https://gamy.jp/cronomagia/chromagi-glossary

【クロノマギア】用語集【クロマギ】

ライター

ユウラル
0
コメントへ

『クロノマギア(クロマギ)』の単語・用語集をまとめました。カードゲーム専門用語などが存在するためご参照ください。

あ行

アーキタイプ 原型、雛形の意。デッキのタイプやコンセプトを指す言葉です。
アグロデッキ デッキタイプの1つで、低コストのカード中心にデッキを組み、序盤から積極的に相手能力者にダメージを与えていくデッキ。いわゆる速攻型。早いターンで勝負がつくのが特徴です。
圧縮 デッキの枚数を減らす行為。引きたいカードを引く確率を高める効果があります。
アドバンテージ 手札・場・HPなど、対戦中のさまざまなリソースが相手より有利な状態であることを指します。
エラッタ すでに出ているカードのテキストを変更すること。
重い コストが高いこと。デッキのコンセプトによってどこから重いとされるか変わります。

か行

火力 能力者やクリーチャーに直接ダメージを与える効果。この効果を持つカードを多く入れたデッキはバーンデッキと呼ばれます。
軽い コストが低いこと。デッキのコンセプトによってどこから軽いとされるか変わります。
環境 その時々で流行っているカードやデッキを指します。勝率を上げるためには環境に合ったカードやデッキを使うことが重要です。
キャントリップ メインの効果とは別についているカードを引く効果、またはその効果を持つカード。
クロック あとどれくらいのターンでゲームを決められるかの目安。場に出ているカードや相手のHPから推察します。
構築 デッキを作ること。
コスト クリーチャーやマジックなどすべてのカードに振られている、そのカードをプレイする際に必要な数値。
コンセプトデッキ デッキタイプの1つ。自分の好きなカードが活躍するようにデッキを作り、ゲームに勝利することより、ゲームを楽しむことを考えたデッキのことです。
コントロールデッキ デッキタイプの1つ。除去カードなどで相手の行動を妨害し、ゲームの流れを支配して勝利を目指すデッキのことです。一般的に決着ターンまで長くかかる傾向があります。
コンボデッキ デッキタイプの1つ。特定のカードを組み合わせることでアドバンテージを得て勝利を目指すデッキのことです。

さ行

サーチ デッキから特定のカードを手札に加える効果の総称。その効果が発動した時、手札に加えるカードが固定されるようにデッキを組んでいた場合、確定サーチと言うこともあります。
サレンダー 敗北を宣言しリタイアすること。
シールド 対象に防御力を+3付与します。防御力以下の攻撃力はダメージ0、防御力と同じ攻撃力でシールドは破壊、防御力以上の攻撃でシールド破壊と余剰分がダメージとなります。
シナジー 複数のカードが生む相乗効果。効果を組み合わせることにより、個々の能力以上の効果が引き出される状態を指します。
除去 カードを場から取り除くこと。クリーチャーでの攻撃、マジックでのダメージ付与など、取り除くための手段全般において用います。
スーサイド 召喚や効果の発動に能力者のHPを消費すること。
スタッツ カードの攻撃力と体力を合計した数値。そのカードの強さの指標として使われます。一般にコストの2倍が標準です。コスト1のクリーチャーは2倍以上、高コストユニットは2倍未満になることが多いです。
ステルス いっさいの行動の対象に選べなくなります。自身が行動を起こすか、状態異常やダメージを受けた場合、ステルスは解除されます。
スプリットダメージ 1回の攻撃・効果によって、ダメージが複数回飛んでいくこと。
石化 次のターンが来るまではいっさいの行動の対象には選べなくなり、ダメージや状態異常も受けなくなります。石化中はマギアスキルの発動条件も満たせなくなります。
速攻 セットされるとすぐにサモンされる能力です。

た行

ターン カードを場に出したり、攻撃したりすることができる時間を指します。先攻と後攻が交互にターンを行います。ターンには時間制限があります。
挑発 攻撃を自分自身に集中させるクリーチャーの能力です。マジックには効きません。
デッキトップ デッキの一番上を指します。デッキトップのカードは次のターン開始時に引くことができます。
デッキボトム デッキの一番下を指します。一番下でなくて下の方の場合もデッキボトムと言う場合があります。
デバフ クリーチャーを弱体化させる能力のことを指します。
ターン始めにダメージを受けます。ダメージは1→2→4→8とターン毎に増えていきます。

な行

ナーフ ゲームバランスを調整するためにカードが弱体化することを指します。
2回行動 クリーチャーが2回攻撃できます。行動済のクリーチャーに付与しても再び行動できるようにはなりません。
能力者 ユーザーの分身となってバトルをするキャラクターで、それぞれ防御力やライフなどが異なり、得意とする戦い方が異なります。

は行

クリーチャーをセットする3つのエリアと、対象を必要としないマジックやスキルなどを使うための中央エリアのことです。
バーストダメージ 1ターンに出せる最大ダメージのことを指します。
バウンス 場にあるカードを手札に戻すことを指します。
バニラ 能力を持たないクリーチャーのことを指します。
バフ クリーチャーを強化させる能力のことを指します。
パンプアップ クリーチャーのステータスを強化することを指します。
ビートダウンデッキ デッキタイプの1つで、複雑なギミックなしでユニットを大量に出すことで勝利を目指すデッキのことです。
ピン挿し デッキに1枚だけ採用しているカードを指します。
プール デッキを作る時に使えるカードの種類のことを指します。
フェイス 攻撃対象である能力者のこと。顔、顔面とも言います。
プレイ カードを使用することを指します。プレイすることで、クリーチャーを場に出したり、マジックカードで効果を得ることができます。

ま行

マナレシオ 攻撃力とHPの平均をコストで割った数値のことで、カードの強さの指標として使われます。
麻痺 次の自分のターンが来るまでは行動できなくなります。
マリガン 最初の手札を引きなおすことを指します。
ミッドレンジデッキ デッキタイプの1つで、小型、中型、大型全てのユニットを採用し中盤〜終盤に勝利を目指すデッキです。
ミラーマッチ 同じ能力者同士や同じコンセプトのデッキ同士で対戦することを指します。
メタる 流行のデッキやカードを対策したデッキやカード使う戦略のことを指します。

や行

誘発型能力 特定の条件を満たした時や満たすたびに効果が発動する能力のことです。

ら行

ライフ クリーチャーや能力者の体力のことで、クリーチャーのHPが0になると破壊され、能力者のHPが0になると敗北します。
ライブラリ 対戦時のデッキのことを指します。ライブラリから引けるカードがなくなった場合、それ以降はカードを引くタイミングでダメージを受けます。このダメージは1→2→4→8とターン毎に増えていきます。
リーサル 手札や場のユニットの状況で、すでに勝ちが確定している状況のことを指します。
レアリティ C(コモン)、R(レア)、SR(スーパーレア)、L(レジェンダリー)があります。

わ行

英数字

英数字
AoE (Area of Effect)ユニット単体に対する能力ではなくある範囲を対象とした全体除去や全体攻撃のこと指します。
CIP能力 (Comes Into Play)場に出た時に発動する効果を指します。
MP マギアポイントのことで、クリーチャーやマジックをプレイする際そのカードのコスト分消費します。
OTK (One Turn Kill)本来の意味は1ターン目に相手を倒すという意味だが、このゲームでは不可能なので、特定の1ターンで致死量のダメージを与えるという意味で使われます。
Tier 流行しているデッキに対して上からTier1、Tier2のように流行度を示すものです。

コメント/情報提供