https://gamy.jp/fate-go/FGO-HighdifficultQuest

【FGO】高難度向きサーヴァントと運用方法まとめ

ライター

ファンゴ丸
2
コメントへ

『FGO(Fate/GO)』で高難度クエストに連れていくサーヴァントを紹介しています。攻略の参考にしてください。

高難度は防御重視が基本

高難度クエストが難しい理由は、ほとんどの場合「ボスのHPが多く、ゲージ複数持ちがいる」「宝具が防げない」「大量のスキルを使ってくる」の3つがポイントになっています。

圧倒的な火力で反撃前に仕留める戦法も重要ですが、微課金プレイヤーにはかなりハードルの高い戦法なので、「防御を固める」を重視してパーティを組むのがおすすめです。全サーヴァントから目的別にサーヴァントを選抜しているので編成の参考にしてください。

高難度向けパーティ編成例

高難度でも戦えるパーティ編成例です。
相手クラスや条件によって編成はさまざまなので、これらはあくまでも一例です。クエストによってサーヴァントや礼装をアレンジして戦いましょう。

編成例:高耐久(課金)シフト

スタートメンバー サブメンバー
自由枠 自由枠
ネロ
ブライド
玉藻の前 フレンド マシュ 自由枠 自由枠
装備概念礼装
自由枠 自由枠 自由枠
フォーマル
クラフト
プリズマ
コスモス
自由枠 鋼の鍛錬 自由枠 自由枠
装備魔術礼装
自由枠

課金ユーザー向けの耐久パーティ編成例です。アタッカーとしてネロを置いていますが、アーツ宝具持ちかアーツカード3枚持ちなら代用可能です。火力をアタッカーに頼り、宝具をマーリンのスキルが防ぎ、再使用を玉藻の前の宝具がサポートします。もし、誰かが倒れてもマシュがいるのである程度フォロー可能です。

ジャンヌをネロの代わりに置けばさらに耐久力が増しますが、勝つまでのターンがすさまじく長くなるのでおすすめできません。

編成例:高耐久(無課金)シフト

スタートメンバー サブメンバー

自由枠 自由枠
マシュ アンデルセン 自由枠 ブーディカ 自由枠 自由枠
装備概念礼装
自由枠 自由枠 自由枠
Last
Encore
カルデア・
ライフ
セーバーズ
自由枠 ロマニ・
アーキマン
伯爵の歓待
自由枠 自由枠
装備魔術礼装
自由枠

無課金ユーザーでも揃えられるサーヴァントと礼装で編成しました。ジャンヌとアンデルセンが回復、マシュが防御を固めつつ、宝具はマシュとジャンヌが防ぎます。
火力がほとんどないため、長期戦を覚悟しなければならないのが欠点です。

編成例:宝具封印シフト

スタートメンバー サブメンバー
自由枠 自由枠
オリオン 玉藻の前 フレンド アビゲイル 自由枠 自由枠
装備概念礼装
自由枠 自由枠 自由枠
フォーマル
クラフト
プリズマ
コスモス
自由枠 天の晩餐 自由枠 自由枠
装備魔術礼装
自由枠

チャージ減少で相手に宝具を使わせない編成です。玉藻の宝具でNPとHPを補給しつつ、スキルの再チャージが狙えるため、プリズマコスモスで宝具を使いやすくしています。火力は宝具でチャージ減少が狙えるオリオンが担当し、控えにもチャージ減少持ちを配置しています。

編成例:アステリオス耐久

スタートメンバー サブメンバー
自由枠 自由枠 自由枠
アステリオス 玉藻の前 フレンド 自由枠 自由枠 自由枠
装備概念礼装
自由枠 自由枠 自由枠 自由枠
プリズマ
コスモス
天の晩餐 自由枠 自由枠 自由枠 自由枠
装備魔術礼装
自由枠

アステリオスの攻撃ダウンを利用する編成です。玉藻と孔明のフォローができれば、ダメージをほとんど気にせずに戦うことができます。

ちなみにスパルタクスでも似たことができますが、こちらは玉藻・マーリンの回復重視編成がおすすめです。

ライターの編成例

ライターAppleの編成例

多くの高難易度クエストはアーツ編成で紹介したアビゲイル編成で攻略が可能ですが、ライダーやアルターエゴがの敵が出現するクエストではキャスターのサポーターが使えません。そんな時に活躍するのがルーラー編成です。

ルーラーは基本6クラスに防御面で半減が取れるのが強みです。また、天草の「双腕・零次集束」「神明裁決(偽)」ホームズの「天賦の見識」ジャンヌの「真名看破」「神明裁決」と相手の行動を阻害するスキルが揃っています。

礼装はスター獲得のスキルが揃っているルーラーに相性が良い「2030年の欠片」を装備しています。これにより欠点である火力を補うことができます。

対ライダーのみに限定するのであれば、天草のところをアサシンに変更してしまうのが良いでしょう。

スタートメンバー サブメンバー
自由枠 自由枠 自由枠
天草四郎 ホームズ ジャンヌ 自由枠 自由枠 自由枠
装備概念礼装
自由枠 自由枠 自由枠
2030年の
欠片
2030年の
欠片
2030年の
欠片
自由枠 自由枠 自由枠
装備魔術礼装
自由枠

高難度向きサーヴァント

全体無敵・回避付与サーヴァント

味方全体に無敵・回避を付与できるため、相手の宝具を防ぐのに役立つサーヴァントです。必中や強化解除を持つ相手には通用しませんが、ほとんどの強敵の宝具を無効化できるため、高難度挑戦ではまず考えるべき存在です。

サーヴァント クラス ポイント

マーリン
・味方全体に無敵付与
・回復とNP獲得宝具があり、バスター宝具のアタッカーと好相性

ジャンヌ・ダルク
・味方全体に無敵付与
・宝具威力ダウンがあり、2回宝具を防げる

ダビデ
・味方全体に回避付与
・HP回復、攻撃力アップが可能

トリスタン
・味方全体に回避付与
・敵の強化状態を解除

全体防御強化サーヴァント

必中持ちの敵全体宝具を軽減するために有用なのが全体防御です。1つではそれほど防げませんが、重ねがけや敵への攻撃力ダウン・宝具威力ダウンと組み合わせることで真価を発揮します。
無敵・回避がなくてもかなり耐えられるため、鍛えておくと便利です。

サーヴァント クラス ポイント

マシュ
・アーツパ寄り汎用型
・スキルで防御最大+20%付与&ダメージカット2000
・宝具で防御+30~50%付与
・ターゲット集中&無敵持ち

諸葛孔明
・アーツパ寄り汎用型
・スキルで防御最大+30%付与&ダメージカット500
・宝具で中確率スタン付与

ブーディカ
・アーツパ寄り汎用型
・宝具で防御+20~40%付与

アルトリア
・アーツパ寄り汎用型
・スキルで防御最大+20%付与

ギルガメッシュ
・アーツパ寄り汎用型
・宝具で防御+20%付与

刑部姫
・クイックパ向け
・宝具で防御+20%付与

攻撃力・宝具威力ダウンサーヴァント

相手の攻撃力をダウンできる能力は、相手の火力軽減に大きく貢献し、重ねがけや他スキルを組み合わせれば、相手の攻撃を0に抑えることも可能です。

宝具威力ダウンは通常攻撃に適用されないためダメージをくらいますが、致命傷になりかねない宝具を軽減できます。無敵貫通効果などがある宝具持ち対策にはもっとも効果的な能力です。

サーヴァント クラス ポイント

デオン
・アーツパ寄り汎用型
・宝具レベルによって攻撃力10~50%ダウン
・ターゲット集中&回避&防御アップ(自身)

オリオン
・アーツパ寄り汎用型
・宝具で攻撃力20%ダウン(3ターン)
・スキルで防御力最大50%アップ(自身)&回避

エミヤ
・バスターパ寄り汎用型
・宝具OCで攻撃力10~30%ダウン
・回避(自身)スキル持ち

エウリュアレ
・アーツパ寄り汎用型
・宝具で攻撃力20%ダウン
・男性特攻&魅了&チャージ減少持ち

子ギル
・バスターパ寄り汎用型
・宝具OCで宝具威力50~90%ダウン
・魅了スキル持ち

フィン・マックール
・アーツパ向け
・宝具OCで攻撃力10~30%ダウン
・回避&ターゲット集中持ち

ジル
・バスターパ寄り汎用型
・宝具OCで攻撃力20~40%ダウン
・スキルで宝具威力5~10%ダウン

マタ・ハリ
・アーツパ寄り汎用型
・宝具OCで攻撃力20~40%ダウン(1ターン)

クー・フーリン・オルタ
・バスターパ向け
・スキルで攻撃力10~20%ダウン
・回避スキル持ち

ナイチンゲール
・アーツパ寄り汎用型
・宝具OCで宝具威力50~100%ダウン(1ターン)
・宝具で攻撃力50%ダウン(1ターン)

アステリオス
・アーツパ寄り汎用型
・宝具レベルで攻撃力10~20%ダウン(6ターン)
・そのうち初回1ターンは50~60%ダウン

ジャンヌ・ダルク
・味方全体に無敵付与
・宝具威力ダウンがあり、2回宝具を防げる

敵の強化状態を解除できるサーヴァント

マーリンなど強力なバフ(強化)スキルを使うエネミーが出現した時に活躍できるサーヴァントです。スキルよりも宝具で効果を持っている方が使用頻度が高く便利です。

敵のチャージを減少できるサーヴァント

エネミーのチャージを減少することができ、宝具やチャージ攻撃の使用を遅らせることができます。ほとんどが確率なのでレベルをあげたりオーバーチャージしないと安定しませんが、強化しておけば相手に宝具をまったく使わせずに勝利することも可能です。

ターゲット集中できるサーヴァント

ターゲット集中効果は、味方の被弾を軽減するのに効果的です。全体攻撃持ちには意味がありませんが、単体攻撃宝具使用時に無敵や回避を付与できれば、ノーダメージに抑えられます。

サーヴァント クラス ポイント

レオニダス
・宝具「炎門の守護者」スキル「殿の矜持」で自身に付与
・防御アップ持ち

マシュ
・スキル「奮い断つ決意の盾」で自身に付与
・防御アップ、無敵スキル持ち

デオン
・スキル「麗しの風貌」で自身に付与
・防御力アップ持ち

武蔵坊弁慶
・スキル「仁王立ち」で自身に付与
・スキル封印、宝具封印、スタン持ち

ゲオルギウス
・スキル「守護騎士」で自身に付与
・防御アップ、HP回復持ち

玄奘三蔵
・スキル「妖惹の紅顔」で自身に付与
・ダメージカット持ち

スカサハ
・スキル「ビーチクライシス」で自身に付与
・HP回復、ダメージカット持ち

エミヤ
・スキル「スケープゴート」で味方に付与
・チャージ減少持ち

パッションリップ
・スキル「被虐体質」で自身に付与
・防御アップ持ち

高難度クエストでの基本的な立ち回り方

相手の宝具使用ターンを確認する

高難度クエストでもっとも怖いのは、「宝具・チャージ攻撃」です。有利クラスでも即死級のダメージを与えてくるため、これをどう防ぐかが攻略のカギです。

アーチャー、アサシンは3ターンと短時間で放ってくるので、こちらが無敵スキルを持っていても再使用が間に合わない場合が多いです。そこで魅了やチャージ減少などの足止めスキルを活用できるように編成しましょう。

例えば、バーサーカーなら5ターンでゲージが貯まるため、6ターン目に宝具を使用します。マーリンの無敵スキル「幻術」は最短7ターンで再使用できるため、2ターン分足止めるできるサーヴァントがいれば、宝具をくらわずに戦うことができます。

相手の動きは予測できるので、それに合わせて戦術を練るのが高難度クエスト攻略の基本です。

宝具の使用タイミングを見極める

宝具ではダメージ以外にもさまざまな副次効果があります。それらが重複や相殺していては、せっかく能力がムダになります。例えば、無敵スキルを使用中にスタン効果のある宝具を使うのは賢明とはいえません。

宝具にはそれぞれタイミングがあるので「宝具封印があるなら、相手の宝具使用ターンに合わせる」など、サーヴァントごとの特性を理解して運用しましょう。

スキルの再使用ターンは常に確認

敵の一手先二手先を読むのが戦いの基本ですが、そのためにこちらの行動も一手先二手先を考えておきましょう。

スキルを使ったら再使用まで何ターンかわかるので、それを見ながら行動を組み立てていきましょう。使用頻度が少ないがゆえに魔術スキルは見逃しやすいので要注意です。スキルと宝具の連携は『FGO』中上級者の基本なので、NPと再使用ターンの確認は必ずやっておきましょう。

コメント/情報提供

  • ななしさん
    14日前

    アキレウスもタゲ集中持ち

  • ななしさん
    2017/12/26 15:18

    タゲ集中なら水着ニトクリスもあるで。

ランキング