https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-damage-calc

【DQMSL】物理攻撃のダメージ計算式!火力を最大限上げる方法まとめ!

ライター

黒豆パン
21
コメントへ

物理攻撃のダメージ計算式と、火力を上げるための要素をまとめます!

ダメージ計算式

物理攻撃のダメージ計算は伝統的なドラクエのダメージ計算式が使われています!

覚えなくても感覚的にダメージアップさせることはできますが、計算式を覚えておけば自力でダメージを算出できるようになります。

どのモンスターがどの特技を使った方が効果的なのか、というのがわかればパーティの組み方も変わってきますね!

ダメージ計算方法と、最大限に火力を上げる方法を紹介します。

◆ダメージ計算の基本

攻撃力÷2-防御力÷4×乱数=基礎ダメージ

これが物理攻撃の基本的な計算式となります。

乱数がかかるため同じ条件で攻撃しても違うダメージが出ますが、ややこしいのでこの記事では乱数を省略して平均ダメージとします。

例:攻撃力500で防御力400に通常攻撃
500÷2-400÷4=150

この通常攻撃で与えられるダメージを基本とし、特技や補助呪文など様々な倍率をかけることでダメージを上げていきます。

◆攻撃力を上げる要素

・リーダー特性
ダメージ計算の仕様上、ダメージ倍率を上げるよりも攻撃力そのものを上げた方が最終的なダメージは上がる傾向があります。
そのため全系統の攻撃力を18%アップのようなリーダー特性は非常に重要です。

例:攻撃力500に+18%で防御力400に通常攻撃
500×1.18÷2-400÷4=195

・装備
モンスターには様々な武器や防具を装備することができ、種類によって上がる能力は変わります。
グングニルやロトの剣のように攻撃力が非常に高い武器を装備すれば、ダメージにも大きく差が出ます。
リーダー特性は装備後のステータスにかかるため、装備の能力よりも実際の数値はもっと高くなります。

例:攻撃力500に攻撃力50装備で防御力400に通常攻撃
(500+50)÷2-400÷4=175

・スキルのたね
スキルのたねとゴールドを消費しますが、お手軽に攻撃力を上げることができます。
攻撃に35振れば攻撃力+34、65振れば攻撃力+52、95振れば攻撃力+60になります。
こちらもステータス計算後にリーダー特性がかかるため、スキルで60上げてリーダー特性18%アップサンドにすれば実際には81.6上がります。

例:攻撃力500で防御力400に通常攻撃
装備で+50スキルのたねで+60攻撃力18%アップサンド
(500+50+60×1.36÷2-400÷4=314.8

このように様々な要素で攻撃力を上げると、元のダメージの2倍以上の数値まで上げることができます。

◆ダメージ倍率を上げる要素

・特技
例えばこんしん斬りは1.6倍、のように特技の倍率を表記することがありますが、これは通常攻撃に対してその特技はどのくらいの威力が出せるのかを表しています。
特技によって倍率は様々ですが、通常攻撃のダメージを基本としていることを覚えておきましょう。
いくら特技の倍率が高くても攻撃力が低ければ高いダメージは出せません。

例:攻撃力500で防御力400にこんしん斬り
(500÷2-400÷4)×1.6240

・バイキルト
攻撃力を上げる特技とされていますが、実際にはダメージ倍率を上げる特技です。
攻撃力そのものは上がらないので、元の攻撃力が低いモンスターにかけてもあまり効果はありません。
攻撃力1段階アップで1.2倍、2段階アップで1.4倍になります。

例:攻撃力500にバイキルトで防御力400に通常攻撃
(500÷2-400÷4)×1.4210

・ちからため
ちからためは次のターンのダメージを2倍、超ちからためは3倍にする効果があります。

例:攻撃力500で防御力400に超ちからためで通常攻撃
(500÷2-400÷4)×3450

・装備
武器は攻撃力そのものを上げるものと紹介しましたが、固有効果や錬金効果でダメージアップできるものもあります。
例えばドラゴン系へのダメージが上がるドラゴンキラーや、ドラゴン系への斬撃ダメージが上がる錬金効果など、組み合わせ次第でよりダメージ倍率を上げることが可能です。

例:攻撃力500でドラゴンキラー+7ドラゴン系斬撃ダメージ3%アップを錬金して防御力400にドラゴンブレイク
((500+22)÷2-400÷4)×3×1.16560.28

・連携
同じ種別の特技を連続して使うことで連携が繋がりダメージ倍率が上がります。
連携が続くほど倍率は高くなります。
呪文と斬撃のように違う種別の特技を使った場合でも稀に連携が繋がることがあります。
敵の行動を挟むと連携が切れてしまいますが、敵が状態異常で行動できなかった場合は連携を継続することができます。

2連携:1.2倍
3連携:1.3倍
4連携:1.4倍
5連携:1.5倍

◆防御力を下げる要素

・ルカニ
バイキルト系はダメージ倍率を上げる特技と紹介しましたが、ルカニ系は倍率ではなく防御力そのものにかかります。
防御力が高いモンスターに対しては防御力ダウンが効果的なのはそのためです。
ちょっとややこしいですが、この違いはかなり重要な部分なので覚えておきましょう。
防御力1段階ダウンで0.8倍、2段階ダウンで0.6倍です。

例:攻撃力500で防御力400にルカニで通常攻撃
500÷2-400×0.6÷4=190

まとめ

これらの要素を組み合わせてダメージをシミュレーションしてみます。

例:攻撃力428で防御力442に
・装備で攻撃力+22
・スキルのたねで攻撃力+34
・リーダー特性18%サンド
・ルカニ

攻撃力:(428+22+34)×1.36=658.24
基礎ダメージ:658.24÷2-(442×0.6÷4)=262.82

・らいじん斬り+3(ギラ弱点)【×3】
・バイキルト【×1.4】
・超ちからため【×3】
・いなずまの剣+7(斬撃ダメージ3%)【×1.18】

262.82×3×1.4×3×1.18=3907.61
このような計算が成り立ちます。

そしてこれを実践してみた結果がこのダメージです。
ほぼ計算どおりのダメージが出ていますね!

連携を乗せれば1.5倍なので、6000ダメージ近くまで上げることも可能です!

コメント/情報提供

  • ななしさん
    2017/07/16 13:32

    >黒豆パンさん ですよね ただ誤差の範囲でしょうから大した問題じゃないですかね 素早い返信ありがとうございました

  • 黒豆パン
    2017/07/16 11:38

    >ななしさん その通りです。 ただ、今考えると倍率は合算ではなく、1.13×1.03とするのが正しいように思います。

  • ななしさん
    2017/07/16 11:08

    例:攻撃力500でドラゴンキラー+7にドラゴン系斬撃ダメージ3%アップを錬金して防御力400にドラゴンブレイク ((500+22)÷2-400÷4)×3×1.16=560.28 ↑ 確認なんですけど ドラゴン系13%up+斬撃3%upで×1.16って事ですよね? ドラゴンキラーの固有効果は、 ドラゴン系へダメージを10%アップ、+7にすると13%アップする。

  • ななしさん
    2017/03/08 18:04

    お前をうわまわる1200万パワーだーっ!!

  • ななしさん
    2017/03/08 13:12

    >ななしさん いや、なしアムゾーなら黒豆っちのキレが記事に乗って面白そうじゃん。ロマンに頼らなくてよいケースでも相手はロマン使ってくる可能性あるわけだから興味あるわ

  • ななしさん
    2017/03/08 12:03

    >ななしさん だが ロマンに憧れるのはナシアムナシゾーとか牧場が貧弱な系統使う奴か闘技場やる奴か? ロマンに頼らないとっていう展開にならないから あまり興味が湧かんな

  • ななしさん
    2017/03/07 19:40

    この記事のオチとして、結局誰の何が一番のロマン砲なのかを知りたかった

  • ななしさん
    2017/03/07 16:26

    サイ◯ームスで検索すればヨシ。

  • ななしさん
    2017/03/07 15:25

    魅了の場合は計算式の防御を0にするのかな?

  • ななしさん
    2017/03/07 11:21

    バイキルトの倍率って前は1.25だったけど、変わったのか?

ランキング

GAMYガチャ実施中

事前登録ランキング