https://gamy.jp/fate-go/extra-CCC-netabare

PSP用ゲーム『Fate/EXTRA CCC』シナリオまとめ(ネタバレ注意)

ライター

リューヤ
0
コメントへ

みんな大好き赤ランサーこと、エリザベート・バートリーの初登場作品となった『Fate/EXTRA CCC』(フェイト/エクストラ シーシーシー)のストーリーを紹介。ファンを沸かせたコミカルなシーンも、ピックアップしていきましょう!

『Fate/EXTRA CCC』とは?

シナリオ担当の奈須きのこ氏曰く、「女の子に襲われたり襲ったりする思春期恋愛RPG」。それが、『Fate/EXTRA』の続編として2013年にPSPで発売された『Fate/EXTRA CCC』です。主要制作陣は前作と同じで、キャラクター監修は武内崇氏、キャラクターデザインはワダアルコ氏、プロデューサーは新納一哉氏。前作より迷宮探索の要素が強くなった一方で、奈須氏の言葉通りの際どいイベントや露出度の高い追加衣装などが豊富に用意されているせいもあり、年齢制限のレートが12歳以上対象から17歳以上対象と、前作より高くなっています

前作との違いはほかにもあって、仲間にできるサーヴァントが1人追加されています。前作の3人――セイバー(ネロ)アーチャー(「正義の味方」の概念を具現化した名無しの英霊。モデルはエミヤ)キャスター(玉藻の前)に加えて、本作では何と英雄王ギルガメッシュを召喚することができるのです。
また、前作ではエンディングがほぼ1種類しかなかったのに対し、本作には複数の結末が用意されているのも見逃せないポイント。前作エンディングとほぼ同じノーマルエンディング、ペアを組める4人のサーヴァントとの個別エンディング、物語の謎がすべて明らかになるCCCエンディングがありますので、繰り返し何度も楽しめますよ!

さらに本作は、シナリオのギャグ要素が前作よりも強く、シリアスなシーンとの落差が激しいという特徴も。特にエリザベートは弄られキャラとして大活躍で、セイバーorアーチャーorキャスターをサーヴァントに選んでいると処女であることを見破られて真っ赤になって逃走するイベントが、そしてギルガメッシュをサーヴァントにしていると彼の全裸を見せ付けられて逃げ帰るイベントが楽しめます。英雄王マジ鬼畜。これら登場人物たちの暴走っぷりから、本作は続編ではなくファンディスクだと見る向きもあります。

では、以下で本作の真エンディングであるCCCルートのシナリオをご紹介していきましょう。例によってネタバレには配慮していませんので、これからプレイする予定の方は十分ご注意ください。

『Fate/EXTRA CCC』シナリオまとめ

聖杯戦争本戦の最中、主人公は保健室を任されているNPC間桐桜を助ける。その後、月海原学園には平穏な時が流れていたが、突如として黒い影の襲撃という異常事態が発生し、主人公は追いつめられるもののサーヴァントの声を聞き窮地を脱する。しかし主人公が次に目覚めたのは月海原学園の旧校舎であり、そこは聖杯戦争では使用されていない月の裏側の領域なのだった。そこにはレオナルド主従や間桐桜をはじめ、幾人かのマスターとサーヴァント、NPCたちが漂流していた。主人公たちは聖杯戦争への復帰のため、協力して月の裏側からの脱出を図る。

旧校舎の校庭には「サクラメイキュウ」というダンジョンが広がっていた。そこを突破すれば月の表側に帰還できると判明し、主人公はその迷宮の探索へと赴く。しかしそこには自らを月の女王と称する遠坂凛が新サーヴァント・ランサーを従えて立ちふさがる。主人公は、旧校舎に辿り着いていたマスターの一人・殺生院キアラの協力を得て凛を破り、正気を取り戻す。そしてその直後、事件の黒幕である、間桐桜によく似た少女・BBが姿を現す。BBはムーンセルの聖杯としての力を握り、地上を滅ぼそうとしていたのだ。

BBによって洗脳されていた凛と、続いて救出したラニ=Ⅷを味方に加えた主人公たちであったが、彼らの前にBBが再び立ちふさがる。BBは万能とも言える強力な権能を主人公に見せつけ、さらに英霊複合体であるアルターエゴを従えていた。その内の一人・パッションリップを激闘の末に破る主人公であったが、その際に味方のマスターの一人ジナコ=カリギリがBBによって捕えられてしまう。ジナコ擁する強力な英雄・カルナとの血戦を制した主人公はついにBBを追い詰めるが、満を持して駆けつけたレオナルドとガウェインの主従をBBは破ってしまう。そして主人公もBBによって監禁状態に置かれてしまうが、密かに暗躍していたユリウスの活躍によって旧校舎への帰還を果たす。

3度に渡って主人公と対峙したランサーを破り封印した主人公たちであったが、次の階層では2体目のアルターエゴ・メルトリリスに苦戦を強いられ、その最中でキアラが退場する。しかし間桐慎二の命を賭した活躍によって活路を見出し、メルトリリスを退ける。強力な権能を持つBBに対抗するため、主人公たちはサーヴァントの力を覚醒させるためにその電脳体へと入る事になる。改心したランサーの協力も得てサーヴァントを強化することに成功した主人公は、いよいよサクラメイキュウの最深部へと足を運ぶ。それは滅びに向かう世界のためでもあり、主人公を想うがために狂ってしまった桜、BBを助けるためであった。

中枢で待ち構えていたBBであったが、主人公の誠意を受けて改心する。しかしそれを良しとしなかったのは死んだはずの殺生院キアラとそのサーヴァント・アンデルセンであった。キアラこそが桜を狂わせた原因を作った張本人であり、今回の事件の真の黒幕だったのだ。BBの権能を吸収して魔性菩薩へと変化を遂げたキアラは圧倒的な力で主人公たちを追い詰めるが、吸収したはずのBBの主人公への想いが障害となり、主人公に敗れ果てる。主人公は、崩壊するサクラメイキュウをサーヴァントの、そしてBBの協力を得て無事に脱出し月の表側へと帰還するのだった。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/EXTRA#Fate.2FEXTRA_CCC

以上がCCCルートのあらすじ。真の黒幕であるキアラ・アンデルセン組がラスボスになるのはこのルートだけで、ノーマルエンドや各サーヴァントの個別エンドではムーンセルと合体したBBとの戦いが最終戦となります。
なお、本作は前作で行われた月面聖杯戦争の6回戦開始前に起こった出来事。ノーマルエンドの場合、月の表側に戻った主人公やサーヴァントたちは今回の事件の記憶を失って再び月面聖杯戦争に臨むことになります。サーヴァント個別エンドの場合は、聖杯戦争終了後に分解されるはずだった主人公をサーヴァントが助ける結末に(アーチャーエンドの場合のみ主人公が分解され、代わりにNPC主人公のモデルだった人物が地上で目覚めます)。そしてCCCエンドでは、サーヴァントと別れた主人公が桜とともに受肉し、聖杯戦争から逃れて地球上に脱出する展開となるのです。

では最後に、本作の主要登場人物たちの結末を表にまとめましたので、ご覧ください。

名前(クラス) マスター 結末
主人公 ノーマルエンドとアーチャーエンドでは聖杯に分解、それ以外の個別エンドでは分解寸前にサーヴァントに救助され、CCCエンドでは桜の力で地上に脱出する
ネロ(セイバー) 主人公 セイバーエンドでは救出した主人公と結婚式を挙げる。CCCエンドでは主人公との契約を解除して涙ながらに別れることに
無銘(アーチャー) 主人公 アーチャーエンドではノーマルエンド同様聖杯の底で眠ることになるが、生前のアーチャーと主人公の本体との出会いが描かれる。CCCエンドでは主人公との契約を解除して別れることに
玉藻の前(キャスター) 主人公 キャスターエンドでは自分と主人公のための世界を作るが、8本の尻尾の暴走で新たな騒動に巻き込まれる。CCCエンドでは主人公との契約を解除して別れることに
ギルガメッシュ(該当クラスなし) 主人公 ギルガメッシュエンドでは聖杯から主人公を奪取、地球から1500光年離れた別の星へ。CCCエンドでは主人公との契約を解除して別れることに
間桐桜 ノーマルエンドおよびサーヴァント個別エンドでは自分ごとムーンセルをリセット、すべてをなかったことにする。CCCエンドでは主人公とともに受肉して地球上に脱出する
ジナコ=カリギリ 聖杯戦争1回戦で不戦敗した引き籠りゲーマー。カルナの鎧の力で消滅を免れ、月の裏側に取り込まれるが、最後にはカルナの助力で地球へと帰還する
カルナ(ランサー) ジナコ マスターを守護する最上級の英霊。一時は主人公たちと戦うが生き残り、最後はジナコを生還させることに成功した
殺生院キアラ CCCエンドではラスボスとして主人公と戦い死亡。ノーマルエンドやサーヴァント個別エンドではリセットによって聖杯戦争に戻され、敗死したものと思われる
アンデルセン(キャスター) キアラ 戦闘力を持たない英霊。CCCエンドでは、対象者を執筆内容の通りに変化させる宝具でキアラを強化するが、主人公たちに敗れて消滅。それ以外のルートでは聖杯戦争で脱落したものと思われる
BB 健康管理AI・間桐桜の同型機。分解される運命にある主人公を救おうとサクラ迷宮を作り出し、主人公たちを月の裏側に監禁する。最終的にはどのルートでも主人公に敗れて初期化
パッションリップ BBが生み出した分身(アルターエゴ)。主人公を偏執的に慕うが、最終的には主人公に敗れ、どのルートでも悲壮な最期を遂げる
メルトリリス BBが生み出した分身(アルターエゴ)。ほかの分身と同様に主人公を慕うが、CCCルートではキアラに、それ以外のルートでは主人公に止めを刺される
エリザベート(ランサー) 凛→ラニ→慎二→メルトリリス→主人公 何度も主人公たちの前に立ちふさがる。凛に封印されるが後に主人公に協力、一時的に彼のサーヴァントとなった

なお、前作『Fate/EXTRA』のシナリオについて知りたい方は、以下の記事をどうぞ。


ネタバレ注意!PSP用ゲーム『Fate/EXTRA』シナリオまとめ

コメント/情報提供

ランキング