https://gamy.jp/dqmsl/dqmsl-aigangan-hansya

【DQMSL】対人戦で「AIガンガンいこうぜ」を利用して反射を防ぐ方法!

ライター

黒豆パン
7
コメントへ

闘技場の対人戦で、ぎゃくふうやマホターンを使われそうな時に作戦でAIを設定して反射されない方法を紹介します。

対人戦でAIガンガン

闘技場の対人戦では、ぎゃくふうやマホターンといった反射系の特技が活躍します!

特にゾーマに新生転生が追加されてからは、サイコストームと絶対零度を防ぐためにドラゴンガイアやプレシアンナ、デビルパピヨンなどの採用率が上がっているのではないでしょうか!

相手にいると厄介な反射系特技ですが、AIを活用すると反射をされずに行動することができます!
どういうことなのか、具体的なやり方を実戦で紹介します!

対戦相手にはソードフライヤーとプレシアンナがいます!
ぎゃくふうとマホターンがあるので、ブレスも呪文も使いづらい相手です。

こちらのハーゴンはイオグランデかかがやく息を使いたいところですが、どちらを選んでも反射される危険性があります。

こういう時は、作戦をガンガンいこうぜにセットしてAIで行動を完了します。

1ターン目はぎゃくふうもマホターンも使ってきませんでした。
そのためAIはイオグランデを選択しました。

2ターン目もハーゴンはガンガンいこうぜをセットしてAIで行動します。

今度は相手のプレシアンナがイオグランデを警戒してマホターンを使ってきました!

AIハーゴンはマホターンが張られているので、イオグランデを使わずかがやく息を選択しました!

もしソードフライヤーがぎゃくふうを使っていた場合は、イオグランデもかがやく息も使用せず通常攻撃などの行動を選択します。

このようにAIは後出しで行動を選択してくれるので、自分で特技を選択した時では出来ないような選び方をすることができます。

インヘーラーの魔壷の呪縛で体技を封じられてしまいましたが、いのちだいじにを設定したエビルトレントはマホトラ踊りを使ってくれました。

もし手動でせかいじゅのしずくを選択していたら「体技は封じられている!」となって何も行動できずにターンを無駄に消費するところでした。

相手に封じ系の特技を使ってくるモンスターがいる時は、封じられた時の選択肢を残すためにAIを使うといいでしょう。

まとめ

反射や封じ系は闘技場では勝負を決める重要な特技ですが、このようにAIを活用することで反射で自滅してしまったり封じで行動が取れないといった最悪の状況を回避することができます!

ブレスと体技を使い分けられる神竜を使う時は覚えておくといいでしょう。
また、体技封じとマホターンを使えるまおうのかげと戦うときにも役立つテクニックです。

対人戦ではこれを知っていると知らないとではだいぶ差が付くので、今までAIを使っていなかった人はぜひ試してみてください!

  • ななしさん
    2017/07/03 17:19

    >黒豆パンさん 理解しました。 勉強になりました。ありがとうございます。

  • 黒豆パン
    2017/07/03 12:38

    >ななしさん 相手のメカバーンが誰かをみがわりしていた場合は反射されます。 AIはみがわりを考慮しないので、みがわり先のモンスターにマホカンタがかかっていないと単体呪文は使ってしまいます。

  • ななしさん
    2017/07/03 11:21

    AIガンガンで新生メカバーンにギガデイン反射されました。 つねにマホカンタが駄目なのか、設定ミスなのか。

  • ななしさん
    2016/10/23 06:32

    >黒豆パンさん そういうことなんですね 対戦はふくびきが貰える時くらいしかやらないもので ありがとうございました

  • 黒豆パン
    2016/10/22 10:16

    >ななしさん 低ウェイトの対人というのは、自分でルールを決める時です。 募集する時や探す時にウェイト制限を設定して対戦相手を決めることができます。 公式大会でもウェイト100や120と決まっていますし、ユーザー同士の大会でも大抵はウェイトが決まっています。 おまかせ対戦ではウェイトがどこまで影響しているのか不明ですが、マッチングに関係しているようです。

  • ななしさん
    2016/10/22 09:34

    記事内容とは関係ない質問なんですが たまに記事で「低ウェイトの対人戦で~」みたいに 書いてありますが、ウェイト低くすると 対人戦が有利になったりするのですか? 強い方に当たりにくいとか

  • ななしさん
    2016/10/20 21:10

    ガンガンいこうぜを使うこと自体が反射されない方法ですね

ランキング