https://gamy.jp/fate-go/fgo-mardercase-003

【FGO】虚月館殺人事件ストーリー解決編まとめ(ネタバレ注意)※随時更新

ライター

魔豚アーチャー
0
コメントへ

『FGO(Fate/GO)』の期間限定イベント「虚月館殺人事件」の解決編ページです。ネタバレを多分に含んでいるので未プレイの場合はご注意ください

注意:本記事は「虚月館殺人事件」のネタバレを含みます

注意:本記事は「虚月館殺人事件」のネタバレを含みますの画像

虚月館殺人事件解決編

その9 ワトソン役は自分の思考を読者に隠してはいけない

「mom」のダイイングメッセージを手掛かりにホームズは推理を進めます。まず、クリス殺害時刻にアリバイのあった人物を順番にのぞいていき、ドロシー、ハリエット、エヴァ、ジュリエットの4人にまで容疑者を絞ります。

そこから、ローリーを探しに行ったドロシーを除外し、「双子の妹と一緒にいたジュリエット」も除外します。残るはエヴァとハリエットですが、そこでホームズは意外な人物を指し示します。

その10双子や一人二役の存在は予めフェアに提示されていなくてはならない

マシュが主人公から聞いた話で作った相関図では、エヴァが「母」でハリエットが「妹」でしたが、これは大きな錯誤でした。会話からホームズはエヴァが「妹」でハリエットが「母」であることを指摘します。

なぜこのような錯誤が生まれたかを語る新宿のアーチャーとマシュ。それは登場人物がサーヴァントに置き換わったことによって生まれた勘違いでした。エウリュアレの外見を持ったハリエットを主人公は無意識に「妹」と判断したことから、ハリエットがアダムスカの妻であることを見抜けなかったのです。

ハリエットの動機は、「自分の娘とアーロンの息子の結婚」にありました。ハリエットはかつてアーロンと不倫関係にあり、その時に生まれたのがジュリエットとエヴァだったのです。

このまま婚約が進めば、父親違いの兄妹が結婚することになります。それを恐れた彼女は、アーロンの息子たちを順番に殺害していったのです。

真相を語り、ハリエットは隠していた毒をあおります。犯人が自殺し、虚月館殺人事件は幕を下ろすのでした。

ケインは偽っていたことを家族に明かし、ヴァイオレット家の長男としてゴールディ・ヴァイオレット家を支えることを宣言します。そして、傷心のジュリエットを慰めた主人公は、ホームズとともにカルデアへと帰還するのでした。

登場人物の顛末(ネタバレ)

ゴールディ家
フィン
アーロン
ゴールディ家当主
婚約中止の脅迫状を受った。若い頃は浮名を流し、アンやハリエットと関係して子供を作っている。
マリー
ドロシー
ゴールディ家。後妻でローリーの母
天真爛漫な女性だが、モーリスやローリーを気にかけていた。

モーリス
ゴールディ家。前妻の子
粗暴なところがあり、ハリエットの罠にかかって犯人に仕立て上げられ殺害される。

ローリー
ゴールディ家。ドロシーの娘
いたずら好きでネックレスを隠す。ケインと仲がよく、隠れんぼをしていた。

シェリンガム
アーロンが雇った名探偵
脅迫状の件をかぎつけ、自力で虚月館を突き止めるなど、驚異的な推理力を持つが、その正体は事件を前もって感知していたホームズ本人
ヴァイオレット家
ランスロット
アダムスカ
ヴァイオレット家当主
ゴールディ家と同盟して外敵に対抗とするあまり、娘たちを犠牲にしようとしていた。
ステンノ
ジュリエット
アダムスカの娘。双子の妹がいる。
主人公とは大学のゼミ仲間。婚約に乗り気ではないが、責任感が強い
源頼光
エヴァ
ジュリエットの家族。母性を感じさせる女性
サーヴァントと外見が置き換わったために錯誤されたが、ジュリエットの双子の「妹」

ハリエット
ジュリエットの家族。ジュリエットとよく似た風貌
エヴァと同じく錯誤で妹に見えるがジュリエットの「母親」。アーロンの子との近親婚を避けるために殺人を繰り返した犯人
メフィスト
ケイン
ヴァイオレット家の長男。ハイスクールに上がる年齢
家を継ぎたくないために自分を偽っていた。主人公を犯人だと推理して襲撃する

ホーソーン
ヴァイオレット家の主治医
二十年間ヴァイオレット家に仕えている
マーブル商会
ジャガーマン
アン
マーブル商会のナンバー2
アーロンとかつて関係があり、クリスを生んでいる。
新宿のアサシン
マーブル商会のナンバー5
分身など基本的になんでもありのスーパー東洋人

クリス
マーブル商会見習い
アーロンとアンの息子。ゴールディ家に迎えられるがその日の夜に殺害される

コメント/情報提供

ランキング