https://gamy.jp/fate-go/anime-staynight-netabare

TVアニメ『Fatestay night』(ディーン版)シナリオまとめ(ネタバレ注意)

ライター

GAMY編集部
0
コメントへ

PCゲーム版のセイバールートを原作にした、2006年放送のTVアニメ『Fate/stay night』(フェイト/ステイナイト)。スタジオディーンが制作した、このアニメのストーリーをまとめてみましたのでご覧ください。原作ゲームと違う点についてもチェックしていきますよ!

TVアニメ『Fate/stay night』(ディーン版)とは

今回紹介するのは、2006年に放映された『Fate/stay night』のTVアニメ第1弾。アニメーション制作を担当したのがスタジオディーンだったことから、ファンの間では「ディーン版」あるいは「DEEN版」と呼ばれています。下の写真のように、ゲームで使用されたCGをアニメで忠実に再現したのが特色となっています。

そのディーン版TVアニメのストーリーはどうだったのかというと、原作のセイバールート「Fate」を中心にした内容。しかし、セイバールートでほとんど見せ場がなかった桜とキャスターと葛木へのテコ入れのためか、ライダーvsキャスター戦や、バーサーカー戦後にキャスターが桜を拉致し士郎・セイバー組が救出に向かうなど、原作になかったオリジナルエピソードが盛り込まれています
また、オリジナルエピソードの中には、士郎たちを逃がすためにバーサーカーと一騎討ちを繰り広げるアーチャーを描いたものも。セイバールートのアーチャーvsバーサーカー戦にスポットを当てた作品は、現在のところディーン版TVアニメだけとなっていますので、貴重な映像と言えるでしょう。

なお、これらのオリジナルエピソードの初稿プロットは、原作のシナリオ担当である奈須きのこ氏自らが制作したもの。また、さらわれた桜が着せられていたボンテージスーツなど、ゲームに登場しないアイテムや衣装の設定は、原作で原画を担当した武内崇氏の考案となります。

ディーン版TVアニメシナリオまとめ

さて、ここからはディーン版TVアニメのストーリーをダイジェストで紹介していきましょう。大筋は原作セイバールートと同じなので、違う部分に補足を入れつつまとめていきます。

士郎とセイバーは様々な強敵たちと対抗するため、遠坂凛・アーチャーと共同戦線を張ることとなる。激闘の末、セイバーは「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」を使用して間桐慎二のサーヴァントであるライダーを撃破する。エクスカリバーを使ったことでセイバーの真名はアルトリア(アーサー王)であることが明らかとなり、王の選定の剣を抜いた時から成長が止まり、少女の身のまま男性として振る舞ってきたことが語られる。

その後、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンの城にて士郎たちは最強の敵・バーサーカーと対峙する。一度はアーチャーを失うという敗北を喫するも、雪辱戦では士郎がセイバーの失われた選定の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」を投影してバーサーカーを倒す。サーヴァントを失ったマスター・イリヤスフィールは衛宮の屋敷で保護し、アーチャーを失った凛も引き続き士郎に協力することになる。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/stay_night#.E6.89.B9.E8.A9.95

バーサーカーとの戦いに勝利して一息入れたのも束の間、やがて柳洞寺に潜むキャスターが暗躍を始め、聖杯の生贄とするべく桜を拉致してしまいます。彼女を救うために士郎たちは柳洞寺へ向かいますが、彼らはキャスターが作り上げた神殿の中でアサシンや葛木に苦戦。勝利を確信したキャスターは、セイバーに自分の下僕となれば士郎は助けてやると取引を持ちかけます。しかしそこに、存在しないはずの8人目のサーヴァント・ギルガメッシュが現れ、圧倒的な力でキャスターを倒してしまったことから、士郎たちは無事桜を救い出し、絶体絶命の危機から生還するのでした。

士郎は単身、8人目のサーヴァントというイレギュラーについて監督役の言峰綺礼に聞き出そうとするが、その言峰こそがギルガメッシュのマスターであり、また残るランサーについても言峰が他のマスターから略奪したサーヴァントであったことが判明する。言峰は士郎を聖杯戦争の勝者と認め、聖杯を士郎に与えると言う。聖杯の力であれば、十年前の災厄をなかったことにできるだろうと。しかし士郎は「起きたことはやり直せないし、そんなことはしてはならない」と言い、それを聞いたセイバーも、「王の選定をやり直す」という自身の願いを改める。しかし、聖杯は万能の盃などではなく、呪われた力の渦に過ぎないことが言峰の口から明らかとなる。窮地に陥る士郎とセイバーだったが、ランサーの命を賭した足止めによって難を逃れる。

直後、言峰は衛宮邸を襲撃して聖杯の器であるイリヤスフィールを誘拐し、自らが聖杯を召喚しようと企てる。士郎は聖杯を壊そうとセイバーに提案し、セイバーは士郎に同意する。士郎は自身に埋め込まれていたエクスカリバーの鞘「全て遠き理想郷(アヴァロン)」をセイバーに返す。「全て遠き理想郷」はギルガメッシュの「天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)」の一撃をも防ぎ、セイバーはギルガメッシュを倒し、また士郎も「全て遠き理想郷」を投影し因縁の敵である言峰を倒す。士郎はセイバーに聖杯の破壊を命じ、イリヤスフィールを救出する。そしてセイバーは、士郎に愛の告白をして彼の前から姿を消す。

聖杯戦争によって起きた被害は、教会から派遣された新しい神父によって元の形を取り戻した。士郎は凛から「セイバーが消えて、もっと落ち込んでいるかと思った」と問われるが、「未練なんてきっとない。いつか記憶が薄れても、セイバーが好きだったことはずっと覚えてる」と言い日常へ戻る。セイバーもまた過去に戻り、ベディヴィエールにエクスカリバーを湖に投げ入れるように命じ、剣が湖の乙女に返還されたことを聞き届けたのち静かに安らかな眠りにつく。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Fate/stay_night#.E6.89.B9.E8.A9.95

以上がディーン版TVアニメの大まかなあらすじ。原作と違ってキャスター陣営が活躍しているのがお分かりになりますでしょうか。
では最後に、原作のセイバールートと違う結末を迎えた4人の生死を表でまとめましたので、ご覧ください。

名前(クラス) マスター 結末
間桐桜 生存。キャスターの魔の手から救い出され日常生活に戻る
葛木宗一郎 キャスターもろともギルガメッシュに撃ち抜かれ、死亡
メディア(キャスター) 召喚したマスター→葛木 葛木もろともギルガメッシュに撃ち抜かれ、脱落
佐々木小次郎(アサシン) キャスター セイバーとの一騎討ちに敗れ、脱落

なお、前作『Fate/stay night』および、ファンディスク『Fate/hollow ataraxia』のシナリオについて知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

ネタバレ注意!PCゲーム『Fate/stay night』シナリオまとめ
ネタバレ注意!PCゲーム『Fate/hollow ataraxia』シナリオまとめ

FGO攻略まとめTOPバナー

最強サーヴァントランキング

星5最強ランキングバナー    星4最強ランキングバナー   星3最強ランキングバナー

最強サーヴァントランキングは随時更新中!

サーヴァント図鑑

ランキング