https://gamy.jp/fate-go/fgo-twopartsservant05

【FGO】第2部アーチャーの真名予想

ライター

Apple
2
コメントへ

『FGO(Fate/GO)』の第2部アーチャーの真名予想をまとめた記事です。CMに登場した第2部アーチャーはどんなサーヴァントなのか、どこのサーヴァントなのかの予想をまとめた記事です。

第2部アーチャーとは?

第2部アーチャーの特徴

特徴その1 印象的な軍服
特徴その2 「言ったことになっている」というセリフ
特徴その3 背後の造形物(大砲?)

出典: YOUTUBE

声優は日野聡

第2部のアーチャーの声優は、日野聡さんです。日野さんは、『灼眼のシャナ』の「坂井悠二」や『ゼロの使い魔』の「平賀才人」役などで知られています。他にも代表作と呼べる作品は数多く存在し、ナレーターや歌手としての活動でも活躍している。マルチな声優さんです。

真名予想:ナポレオン

ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家とされている人物です。10歳で陸軍学校に入学し、15歳でパリの士官学校に入学。非常に優秀な成績を収め、わずか11ヶ月で卒業するという成績を残しています。

1795年に起こったパリ市街地の暴動にて大砲を使いこれを鎮圧。その功績で将軍となりました。その後イタリア方面軍の指揮官に任命された彼は連戦連勝を収め、オーストリアを打ち破ります。

その後フランス軍はイタリア北部に領地を獲得し、祖国を守ったナポレオンは英雄と呼ばれるまでになりました。

根拠1:特徴的な軍服 

まず一番印象的なのはやはりその特徴的な軍服でしょう。この軍服はフランスの大陸軍の物と酷似しています。そのことからも革命期のフランスの軍人・政治家であるナポレオン一世の可能性が高いです。

また、「呼んだかい?あぁ呼んだよな?言わんでもいいぜ。ま、そいつも俺が言ったことになってるらしい。」というセリフからも数々の名言・格言を残した人物なのではないか? ということが考えられます。

その中でも一際有名なセリフが「吾輩の辞書に不可能という文字はない。」です。実はこの名言は本人が口にした言葉ではなく、後世の創作だったのではないかという説が存在します。「そいつも俺が言ったことになっているらしい」というセリフと非常にかみ合っています。

根拠2:大砲のような造形物 

彼はパリの陸軍士官学校に入学した際に、専門として砲兵科を選択しており、後に大砲を用いた戦術で大きな功績を残しています。そのため、彼の手にする大きな鉄の塊は砲台ではないかと予想されます。

真名予想:グスタフ・アドルフ

グスタフ・アドルフは北欧の強国スウェーデンの国王です。10代で王位を継承した彼は、またたくまにバルト海周辺を制覇し、「北方の獅子」と称されます。

その後、ドイツ30年戦争に干渉し、スウェーデン軍を率いて活躍しますが、ドイツ最強の傭兵部隊を率いるヴァレンシュタインとの死闘を繰り広げて戦死します。

彼の率いていた軍は「三兵戦術」と呼ばれる騎兵・歩兵・砲兵を効果的に組み合わせたもので、当時としては驚異的な火力と機動力を実現しています。

  • ななしさん
    2018/07/22 03:16

    グスタフ・アドルフってあれじゃろ ド近眼が過ぎて間違えて敵陣に戻った結果殴り殺されたスウェーデン王

  • 名無しさん
    2018/03/25 21:04

    オーストリアがオーストラリアになってるし

ランキング