https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-sensei-tokugi

【DQMSL】先制発動する特技の発動順序について!特技の優先度まとめ

ライター

黒豆パン
0
コメントへ

マ素汚染、神速の一閃、疾風連撃など、先制発動する特技や、こうどうはやい、ロケットスタートなどの特性を持つモンスターがどのような順番で行動するのかまとめます!

DQMSL最新情報! ※新着記事一覧は<こちら>
◆災厄の王とヘルゴラゴが新生転生!

先制発動特技

闘技場では素早さのステータスでモンスターの行動順が決まりますが、素早さとは関係なく先制で発動する特技があります。

例えばみがわりやダメージバリアのような味方を守る特技や、神速の一閃のように誰よりも早く攻撃できる特技です。

これらの特技を同時に使った場合、どのような順序で動くのかをまとめます!

基本的な順序

1:先制補助特技
2:先制攻撃特技
3:こうどうはやい
4:行動順特技
5:こうどうおそい
6:アンカー特技

このような順番で特技が発動します。

同じ優先度の特技を複数のモンスターが同時に使った場合、素早さによる行動順判定が行われます。

リバースを使うと逆の順番に動きますが、例外的に先制補助特技はリバース中でも一番最初に発動します。


特技ではないので行動順とは別になりますが、ガルマザードのブレイクシステムや、ゼルドラドの魔幻の剣召はコマンド入力前に発動します。

こちらもリバースの影響を受けません。

先制補助特技

先制補助特技とは味方にかけるものが中心で、基本的にダメージが発生しません。

封印の霧やパルプンギフトのように相手にも影響がある特技も一部あります。

補助特技の順序としては、封印の霧が一番最初に発動し、次にバリア系の特技、その次にみがわり系、そして反射系や構え系の特技、最後にクリムゾンミストが発動します。

ダメージバリアとマインドバリアのように同じ発動順の特技を使用した場合、パーティの左から順番に発動していきます。

先制補助特技の一例
1グループ 封印の霧
2グループ マインドバリア
ダメージバリア
メダパニバリア
王さまバリア
暗夜のとばり
せんこうのかおり
聖なる防壁
神鳥の守護
精霊の守り
大樹の守り
ガイアシールド
みかわしきゃく
ビッグシールド
タップダンス
天使の理
パルプンギフト
盲信のかくせい
禁忌のかくせい
きあいのかけ声
アストロン
3グループ みがわり
かばう
におうだち
4グループ 斬撃よそく
体技よそく
踊りよそく
息よそく
カウンター
キラートラップ
ファントムレイザー
クロスカウンター
天地のかまえ
防御システム
真・完全覚醒
帝王のかまえ
天地魔闘の構え
真・天地魔闘の構え
金剛の構え
夢幻の構え
魔神の構え
天魔の構え
閃光の構え
ごう慢な構え
闇の結界
幻の月
黒の核晶
だいぼうぎょ
ハードシールド
5グループ クリムゾンミスト

先制攻撃特技

先制攻撃特技は先制補助特技の次に発動します。

その中でも優先順位があり、同じ優先順位の特技はモンスターの素早さで判定されます。
その場合、素早さ乱数による行動順の前後はあります。

これらの特技はリバース中は一番最後に発動します。

先制攻撃特技の一例
Ⅰグループ 神速の一閃
疾風迅雷
マ素浸食
体技代償の刻印
キルトラップ
Ⅱグループ しっぷうづき
しっそうどく突き
しっそう閃光突き
しっぷうもろばづき
超熱拳
疾風拳
一閃
針十本
いっぱつギャグ
ダーティーショット
ヒュプノスクロー
蛇竜の強襲
疾風連撃
竜魔人の怒り
結晶拳・疾風
諸刃の刻印
ビュートデストリンガー

攻撃対象が全体の特技が先に発動し、攻撃対象を選択する特技(単体攻撃、ランダム攻撃)の特技が次に発動します。

単体とランダムは同じ優先度になります。


神速の一閃とマ素浸食は優先度が同じなので、魔剣士ピサロとガルマザードの素早さで行動順が決定します。

マ素浸食より先にダーティーショットやビュートデストリンガーが発動することはありません。

ダーティーショットとビュートデストリンガーは優先度が同じなので、ダーティードールとミストバーンの素早さで行動順が決定します。

この4つの特技を同時に使った場合、モンスターの素早さを極端に調整しない限り、神速の一閃→マ素浸食→ダーティーショット→ビュートデストリンガーの順番で動く可能性が高いです。

こうどうはやい

・こうどうはやい
・ロケットスタート
・神速

こうどうはやい系の特性は、ラウンドの最初に行動することができます。

ただし、先制補助や先制攻撃の特技よりも先に動くことは出来ません。
先制発動特技が全て発動し終わった後にこうどうはやい系が動きます。

こうどうはやい系の特性はいくつか種類がありますが、特性によって行動優先度が変わることはありません。
2体以上こうどうはやい系のモンスターがいる場合、素早さのステータスで行動順が決定します。

普通の行動順と違って、こうどうはやい系には素早さ乱数がありません。
素早さが1でも高い方が確実に先に動きます。

こうどうはやい系は先に動けるので素早さのステータスはそれほど必要ないと思いがちですが、味方にこうどうはやい持ちが複数いたり、相手パーティにもこうどうはやいが入っている場合を考えると、実はこうどうはやい持ちこそ素早さ調整が重要だったりします。


なお、この時に装備の効果や味方の特性で素早さアップがかかっている場合、それを考慮してより素早さが高い方が先に動きます。

通常の行動順に素早さアップが反映されるのは効果がかかった次のラウンドからですが、こうどうはやい系の場合はすぐに反映されるということになります。

ハヌマーンとプレシアンナを組み合わせて使う場合や、スペディオソードや深緑のうろこを装備する場合は注意が必要です。

    ランキング