーたち。しかし、最終的には即死攻撃持ちである、たまねぎの処理が間に合わずゲームオーバーになりました。

全滅したため、良いところを見せられなかった4人でしたが、直前に「FRESH! 」がメンテナンスに入ってしまいます。

しかし、そのおかげで、視聴者にリアルタイムで負けてしまった場面だけは見られずにすんだため、メンバーは安堵の表情を浮かべていました。

第2部は『パワプロ』のサクセスでSランクキャラを目指す

「FRESH!」のメンテナンスがあったため、やや押し気味ななか始まった第2部の内容は、スマホ版の『パワプロ』のサクセスで、Sランクのキャラを育成する内容です。

通常のストーリーと違い、ブレインマッスル高校のサクセスには、ブレインミックス機能があります。

ストーリー中に追加される「乾電池」を使って、ブレインミックスを行い得意練習を入れ替えることで、獲得経験値を上昇させるなど、さまざまな恩恵を受けることができる点が特徴です。

また、今回は特別ルールがあり、完成したキャラクターのランクに応じて罰ゲームがあります。

しかし、見ての通りCキャラ以下の罰ゲーム以外は、罰ゲームというよりご褒美に近いです。

むしろ、Sランクは何も得るものがないので、AとかBキャラを狙ったほうがいいようにも見えます。

こうして始まった『パワプロ』ブレインマッスル高校サクセスですが、早速、最初の練習試合がやってきました。

試合開始前には、配信スタッフでありながら、このゲームをかなりやり込んでいるAO木さんが、「本番に備えて強振で打ってください」との指示が出たため、メンバー全員がミート打ちができない状態で打撃を行わないといけません。

しかし、そんな制約があるなかで最初の打席に立ったコスケさんは、『パワプロ』経験者の強みを活かして、いきなりフェンス直撃のヒットを打ち周りを驚かせます。

続いて打席に立ったのは、ガイモンさん。しかし、『パワプロ』未経験のプレイヤーなので、操作にとまどいながらプレイしているうちに、あっという間に空振り三振で終わってしまいました。

練習で低下した体力を回復するために、デートを行うコスケさん。

しかし、ここでsasukeさんが、「コスケさんの学生時代は、そりゃあねえ? デートの選択肢いっぱいあったんだろうけどねえ」と言ったことが発端で、なぜか話題は、コスケさんの学生時代の恋愛の話になります。

しかし、ガイモンさんから「コスケは田舎で育ったから、どうせジャスコでしょ! ジャスコ!」と言われてしまいました。

それに対してコスケさんは、慌てて弁明しようとするものの、sasukeさんから、「いいから早くやれよ!」と突っ込まれてしまい、ここでも弄られキャラ全開のコスケさん。

そして迎えた、夏の甲子園地区予選大会1回戦ですが、最初の打席でsasukeさんがいきなりホームランを放つなどして圧勝しました。

ちなみに2打席目に打席に立ったガイモンさんは、2試合連続で空振り三振という不甲斐ない結果に、視聴者からも暖かい煽り?が飛んでくる始末したが、本人は「もうちょっと練習すれば打てる」と言っていたので期待しましょう。

また、3打席目を担当したとうふさんは、バックスクリーンに153メートルのホームランを放ち、メンバーから「こんなの打ったら即プロでしょ」と言われるほどの、凄まじい飛距離を叩き出していました。

そして、地区予選決勝では、今回のサクセス配信のパーソナリティーでもあるコスケさんが最初の打席に立ちました。

結果は、打った瞬間の大飛球で、本人も隣のsasukeさんにスマホを渡して余裕の表情でしたが、またしてもフェンス直撃のヒットです。

しかも、3塁まで強引に走った結果、アウトになってしまい唖然としているコスケさん。

その後、またしてもsasukeさんにホームランが飛び出し試合には勝利しましたが、2回勝っただけで甲子園に行ける今回の『パワプロ』に全員が驚いていました。

甲子園1回戦では、コスケさんに待望のホームランが出るなど、一時は余裕のムードが漂っていましたが、その後、味方の投手が打たれて逆転負けしてしまいます。

ただし、今回は時間の関係で、プレイヤーの打席以外はすべてスキップしていたので、すべて自分で操作することができれば、また違った結果になったかもしれません。

しかし、結果として甲子園は1回戦敗退なので、果たして高ランクのキャラになったのか全員が不安になっていました。

甲子園も終わり、後はキャラのランクが発表されるだけです。その前に、残った経験値を限界まで使ってキャラのステータスを上げておきます。

特に、パワーなどのステータスは高評価の材料になるようなので、優先的に強化していくこすけさんです。

しかし、解説のAO木さんは、「ちょっと危ういです」と、完成したステータスに疑問の声をあげていました。

やはり甲子園1回戦負けで、ステータスを上昇させるための経験値を最大限に獲得できなかったのが響いているようで、キャラの能力は平均的です。

運命の総合評価の結果は、なんとS2ランクでした。まさかの結果にメンバーも驚愕の表情を浮かべます。

sasukeさんにいたっては、「こんなんでSランク行けるんだったら、俺たちも野球始めない?」などと言う始末です。

ゲームの野球と、リアルの野球は違うというのは置いておいて、完成したキャラクターは、CやBなど微妙なステータスでありながらSランク以上になったのは凄いといえるでしょう。

やはり、序盤からAO木さんの指示のもと、ステータスの優先順位や、獲得する特殊能力を厳選したことが、大きいと言えるのではないでしょうか。

来週は、『妖怪ウォッチぷにぷに』をプレイするようです。リリースされてまだ間もないゲームなので手探りだとは思いますが、人気タイトルの新作ということで期待できるでしょう。

放送詳細

■出演者
ガイモン
コスケ
sasuke
とうふ

■スタッフ
ガミキー(MCアシスタント)
ゴミ山地球(ディレクター)
ザコ塚(ディレクター)

■クレジット
番組協力:GAMY
企画/制作:渋谷クリップクリエイト

チャンネルフォローはこちらまで

生放送を見逃さないように、チャンネルをフォローして番組の配信通知を受け取りましょう! 

ランキング