GAMY

ゲームアプリの総合攻略wiki - GAMY[ゲーミー]

https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-omudo-gp

【DQMSL】新生オムド・レクスでマスターズGP!あっという間にゴールデン3昇格!

ライター

黒豆パン

新生転生が追加されたオムド・レクスをマスターズGPで使ってみました!今まではリバースするだけの役割でしたが、裁きの構えで反撃できるようになったり、リバースショットで攻撃できるようになったり、使用感は大きく変わっています!

新生オムド・レクス

オムド・レクスに新生転生が追加されました!!

珍しく☆4ができていた魔王なんですが、残念ながら新生転生時に特技プラスが1個も付きませんでした!

しかしオムドの特技はどれも消費MPが減るだけなので、攻撃系の特技に比べれば特技プラスの重要度は低いです!

引き継ぐ特技はとりあえずジャッジメントにして、スキルのたねはリバースショットを活かすために攻撃力重視で振ってみました。

さっそくマスターズGPで使ってみたので使用感を紹介します!

オムド・レクスはリバースしても強いし、しなくても強いです。

今回はカウンターパーティを組んでみました。
というか、今まで使ってたパーティのドレアム枠をオムドに変えただけですが……。

オムドの裁きの構えと、キルバーンの魔界のマグマで反撃ダメージを狙い、ヴェルザーは冥竜の竜鱗で回復、大樹の守りやだいぼうぎょを使ってしぶとく耐えて、3ターン目に自爆を狙う作戦です!

相手パーティによってはリバースした方がいい場合があるので、反撃だけでなく耐久もできるように柔軟性を持たせています。

今回はヴェルザーを使っていますが、マ素浸食ができるガルマザードも使いやすかったです。
反撃モンスターは、バーンやガオガイヤを使っても強いと思います。

速攻魔王パーティに対して、反撃しているだけで1ターン撃破してしまったバトルです!
使い方としてはバーンの真・天地魔闘の構えと同じような感じです。

今週は魔王ばかりの無制限ルールなので、反撃ダメージだけでバッサバッサ倒せるのが気持ちいいです。

裁きの構えの反撃ダメージは賢さ依存で威力が上がるため、反撃メインで戦うパーティであればスキルのたねや装備を賢さに振った方が良さそうです。


ただ、裁きの構えはオムドが混乱したり眠ってしまうと解除されてしまうし、第三の瞳や青の衝撃で剥がされてしまう欠点があります。

バーン、ウルノーガ、高確率の状態異常特技を持つモンスターがいる場合は要注意です。

また、反撃の呪文攻撃はマホカンタで反射されるので、反射持ちがいる時は構えを使わない方がいいでしょう。

観戦コード:50330664

AI2回リバースショットが強いです!

スキルのたね攻撃力65振り、覇者の剣装備で、バフがかかってないオルゴやドレアムに550ダメージ程度でした。

火力系の特技がないのが欠点かと思っていましたが、リバースさえかかれば通常攻撃をしているだけで火力を出せるのが強いです。

MPがいらないので、泥仕合の終盤になってしまっても火力を維持できるのがいいところですね。

ただ、元の攻撃力が低めなので、相手に秘めたるチカラなどで防御力アップがかかっているとあまりダメージを出せないのが欠点です。

ジャッジメントはダメージがバラけるし、マ素浸食で威力が落ちるし、そういう意味ではサイコキャノンを引き継いだ方が良かったのかもしれません。

観戦コード:47236510

???系が入っていない系統パーティには、裁きの構えを使ってもそれほど大ダメージは与えられません。

系統パーティは素早さに特化していることが多いため、リバースして2ターン目に総攻撃した方が勝ちやすい印象です。

時の秘術のおかげで、ザオリクしつつリザオラルをかけてしぶとく戦えるのがいいですね。

観戦コード:34967611

新生直後というだけあって、オムド・レクスを使ったパーティは非常に多いです。

以前のオムドパーティはリバースさえ防げばほぼ勝ちパターンでしたが、今のオムドパーティはリバースせずに構えて他で攻めてくるパターンがあるので、何をしてくるのか読めません。

相手にリバース・改を使われて、こちらがリバース・改を使わないと、素早さダウンの差で2ターン目に先手をとられてしまいます。

まとめ

ゴールデン2からスタートして、あっという間にゴールデン3に昇格することができました!

その後も勝ちを重ねて、4700ポイントまで増やせました!
かなり勝率がいいです!

???系が多い無制限ルールと相性がいいのが大きく、ウェイト制限やモンスター制限がかかった時にどこまで使えるのか気なりますね。

まだ実装されたばかりで使い方や対策法のセオリーが固まっていないので、これからどんなオムドパーティが増えてくるのか楽しみです!

■関連記事

ランキング